MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
初期はタナが浅く手軽に挑戦できる! 東京湾のタチウオ(平作丸)

初期はタナが浅く手軽に挑戦できる! 東京湾のタチウオ(平作丸)

東京湾のタチウオ釣り。エサ釣りも開幕! 取材当日の7月1日は前半こそ苦戦したが、終盤はアタリが途切れない絶好調が沖揚がりまで続く結果となった。

タチウオはエサ取り名人! 突如現れ、消える神出鬼没の幽霊魚だ

水深12m前後の超浅場を狙った。反応もバッチリ!

LTだから釣趣抜群

東京湾のタチウオがエサ釣りでも開幕した

本命ゲットに思わずにっこり笑顔

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

ルアーでも狙える

釣れたては刺身でも美味しいね

上手く誘ってアタリを出そう!

タチウオ釣りは手軽に楽しめるからやめられないね

初めてでもほらこの通り!

タナが浅いシーズン初期は、LTで楽しめる

「平作丸」では、この時期はシンプルな1本バリ仕掛けに鋳込みテンビンをすすめる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久里浜「平作丸」。

夏の人気ターゲット、エサ釣りのタチウオが早くも開幕した。
タチウオは、カワハギにも引けをとらないエサ取り名人。突如現れ、消える、神出鬼没の魚で「幽霊魚」とも呼ばれている。これを聞くと、ベテラン好みの釣りに感じられるが、この時期はタナが浅く、ライトタックルで狙え、仕掛けもシンプル。ビギナーでも手軽に挑戦できるのだ。
そして、釣り方のポイントは何といってもアタリを出して掛けること。さまざまなシャクリパターンをアレンジしてアタリを出し、うまいことハリ掛かりさせよう。難しいが、ここがこの釣りの醍醐味なのだ。
手軽に楽しめる東京湾のLTタチウオ。食べても脂が乗って美味しいので、ぜひ一度挑戦していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
東京湾のご当地ダーゲット”スミイカ”。釣り方はテンヤと餌木を使った2通りがある。伝統的なスタイルで、根強い人気を誇っているのが、生きたシャコを付けてテンヤで狙うスミイカ釣り。逆にエサを使わない手軽さと、あたりを取って掛ける釣り方が面白いと、近年ファンが急増しているのが、餌木によるスミイカ釣り。
駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチウオゲームがついに開幕! 夜は日中に比べてタナが浅いため、手返しがよくなり数が伸びやすいとう特徴がある。トップ40〜50本以上という釣果も珍しくないのだ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読