旬を迎えたシロギス良型続々! 半日だから手軽に楽しめる!(荒川屋)

旬を迎えたシロギス良型続々! 半日だから手軽に楽しめる!(荒川屋)

東京湾ではシロギスが旬を迎え、丸々と太った25㎝前後の良型まじりで好調に釣れている。とくにいまの季節は水深10~20mという浅場で釣れているので、オモリが軽く、アタリもブルンブルンと何が釣れたのかとびっくりしてしまうほど明確。


ポイントは小柴沖。波が静かな日が多いので初心者も楽しみやすい

出船前は山下船長から釣り方のレクチャーがある。初心者は必ず聞いておこう

6月下旬のポイントは港から出てすぐの小柴沖。今後は富津沖なども攻めていく

どうです、このサイズ! こんな25㎝前後の良型が多数まじった

「初めて船釣りにチャレンジしました! こんなに釣れるんですね」シロギスはカップルやファミリーでの釣行にもオススメ!

「この前来たときはこんなのばっかりだったよ!」と常連さん

丸々と太って美味しそう! お刺身にしても最高だ

2本バリ仕掛けではたびたびダブルも

仲間とワイワイ釣るのも楽しい! 午前船なら夕方から早速パーティー! なんていうのも可能だ

初心者も手軽に楽しめるシロギス。それでいて、とっても奥が深い釣りでもある

ベテラン釣り師は2本竿を巧みに操って数を伸ばしていた

この大きさなら天ぷらでも美味しいね

船宿仕掛けはテンビン式の2本バリと胴付き1本バリ。状況に合わせて使い分けるのがコツ

エサ付けはとっても重要。釣果を左右するので、分からなければ山下船長に教わろう

「荒川屋」はレンタルタックルも充実

なんとレンタル長靴も用意され、クッションやタオルも借りられる。本当に手ぶらで釣行できるのがスゴイ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

旬を迎えた美味しい魚を手軽に釣って、夕方から早速みんなでビールを飲みながら釣魚パーティー! そんなコトを実現してくれるのが、金沢八景「荒川屋」の半日(午前)シロギスだ。シロギスの旬は夏。「荒川屋」では写真のように丸々と太った良型が多くまじっており、このサイズならお刺身もバッチリ。そんないいシロギスが、半日で一人15~30匹程度釣れている。しかも、初心者も手軽に楽しめるのがこの釣りの大きな魅力だ。
うれしいことに「荒川屋」はレンタルタックルが充実。「道具を持っていなければ、本当に手ぶらで来てください」と山下光昭船長が言うだけあって、竿とリールはもちろん、長靴やタオル、座布団だって貸してもらえる。仕掛けや魚を入れる発泡クーラーは、船宿で売っているのだ。
さらにうれしいのは、船宿内にあるダイニングバー。ここでは、下船後に釣った魚を料理してくれるのだ(要予約。有料)。つまり、仲間を誘って電車で来れば(京急金沢八景駅から徒歩5分!)、シャワーを浴びている間に魚を料理してくれるので、それをツマミにビールでワイワイ! あとはホロ酔いの気分でのんびり電車で帰る、ということも可能なのだ。どうです、かなり魅力的でしょ? さあ、今すぐ予約してください!

「荒川屋」ではレンタルタックルが充実! 仕掛けは使い分けがカギ

シロギスは初心者が楽しみやすい釣りということで、船宿ではレンタルタックルを充実させているところが多い。
今回取材した金沢八景「荒川屋」でも、ご紹介したように、竿とリールはもちろん、長靴やタオルも貸してくれる。仕掛けは宿や船で購入できるし、釣った魚を入れる発泡クーラーボックスも買える。本当に手ぶらで来ても楽しめるのだ。ぜひ利用しよう。
自分で道具を持参して楽しむ方のために、ここでは竿と仕掛けについて紹介しておこう。
竿は、シロギス専用の1.6~1.8mがおすすめ。だが、いまの季節は「それほどシビアになる必要はありませんよ」と話す、山下船長。
冬場の深い場所を攻めるときは、仕掛け(エサ)をしっかりと動かすために先調子の専用竿が望ましいが、夏場は水深が浅いので、2m前後で軟らかめの万能ロッドやルアーロッドなどでも、仕掛け(エサ)がちゃんと動くのでOKなのだ。こんなところもいまの季節のシロギス釣りが手軽に楽しめる理由のひとつでもある。もちろん専用竿があればそれに越したことはない。
仕掛けは、テンビン吹流し2本バリ仕掛けと、胴付き仕掛けの2種類。初心者はアタリが明確で手前マツリ(仕掛けを投入する前に仕掛けが絡んでしまうこと)が少ない胴付き仕掛けがオススメだ。
ある程度釣りに慣れている人は、状況によって使い分けるのがコツ。潮がないときは胴付き仕掛け、シロギスの活性が低いときはテンビン仕掛けなどある程度の目安はあるとのことだが、それよりもまずはどちらかの仕掛けでスタートして、食いが悪かったりアタリがなかったりしたらもう一方に交換する、というのが手っ取り早い。また、周りの人の釣れ具合を参考にしてもいいし、船長に聞いてもいいだろう。テンビンは、「オーソドックスなものがトラブルもなく釣果も安定しています」とのこと。ぜひ参考にしていただきたい。

シロギスの釣り方。「静」と「動」仕掛けに合せた釣り方をしよう

釣り方は、「荒川屋」では出船前に釣り方をレクチャーしてくれるので、初心者も安心して楽しめる。6月下旬現在、ポイントの水深は15m前後。とくに投げなくてもシロギスは釣れるが、今後10mを切るようなさらに浅場で釣るようになると、少しでも仕掛けを遠くに投げられたほうがシロギスとの遭遇チャンスは増える。投げる方法はアンダーハンド。もしできない場合は振り子の要領で少し手前に投入するだけでもいい。
釣り方のコツは、
「どちらかというと、テンビンの釣りは“動”。胴付き仕掛けは“静”です」と話す、山下船長。
テンビン仕掛けでの誘い方は、オモリを20㎝程度しっかりと浮かせるイメージで、誘って、誘って、誘うことが重要だという。
胴付き仕掛けは、誘ったあとに、オモリを海底に着けてしっかりと仕掛けを止め、シロギスがエサを食べる間を与えることが重要とのことだ。
アタリは、この時期はかなり明確に竿先に伝わってくる。本当に「いったい何が掛かったの!?」とびっくりするほど。上げてみたら、案外小さなシロギスで拍子抜けしてしまうこともあるだろう。それほど引きは強いので、初心者もはっきりと認識できる。
アタリがあったら、軽く竿を持ち上げてアワセを入れる。もしここでハリ掛かりしなければ、ひと呼吸おいてからアワセを入れてみる。シロギスの活性でこのタイミングは変わるので、その時々の状況に合わせて間合いを取ってみよう。

以上の記事は「つり丸」2013年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾金沢八景沖のイシモチが秋風とともに急上昇。この釣りを金看板に掲げる金沢八景「小柴丸」では9月に入り本格的に乗合いを開始し、連日トップ50~60匹と絶好調だ。


走水沖のアジならサイズの自己ベストも狙えそうだ!(関義丸)

走水沖のアジならサイズの自己ベストも狙えそうだ!(関義丸)

神奈川が誇るブランド、走水の大アジ!「ここのアジは特別旨いんだよ!」と釣り人みんな口を揃えます。市場でも他のアジより高値がつくそうで、築地で買うよりも美味しいからと仕入れで釣りにくる料理屋さんがいるほど。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読