東京湾の夏の超人気ターゲット! タチウオゲーム開幕(渡辺釣船店)

東京湾の夏の超人気ターゲット! タチウオゲーム開幕(渡辺釣船店)

関東近県在住のオフショアルアーファンから絶大な人気を集める、そんな東京湾のタチウオゲームが開幕した。今シーズンは少し遅めのスタート、しかも少々釣果にムラが目立つことから、様子見を決めこむアングラーも多かったようだ。


食いが渋って困ったらエギングのようにロッドをシャクる、ワインド釣法を使ってみては?

夏のベイエリアの大人気ゲームタチウオ。土日となれば満船必至

姿形からあまり想像できない青物のような強い引きで応えてくれるタチウオ。ゲーム性はかなり高いぞ

湾内の美味タチウオにウレシー笑顔がたくさん!

本命ゲットに思わずにっこり

おっ! アタリがきたかな?

タチウオは煮付けでも美味しいね

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

少し小振りだけど釣れて嬉しいな

思わず笑みが…

大アジが引っかかてきた

サバはお土産 №1

マゴチがヒット

イシモチは珍しいゲスト

使用するメタルジグは60〜100gをメインに、速潮対策として120、150g程度まで用意

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

「ちょっとつかみどころがないときもありますけど、シーズンはこれからですよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」のタチウオ乗合担当、田中茂生船長。6月中旬、釣果に上下があることを覚悟のうえ、同船取材をお願いした。
当日のポイントは大貫沖が中心。ひと目でしっかり濁りが入っていることが分かったが、この濁りが東京湾の夏タチ開幕のサインでもある。よろこばしい濁りなのだ。
取材日は水深は約15〜50mを転戦。群れの密度が薄く、小さい。しかも移動が早く捕まえるのが困難。典型的な苦戦日和だった。重いジグを使ってワンチャンス狙いをしたり、キャストして遭遇確率を高めるなどの工夫が必要な状況だった。
この日は残念ながらトップのツ抜けは叶わなかったが、その後の模様はドンドン上向きに転じている。ポイントも金谷沖が上昇、トップ50本超の日も確認できている。
本格シーズンに突入した東京湾のタチウオゲーム。昨年が不調だっただけに、今季はバリバリ釣って憂さを晴らしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾金沢八景沖のイシモチが秋風とともに急上昇。この釣りを金看板に掲げる金沢八景「小柴丸」では9月に入り本格的に乗合いを開始し、連日トップ50~60匹と絶好調だ。


最新の投稿


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読