MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)の画像をチェック! navigate_next

ロッドをシャクらず、落として巻くだけの新しい釣り方「スキッディングメソッド」

これまでのジギングではなかなか釣れなかったメバルが連釣! ここがスキッディングメソッドの魅力だ

これはデカい! 2Kgクラスのタヌキメバルも見参。なかなかお目にかかれる相手ではない

新感覚のゲーム展開、かなりハマります!

スキッディングゲームにどっぷりハマっている原田武さん

ビッグメバルが次々と登場! 通常のスロー系ジギングでも楽しめる

釣りあげたメバルが次々と吐き出した良型? のホタルイカ

サビキを入れればこの通り

これはちょっと小振り。憧れの超高級魚、アラもメインターゲットのひとつだ

レンコダイゲット!

トラフグもかかった

水深180mでドンッと来たのは約6Kgのヒラメ。深海ヒラメ!? は珍しい相手ではないそうだ

ウスメバルはいっとま入れ掛かりになった

こちらはオニカサゴ

フォール中のバイトをいかに取っていくか? ここがキーワードだ

秋山船長がともにプロデュースに関わるスイッチバックとスキッドジグ。ウエイトは「グラメタ」の合言葉通り、1m1gを参考にセレクトするのが目安だ

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ 金進丸」。

「今年のスローガンは『最大公約数』の釣りを目指す、ということ。簡単に言ってしまえば、スキッディングタックルひとつで、いろいろな釣りを展開しよう、いろいろな魚を釣ってしまおう、ということです」
今回は柏崎沖を舞台とした、中深海の釣りを取材した。メインターゲットは、アラ、ウスメバル、タヌキ&キツネメバル、ムツ類、マダラといったところ。あいにくの雨&風に見舞われてしまったが、乗船者はやる気満々、水深130〜180mを幅広く探っていった。
「ホタルイカを食べているんですよね」と話す、秋山船長。
となればイカの動きの模倣からスタートしたスキッディングは効果絶大。まずは大型ウスメバルの入れ食いからスタート! ポイントを転戦していくうちに小型のアラや巨大タヌキメバル、6㎏クラスのヒラメなど、多彩なターゲットが顔を見せてくれた。
夏の柏崎はスキッディングをメインパターンに、スロー系ジギング、通常のジギング、キャスティング、ウイリーなど、さまざまな釣りも楽しめる。「アシストクラブ金進丸」の提案するフィッシングワールドにどっぷり浸かってみてはいかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2016年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル