MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最速! 早くもフィーバー「イナワラ主体→ワラサ主体」へ(大松丸)

最速! 早くもフィーバー「イナワラ主体→ワラサ主体」へ(大松丸)

今から10年ぐらい前、剣崎沖の青物(ワラサ、イナダ)といえば、9月中に開幕するというのがパターンであった。早くても8月後半ぐらい。ところが、この数年間で剣崎沖の青物開幕の時期が早まり、季節的なパターンが変わりつつあるようだ。

主に1.5kg〜2.5kg主体だがワラサ釣りの感覚で挑戦してみよう!

当日のポイントは「吉野瀬」の水深30〜35m

「探見丸」に映し出された反応。この日のイナダ&ワラサはかなり浮いた

群れが船の近くに回遊してくると、同時に何人かにアタる!

引き味は最高!

最後までしっかりとネットで捕獲

永井名人の1本目は2.5㎏級のイナワラ(イナダとワラサの中間のサイズ)

同時ヒットの場合は、同船者が協力しあって、タモ取りやオマツリほどきを迅速に行おう!

今日は夫婦でイナワラ釣り!

今年は2〜2.5㎏のサイズが多い。最近では、このサイズを「イナワラ」と呼ぶのが定着しつつある

身が引き締まっていて美味しそうだ

小振りだけど釣れると楽しいね

刺身でも美味しい

海面付近でいきなり抵抗することもあるので注意しよう

イナワラが連発するなか、マダイのヒットもある。これは4.6㎏の大ダイ

状況次第でマダイの連発もある

永井名人とその釣友2人で60ℓクーラーが満杯

オキアミの1匹付けは、大きいオキアミをセレクト

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」。

東京湾口・剣崎沖でイナダ&ワラサが早くもブレイクした!
ここ数年、剣崎沖の青物(イナダ&ワラサ)は7月中旬〜8月前半に本格化しているが、今シーズンはさらに早まった。6月に入って剣崎沖を狙う多くのマダイ船で、ポツポツとイナダ、ワラサ、さらにはヒラマサがまじりだした。そして6月後半になると、これらの青物が一気に上向き傾向。トップ20本以上を記録する船も出て、ついに本格化した。
ここ2〜3年の早期開幕時には、重さ2〜2.5㎏のイナダとワラサの中間サイズが多い。このサイズは「イナワラ」という呼び名が定着しつつあるが、今年はこの「イナワラ」サイズに加え、1〜2㎏のイナダサイズも多い。これらのサイズ主体に、時おり3㎏超のワラササイズやヒラマサがまじっている。
おそらく最速開幕と思われる今年の剣崎沖。今後はワラサ級が多くなることが予想される。ハリスはマダイ用の3号から、ワラサに対応できる8号ぐらいまで用意していこう!

イナダ・ワラサ仕掛け。ワラササイズに対応可能な仕掛けも準備!

今年の開幕直後は、イナワラサイズとイナダサイズが多い。7月前半の時点では、1.5〜2.5㎏がメインになっている。ワラサ級に比べたら小ぶりだが、侮ってはいけない。「マダイ用の3号ハリスで十分」などと油断していると、ハリス切れを起こしてしまう。また、時には3㎏オーバーの立派なワラサや引きの強烈なヒラマサが掛かることもある。
今回の取材は剣崎松輪「大松丸」で行ったが、3〜4号ハリスでハリス切れによる連続バラシをする人が数人いた。ハリス3〜4号のマダイ仕様の仕掛けでも取り込めないことはないが、この場合、結びの種類ややり取りには最新の注意を払うことが大事だ。
慣れない人は、ハリス6号のワラサ対応の仕掛けで臨むのがおすすめ。ハリスは細くしても5号ぐらいまでに抑えるのが無難。ハリはヒラマサ10〜13号、マダイの10〜11号、グレ12〜13号が適当。
クッションゴムの太さは、使用ハリスに適合したもの。このバランスが合っていないとハリス切れを起こすか、クッションゴムが切れてしまう。長さは1mでOK。
ハリスの長さは、船長が推奨する長さを使おう。今回の「大松丸」もそうだが、近年は多くの船が海面からタナを取る。この場合、反応の位置とハリスの長さをもとにタナが決定される。なので推奨される長さでないと、付けエサがとんでもないところを漂い、アタリが遠くなってしまう。

コマセ釣りでのビシの調整、タナ取り、手返し、状況判断が重要だ

コマセ釣りで釣れ出したワラサ、イナダは、とくにコマセに反応しやすい。なので、この釣りではビシの調整、タナ取り、手返し、状況判断の4点がとても重要になってくる。
近年、剣崎沖では船宿や状況によって、「海面から」または「海底から」の2種類の方法でタナを取る。いずれの場合も、食いが立っているとき(船中でアタっているとき)は、コマセと付けエサの同調を心がけてタナを取ろう。付けエサが漂うと思われる位置の周辺で、重点的にコマセをまく。このときビシの調整は、あまり絞らないようにする。うまくすれば、タナを取ってすぐにアタるだろう。
基本的にアタリはタナで待つ。食いが立っているときは、タナでアタリを待つのは3〜4分ぐらい。それでもアタらなければ、仕掛けを回収して、再投入しよう。
食いが立っていないときは、置き竿でコマセがパラパラ出るようにビシを調整してアタリを待つ。ビシ内のコマセがなくなったぐらいに仕掛けを回収して、再投入するのが理想だ。
しかし、食いが立っていない(船中も周囲でもアタっていない)ときは、周囲に群れがいないことがほとんど。このような状況では、エサ取りが出てくるときもある。エサ取りが出てきたら、エサ持ちのいいエサ(イカタンなど)を使用するほか、手返しを少し早めよう。ハリにエサが付いていなければ、魚は釣れないのだ。
また、この釣りでは状況判断も大切だ。周囲の船でアタリ出したらチャンス到来と判断して、手返しを早めてコマセをまこう。ワラサ、イナダは回遊魚。一箇所にずっと留まっているわけではないので、船中でコマセをまけば、自身が乗っている船に寄せることができるのだ。

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読