沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

銚子沖の夏ビラメが開幕から好調! 数・型ともに期待十分(福田丸)

銚子沖の夏ビラメが開幕から好調! 数・型ともに期待十分(福田丸)

今年の銚子沖はヒラメの湧きが良さそうだ。外川港の「福田丸」ではトップで11枚を記録した日もあり、数釣りが続く。型も良く、6月17日に4.2㎏、23日には4.5㎏の大型ヒラメが顔を出した。


水深の浅い夏はヒラメ入門に最適! 釣り方は船長が教えてくれる

魚影は濃いようでアタリも連発。あちこちで竿が曲がる

食い活発な銚子沖のヒラメ。数釣りが続いているが、型もいい。この日は今季最大の4・6㎏も出た!

ソゲは少なく、1〜2㎏の満足サイズが多い。食べ応えも十分

本命ゲット! デ、デカイ…

まじりでホウボウも

いい引きを見せたのはカンパチ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

取材日の7月1日には、4.6㎏の今シーズン最大を含み、船中30枚と数型ともに申し分ない釣況だった。
「福田丸」では温度調整ができるイケスが装備され高水温時でも元気なイワシが使える。エサの追加購入も可能で、イワシの数を個別に数えて配るので安心してエサを使えるのも嬉しいところだ。福田稔船長は大ベテランだが、船は最新の装備とシステムで近代的なヒラメ釣りが楽しめる。
水深の浅い夏は、ヒラメ入門にも最適だ。釣り方のコツは船長が丁寧にアナウンスしてくれるし、エサの付け方など、わからないことがあれば仲乗りさんがサポートしてくれる。凪の良い日は特にチャンスだ、銚子の夏ビラメに出かけよう。

以上の記事は「つり丸」2012年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。


沖釣り専門誌が取材した【庄三郎丸】の釣り情報5選!

沖釣り専門誌が取材した【庄三郎丸】の釣り情報5選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【平塚港・庄三郎丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。キハダ、カツオ、シイラ、ヒラメ、アマダイなどがターゲット。


手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

天羽のシャクリマダイが面白い。天羽とは、富津市の一部をそう呼んだ、かつての郡名らしいが、内房総・上総湊「とう市丸」の船上には「天羽 とう市丸」と書かれているプレートが貼られている。そんなところにもこの釣りの歴史を感じるが、なにより手バネ竿でマダイを釣るのは、マダイ釣りの歴史に触れたような味わいがある。


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読