MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾の夏の超人気ターゲット! タチウオゲーム開幕(渡辺釣船店)

東京湾の夏の超人気ターゲット! タチウオゲーム開幕(渡辺釣船店)

関東近県在住のオフショアルアーファンから絶大な人気を集める、そんな東京湾のタチウオゲームが開幕した。今シーズンは少し遅めのスタート、しかも少々釣果にムラが目立つことから、様子見を決めこむアングラーも多かったようだ。

食いが渋って困ったらエギングのようにロッドをシャクる、ワインド釣法を使ってみては?

夏のベイエリアの大人気ゲームタチウオ。土日となれば満船必至

姿形からあまり想像できない青物のような強い引きで応えてくれるタチウオ。ゲーム性はかなり高いぞ

湾内の美味タチウオにウレシー笑顔がたくさん!

本命ゲットに思わずにっこり

おっ! アタリがきたかな?

タチウオは煮付けでも美味しいね

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

少し小振りだけど釣れて嬉しいな

思わず笑みが…

大アジが引っかかてきた

サバはお土産 №1

マゴチがヒット

イシモチは珍しいゲスト

使用するメタルジグは60〜100gをメインに、速潮対策として120、150g程度まで用意

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

「ちょっとつかみどころがないときもありますけど、シーズンはこれからですよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」のタチウオ乗合担当、田中茂生船長。6月中旬、釣果に上下があることを覚悟のうえ、同船取材をお願いした。
当日のポイントは大貫沖が中心。ひと目でしっかり濁りが入っていることが分かったが、この濁りが東京湾の夏タチ開幕のサインでもある。よろこばしい濁りなのだ。
取材日は水深は約15〜50mを転戦。群れの密度が薄く、小さい。しかも移動が早く捕まえるのが困難。典型的な苦戦日和だった。重いジグを使ってワンチャンス狙いをしたり、キャストして遭遇確率を高めるなどの工夫が必要な状況だった。
この日は残念ながらトップのツ抜けは叶わなかったが、その後の模様はドンドン上向きに転じている。ポイントも金谷沖が上昇、トップ50本超の日も確認できている。
本格シーズンに突入した東京湾のタチウオゲーム。昨年が不調だっただけに、今季はバリバリ釣って憂さを晴らしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読