MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

今年は当たり年! と言われ、関東近郊各エリアではヒラマサが好調にヒットしている。もちろんここ波崎沖・大根周辺も例外ではない。 “一日やって1本獲れるか獲れないか”といわれるほど難しいとされるヒラマサだが、ここ大根周辺では6月中旬頃より一人複数キャッチは当たり前というほど絶好調だ。

あこがれのヒラマサを手にするなら、間違いなく今がチャンスだ!

ポイントは大根の水深20m前後。朝の一投目からヒット!

無駄のない動きで釣りまくる常連の根岸さん。難なく本命をキャッチ

ネットインするまで油断は禁物だ

キレのあるワンピッチジャークにヒット

ヒラマサはギュンギュンと突っ込むファイトを見せる

最後までしっかりネットで捕獲だ

ゲットした貴重な一本

丸々とした4kgクラス!前日には7kgオーバーもヒットしている。やっぱりヒラマサはカッコイイ!

ジャカ巻きの後のワンピッチジャークにヒットした

一時よりも少なくはなったが、ワラサも好ターゲット

ワラサは3㎏前後がアベレージ

エサ釣り用の竿は軟らかいので、強めのアクションで誘うといい

電動ジギングで見事キャッチ!

イナダも多数まじる

スローピッチジャークではキントキ。マダイなどもヒットする

リールは「ステラ8000HG」(シマノ)などドラグ性能の優れたものをチョイス!

ヒットジグは「マサムネ」(スミス)。ラインは「デプスハンター船」(シマノ)の3号を使用

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

6月中旬頃より、銚子沖・大根ではヒラマサ、ワラサ、イナダと青物が好調にヒットしている。
大根の青物攻略は、基本はジギング。水深は20m程度と浅いポイントが多いが、水色が濁っていることが多いため、キャスティングのトッププラグには反応しにくいようである。ジグの色も、濁りを意識してセレクトするとよいだろう。
当日はグロー(夜光)の入ったタイプにヒットが集中。その他、濁り時に強いとされるゴールド系のジグにもよくヒットしていた。とくにヒット率が高かったのが「マサムネ」(スミス)。ヒラマサ狙いのジギングでは定番中の定番だ。ウエイトは船の流れによって変えていくとよく。115gを基準に、潮や風によって船がよく流れるときは重めの135g、あまり流れないようであれば95gとセレクトするとよい。タックルは、6フィート前後の青物用ジギングロッド(マックスウエイト表示が150〜170gのものが最適)に、ドラグの性能のよい中型スピニングリールの組み合わせ。道系はPEの3号が標準で、リーダーは12〜14号を3〜4.5mほど接続する。電動ジギングでも道系やリーダーは同じでよい。
また「征海丸」ではスローピッチジャークジギングにも力を入れており、もちろんこの青物狙いの船でも行うことが出来る。
当日は、このスローピッチジャークジギングでなんとヒラマサまでもがヒット。その他、マダイやイナダ・ワラサ、ホウボウ、キントキ、アイナメなど多彩な魚がヒットするのが魅力だ。青物用タックルの他にスローピッチジャークジギング用のタックルも持参すると、いっそう攻略の幅も広がるだろう。水深が浅い場所が多いため、ジギングでもジグを少し前方にキャストして斜めにジグを引くようにすると、広範囲を攻められてヒット率が上がる。
ジグが海底に着いたら、ヒラマサはワンピッチジャークで誘ってくるのが基本。ワラサもこの方法でOKだ。
当日は、最初は速めのジャカ巻きをしてジグを見せておき、その後ゆっくりめの大きなワンピッチジャークに移行すると「ドスン!」ヒットするというパターンが多かったようだ。ぜひ参考にしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読