MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タチウオ&アジをリレーで釣る【東京湾・久里浜沖〜観音崎沖〜第二海堡沖】

タチウオ&アジをリレーで釣る【東京湾・久里浜沖〜観音崎沖〜第二海堡沖】

7月中旬すぎ、関東地方が梅雨明けした。暑い日が続くが、東京湾のタチウオがおもしろくなる。今回取材で乗船したのは久里浜港「平作丸」。当宿ではタチウオ専門船のほか、好調なアジとのリレー船もある。リレーで2魚種を狙うもよし、タチウオ専門で狙うもよし! 東京湾はタチウオもアジもオススメだ!

タチウオは第二海堡沖が好調。リレーでアジを狙う船も!

シルバーに輝くタチウオをぶん捕ったぜ!

取材当日は第二海堡沖〜観音崎沖にタチウオ船団ができた。

鈴木新太郎さんも、このとおり!

後半のアジは久里浜沖を狙った。

この夏、東京湾のアジは好調続き! あちこちでダブル、トリプルで取り込まれた。

35cmを超える良型。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久里浜「平作丸」。

東京湾の夏場のタチウオは、タナが浅くなる。海面下40m、50mよりも浅いタナで、時には海面付近でアタることも珍しくない。
そんな浅いタナで狙える夏パターンの状況では、ライトタックルと軽いオモリを使って狙う船が多い。ライトタックルでは、微妙なアタリがわかりやすい。そのため、タチウオがアタってからのかけひきがよりいっそう楽しめるのが魅力だ。
今シーズンは6月から第二海堡沖で、まずまずの好調が続いている。タナは海面下40mより浅いことが多い。釣果は日によるが、トップ30本以上を記録することもある。サイズは指3本分の幅が多いが、時には指4、5本分のメーターオーバーもまじっている。大型は引きが強く、やり取りも楽しめる。
今回取材した久里浜港「平作丸」は、タチウオ専門船のほかに、タチウオとアジのリレー船も出船している。この夏、アジは好調に数釣れているので、タチウオとともにいいお土産になる。

浅ダナではシンプルな1本バリ。エサ付けはていねいに!

「平作丸」でのエサ付けがこれ! 皮を縫い刺して、身側はハリ先だけを出す。

タチウオの仕掛けは、道糸(または道糸の先に結んだ先糸)の先に、オモリを付けたテンビンをつなぎ、その先にハリを結んだハリスをつなぐ。
オモリはそのときのタナによって変わってくる。今回の「平作丸」の取材は7月中旬であったが、そのときは「とりあえず今は40号と80号があれば対応できますので、この2種類を用意してきてください」と北島秀司船長が話していた。その翌週には、少し状況が変わり、「30、50、80号を用意してきてください」となった。
このように状況に応じて使用オモリが変わるので、釣行前に必ず確認しておくこと。また30〜120号までを各種持参するのも手だ。これなら、どんな状況にも対応できる。
「平作丸」での推奨ハリスは8号、2.5m以内。
「指5本ぐらいの大きいのも掛かりますから8号ぐらいを使ったほうが安心ですね。それでも時々ハリスが切れますから…」と北島船長。
ハリはタチウオバリの1〜3号。大型が多いときや食いが活発なときは大きめのハリ。中小型が多かったり、食いが渋いときは小型をセレクトするといいだろう。
ハリ数はタナが浅ければ1本、深ければ2本バリもOK。浅いタナでは、ハリ周りのアクセサリーもシンプルに!
エサ付けは上の写真と左のイラストのとおり。この付け方だとエサがズレにくい。

指示ダナの範囲を探り、アタっても誘い続ける

タナが浅いと手巻きリールを組み合わせたLT(ライトタックル)で狙える。

釣り方は指示ダナの範囲を誘い探る。
誘い方は、50㎝〜1mの幅の小刻みなシャクリを繰り返しながら、仕掛けを巻き上げていく。シャクリの幅と巻き上げスピードは、その日によってさまざま。各自でいろいろ試してみよう。ルアーの釣り人が連発しているようなら、そのシャクリ幅やスピードを参考にするといいだろう。
「平作丸」の取材では鈴木良司船長が操船をした。当日、鈴木船長は反応のあるタナをアナウンスしたが、「私がアナウンスしているのは反応のあるタナですからね、それよりも10mぐらい上まで誘ってくださいよ! タチウオは上まで追いかけてきますからね」と付け加えた。
誘っていき、途中でアタったら、誘いを止めてはダメ。止めてしまうとエサを離してしまうことが多い。そのまま誘い続けていくと、エサを逃がさんとするのかハリ掛かりする。アタってからの誘いも、その日によるが、より小刻みにしたり、よりシャープにシャクったりして、掛かりのいい誘いを探ってみよう。
ときには海面まで誘ってもハリ掛かりしないときもある。そのときは一か八か海面付近で誘いを止めて様子を見る。ここで食い込めばラッキーだが、食い込まなければ諦めて、再投入して次のアタリを出すように努めよう。
タチウオを取り込んだら、その扱いにも注意しよう、見ためどおりに歯が鋭いので、怪我をしないように!

リレーのアジは手返しよく!

アジはタナ取り時にしっかりコマセをまき、手返しよく仕掛けを投入するのがコツ。

前述しているが「平作丸」ではタチウオとアジのリレー船も出船している。
後半に狙うアジは、おもに観音崎沖や久里浜沖などを狙う。7月後半の時点では、どちらのポイントも好調。「これからアジは、観音崎沖などの上手のほうが良くなっていくと思います」と工藤友樹船長。
アジ釣りのコツは正確なタナ取り、コマセワーク、手返し。
当日のタナは海底から2〜3m。潮が速いときは道糸が斜めになるので、底ダチを何度か取り直しながら正確にタナを取ること。
ビシが着底したら、3回ぐらいにわけてしっかりとコマセをまきながら、ビシをタナまで巻き上げる。
あとは、とにかく一定のペースで手返しよく仕掛けを投入すること。

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読