夏休みにファミリーで楽しめる八景沖の激ウマLTアジ(黒川丸)

夏休みにファミリーで楽しめる八景沖の激ウマLTアジ(黒川丸)

ファミリーやグループ釣行にオススメのLTアジが、東京湾で連日好調だ。八景沖のLTアジは一年中楽しめて、気になる釣果も心配御無用。半日でトップ50匹を超える釣果も珍しくない。


沖釣り入門編。誰でも手軽に挑戦でき美味しいアジ&サバが釣れる

ポイントは八景沖。取材当日は水深30m前後を狙った

LTアジはファミリーフィッシングに最適

子供でも手軽に楽しめるLTアジ

アジは中小型主体だが、これがとても美味!

LTなので引きも楽しめる

この大きさならアジフライも絶品だね

カンタンに釣れちゃうから楽しいね!

刺身でも美味しい

女性アングラーでもこの通り

本命アジ釣れました!

夏場は良型のサバもまじる。引きが強く、食べても美味!

イシモチもまじった

「黒川丸」では貸し竿も完備

ビシは40号。付けエサはアカタンとアオイソメ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」。

「今年はいいみたいですね」と話すのは金沢八景「黒川丸」の貝塚英明船長。
タックルは胴がシッカリして、感度の良いものがオススメ。入門には船長も推奨する貸し竿を利用してみよう。釣り方も簡単で、基本を守れば、アタリが訪れるだろう。
「親子で簡単に楽しめることがこの釣りの楽しさですね」と話す、貝塚船長。
タナは海底からハリス分の約2mが基本。潮が速ければタナは低く、魚の活性が上がってきたらタナもグングン高くなる。食いダナを見つけたら手返しよく投入しなおして数を伸ばそう。
黄金色に輝くこの地のアジは、体高と厚みがあり、食べても最高な美味さ。上品な脂に包まれた身は甘く、ブランドとして人気を集めている。
船長のオススメは何と言ってもお刺身。スーパーでは味わうことができない絶品の美味さだ。このほか塩焼き、タタキ、ナメロウ、アジフライ、南蛮付けなども美味しい。ゲストのジャンボサバはシメサバ、竜田揚げなどがオススメ。人気のLTアジを是非楽しんで頂きたい!

以上の記事は「つり丸」2016年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

多くの人が心待ちにしていた相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが、いよいよ8月からスタートする。すでにルアーでは20〜40㎏のキハダが取り込まれているほか、イワシエサのフカセ釣りではキメジやカツオの好釣果が記録されている。湾内に確実に魚はいるのでコマセ釣りも好釣果の期待が高まる。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読