沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

五目釣りに青物がまじるイメージだから高級お土産いっぱい(博栄丸)

五目釣りに青物がまじるイメージだから高級お土産いっぱい(博栄丸)

御前崎沖航程約1時間半弱の場所にある、漁に出て“金になる”ほど魚が豊富であることからそう呼ばれるようになったといわれる「金洲」。ここは毎年4月1日に解禁を迎え、四季折々様々な魚たちが我々釣り人を迎えてくれる。


超贅沢高級魚! 青物だけじゃない。五目釣りで狙うから色々釣れる

大人気なので、凪ぎで週末が重なればこんな感じに。予約は早めに入れておくのが得策だ 

青物? マダイ? それとも…。慎重なやり取りの末に上がったのは大ダイだった!

5.5㎏のマダイをキャッチし「自己記録更新です!」と大喜び

コマセ仕掛けにヒットしてくる青物は、ブリ(ワラサ)、3~5㎏のヒラマサ、シマアジがメイン。無理せず慎重にゆっくりやり取りしよう。ただ、サメがいる状況では大胆かつ慎重に!

10㎏オーバーのカンパチは泳がせでヒット

今年はシマアジはこんなサイズが多い

ブリはコマセで

このサイズのヒラマサもコマセにヒットする

ジャンボイサキ

食べるには丁度いいサイズだね

イサキはみなこのサイズ。脂がのってメチャうま!

引きが強く釣っても楽しいメダイ

このサイズのヒメダイは金洲でも最近では珍しくなった。刺身や塩焼きで美味!

こちらはダブルでゲットだ!

このサイズのムロアジは脂がたっぷり。船長イチオシだ

超がつく高級魚のウメイロが一荷で!

氷で見にくいけれど、40ℓクラスのクーラーがみな満タン!

今回、取材でご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」。

御前崎沖・金洲で狙える青物は、カンパチ、ヒラマサ、ブリ(ワラサ)、シマアジと、フルラインナップ。だがここでの釣りは、それら青物だけを専門で狙う、という感じではない。
「ウチのスタイルは基本は五目釣りで、それに青物がまじるというイメージです。特別な道具は必要ないし、釣り方も難しくないので、誰でもチャレンジできます。青物以外にこれだけの高級魚が釣れますから、魅力タップリだと思いますよ」と話す、御前崎港「博栄丸」大澤洋輔船長。もちろん、泳がせ釣りでドカンと一発大物を狙ってもいい。
ちなみに五目で釣れる高級魚とは、マダイ、ジャンボイサキ、ヒメダイ、ウメイロ、ジャンボムロアジ、メダイなど。遠征船でしかなかなかお目にかかれないような魚たちが、港からたった一時間半弱の場所で狙えるのである。しかも、これらの魚で40ℓ以上のクーラーがみな満タン。クーラーを2個持参する人もいるほどだ。こんなスタイルだから、週末ともなれば満船必至。早めに予約を入れて出掛けよう!

五目仕掛け。ハリスは太めがおすすめ。枝スは必ず編み込み補強を

青物を含めたいろんな高級魚を狙う「博栄丸」の高級五目だが、道具立ては特別なものは必要ない。
「3m前後のマダイ竿を使う人が多いですが、極端なこと言ってしまえばなんでもいいですよ」とは大澤船長。とても手軽に楽しめるのだ。
リールは中型電動、道糸は5~6号(4号でもいいが、できれば5号以上で)、ビシは100号である。
仕掛けは、基本は全長6m、ハリス6~8号の2~3本バリ。それにプラスして、全長10mタイプも用意できればなおよい。10mタイプは重い仕掛けが有効となることもあるので、ガン玉やウエイトスイベルなどのアクセサリー類も用意しておこう。
この仕掛けで、青物はもちろん、マダイもイサキもヒメダイもウメイロもメダイも、すべて狙えるのだ。
「ハリスは、細いほうが食いがいいだろうと、細いものを好む人が多いようですが、青物もヒットしますから太めのほうがいいですよ。そして、ハリも丈夫なものがいいですね。マダイバリの10号などを使う人が多いかな」と話す、大澤船長。

そして、仕掛けに関して絶対に忘れてはならないのが「枝スの処理」。ぜひ編み込み補強をしておこう。道具や釣り方云々よりも、これがこの高級五目釣りにおける最重要項目。取材当日の船上でも、100%の人が枝スに編み込み補強をしていた。上のイラストで紹介したので、ぜひ参考にしていただきたい。
泳がせ釣りで青物などを狙う場合は、オモリは200号。タックルなどの詳細は、銭洲の頁を参考にしていただきたい。エサは五目釣りで釣れたサバやソーダ、ムロアジなどを使う。

釣り方もまったく難しくない。青物も五目も同じ方法でOKだ。付けエサはコマセの中から形のよいオキアミをセレクトし、2匹掛け、または3匹掛けにする。
タナは海面から取るので、コマセマダイの要領で船長の指示ダナよりハリス分深く沈め、少し待ってハリスが馴染んだ頃を見計らいコマセを2、3回に分けて振り、タナに合わせる。これだけである。
「ただ、コマセマダイと同じように置き竿で待つなどじっとしていては釣れません。五目釣りですから、手持ち竿でマメに誘い、手返しよくやることが重要です」
青物も狙え、高級魚のお土産もいっぱい。大人気の釣り物なので、とくに週末の予約はお早めに!

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

タックルはいわゆる普通のひとつテンヤマダイ用のものでいいだろう。道糸はバランス重視の0.8号。ハリスは2~3号を3~5mほど。5kg級の大ダイがヒットしているようなときは、ドラグを少し強めに設定しておこう。


水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

これから年末にかけては、うまい紅い魚が気になる季節だ。そんな魚の代表がアカムツ。激うまな身を一度でも味わってしまったら、あなたはこの魚のとりこだ。近年では大型アカムツが潜む水深200〜300mの深海を普段使い慣れたタックルで手軽に釣れるようになった。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読