MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

今年は当たり年! と言われ、関東近郊各エリアではヒラマサが好調にヒットしている。もちろんここ波崎沖・大根周辺も例外ではない。 “一日やって1本獲れるか獲れないか”といわれるほど難しいとされるヒラマサだが、ここ大根周辺では6月中旬頃より一人複数キャッチは当たり前というほど絶好調だ。

あこがれのヒラマサを手にするなら、間違いなく今がチャンスだ!

ポイントは大根の水深20m前後。朝の一投目からヒット!

無駄のない動きで釣りまくる常連の根岸さん。難なく本命をキャッチ

ネットインするまで油断は禁物だ

キレのあるワンピッチジャークにヒット

ヒラマサはギュンギュンと突っ込むファイトを見せる

最後までしっかりネットで捕獲だ

ゲットした貴重な一本

丸々とした4kgクラス!前日には7kgオーバーもヒットしている。やっぱりヒラマサはカッコイイ!

ジャカ巻きの後のワンピッチジャークにヒットした

一時よりも少なくはなったが、ワラサも好ターゲット

ワラサは3㎏前後がアベレージ

エサ釣り用の竿は軟らかいので、強めのアクションで誘うといい

電動ジギングで見事キャッチ!

イナダも多数まじる

スローピッチジャークではキントキ。マダイなどもヒットする

リールは「ステラ8000HG」(シマノ)などドラグ性能の優れたものをチョイス!

ヒットジグは「マサムネ」(スミス)。ラインは「デプスハンター船」(シマノ)の3号を使用

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

6月中旬頃より、銚子沖・大根ではヒラマサ、ワラサ、イナダと青物が好調にヒットしている。
大根の青物攻略は、基本はジギング。水深は20m程度と浅いポイントが多いが、水色が濁っていることが多いため、キャスティングのトッププラグには反応しにくいようである。ジグの色も、濁りを意識してセレクトするとよいだろう。
当日はグロー(夜光)の入ったタイプにヒットが集中。その他、濁り時に強いとされるゴールド系のジグにもよくヒットしていた。とくにヒット率が高かったのが「マサムネ」(スミス)。ヒラマサ狙いのジギングでは定番中の定番だ。ウエイトは船の流れによって変えていくとよく。115gを基準に、潮や風によって船がよく流れるときは重めの135g、あまり流れないようであれば95gとセレクトするとよい。タックルは、6フィート前後の青物用ジギングロッド(マックスウエイト表示が150〜170gのものが最適)に、ドラグの性能のよい中型スピニングリールの組み合わせ。道系はPEの3号が標準で、リーダーは12〜14号を3〜4.5mほど接続する。電動ジギングでも道系やリーダーは同じでよい。
また「征海丸」ではスローピッチジャークジギングにも力を入れており、もちろんこの青物狙いの船でも行うことが出来る。
当日は、このスローピッチジャークジギングでなんとヒラマサまでもがヒット。その他、マダイやイナダ・ワラサ、ホウボウ、キントキ、アイナメなど多彩な魚がヒットするのが魅力だ。青物用タックルの他にスローピッチジャークジギング用のタックルも持参すると、いっそう攻略の幅も広がるだろう。水深が浅い場所が多いため、ジギングでもジグを少し前方にキャストして斜めにジグを引くようにすると、広範囲を攻められてヒット率が上がる。
ジグが海底に着いたら、ヒラマサはワンピッチジャークで誘ってくるのが基本。ワラサもこの方法でOKだ。
当日は、最初は速めのジャカ巻きをしてジグを見せておき、その後ゆっくりめの大きなワンピッチジャークに移行すると「ドスン!」ヒットするというパターンが多かったようだ。ぜひ参考にしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読