波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

今年は当たり年! と言われ、関東近郊各エリアではヒラマサが好調にヒットしている。もちろんここ波崎沖・大根周辺も例外ではない。 “一日やって1本獲れるか獲れないか”といわれるほど難しいとされるヒラマサだが、ここ大根周辺では6月中旬頃より一人複数キャッチは当たり前というほど絶好調だ。


あこがれのヒラマサを手にするなら、間違いなく今がチャンスだ!

ポイントは大根の水深20m前後。朝の一投目からヒット!

無駄のない動きで釣りまくる常連の根岸さん。難なく本命をキャッチ

ネットインするまで油断は禁物だ

キレのあるワンピッチジャークにヒット

ヒラマサはギュンギュンと突っ込むファイトを見せる

最後までしっかりネットで捕獲だ

ゲットした貴重な一本

丸々とした4kgクラス!前日には7kgオーバーもヒットしている。やっぱりヒラマサはカッコイイ!

ジャカ巻きの後のワンピッチジャークにヒットした

一時よりも少なくはなったが、ワラサも好ターゲット

ワラサは3㎏前後がアベレージ

エサ釣り用の竿は軟らかいので、強めのアクションで誘うといい

電動ジギングで見事キャッチ!

イナダも多数まじる

スローピッチジャークではキントキ。マダイなどもヒットする

リールは「ステラ8000HG」(シマノ)などドラグ性能の優れたものをチョイス!

ヒットジグは「マサムネ」(スミス)。ラインは「デプスハンター船」(シマノ)の3号を使用

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

6月中旬頃より、銚子沖・大根ではヒラマサ、ワラサ、イナダと青物が好調にヒットしている。
大根の青物攻略は、基本はジギング。水深は20m程度と浅いポイントが多いが、水色が濁っていることが多いため、キャスティングのトッププラグには反応しにくいようである。ジグの色も、濁りを意識してセレクトするとよいだろう。
当日はグロー(夜光)の入ったタイプにヒットが集中。その他、濁り時に強いとされるゴールド系のジグにもよくヒットしていた。とくにヒット率が高かったのが「マサムネ」(スミス)。ヒラマサ狙いのジギングでは定番中の定番だ。ウエイトは船の流れによって変えていくとよく。115gを基準に、潮や風によって船がよく流れるときは重めの135g、あまり流れないようであれば95gとセレクトするとよい。タックルは、6フィート前後の青物用ジギングロッド(マックスウエイト表示が150〜170gのものが最適)に、ドラグの性能のよい中型スピニングリールの組み合わせ。道系はPEの3号が標準で、リーダーは12〜14号を3〜4.5mほど接続する。電動ジギングでも道系やリーダーは同じでよい。
また「征海丸」ではスローピッチジャークジギングにも力を入れており、もちろんこの青物狙いの船でも行うことが出来る。
当日は、このスローピッチジャークジギングでなんとヒラマサまでもがヒット。その他、マダイやイナダ・ワラサ、ホウボウ、キントキ、アイナメなど多彩な魚がヒットするのが魅力だ。青物用タックルの他にスローピッチジャークジギング用のタックルも持参すると、いっそう攻略の幅も広がるだろう。水深が浅い場所が多いため、ジギングでもジグを少し前方にキャストして斜めにジグを引くようにすると、広範囲を攻められてヒット率が上がる。
ジグが海底に着いたら、ヒラマサはワンピッチジャークで誘ってくるのが基本。ワラサもこの方法でOKだ。
当日は、最初は速めのジャカ巻きをしてジグを見せておき、その後ゆっくりめの大きなワンピッチジャークに移行すると「ドスン!」ヒットするというパターンが多かったようだ。ぜひ参考にしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

常磐の夜スルメイカがようやく開幕した。年によっては、8月はもうスルメが終了してムラサキイカに移行するが、ここ最近はかなりシーズンが後にずれ込んでいる。


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

大物、そして高級魚たちがひしめく釣りの聖地・銭洲。今期は、まだそのポテンシャルを十二分に発揮していない当地だったが、黒潮の接岸と共に水温が上昇。大物がいつスパークするかの秒読み態勢になったとのことで、7月9日に下田港「龍正丸」より出船してきた。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

昨年ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年も5月後半から本格的に開幕し、好調が継続している。とくに7月に入ってからは絶好調の釣果が記録されているのだ。


最新の投稿


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

常磐の夜スルメイカがようやく開幕した。年によっては、8月はもうスルメが終了してムラサキイカに移行するが、ここ最近はかなりシーズンが後にずれ込んでいる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読