攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

東京湾の新たなルアーターゲットとして注目を集めつつあるマゴチ。以前は玄人向けのイメージもあったが、攻略法が進化してきたこともあり、誰もが楽しめる釣りに変わりつつある。


マゴチが固まっているスポットに当たれば連続ヒットも珍しくない

スタートに先立ち、マゴチゲームに力を入れている「CLUE」の新谷和之さんが基本事項をレクチャー。参加者の熱視線が印象的だった

ボトムを意識した攻略が基本スタイル。船の流れ方、釣り座による巻き取りスピード調整を心掛けたい

二人とも同時ヒット! 嬉しいなぁ〜

本命ゲットに思わずグッドサイン!

やり取りはロッドを立ててのゴリ巻きがおすすめ。首を振らせないようにするのが大切

デカマゴチに思わずにっこり笑顔

コツさえ掴めば誰でもつれるのがこの釣りの魅力だ

貴重な一本ゲットだ!

これが東京湾のデカマゴチだ!

勝利のVサインだ!

本降りの雨のなか、最後の最後に登場した63cm! 達成感大のビッグワンだ

しっかり上アゴにハリを掛けるためには、力強いフッキングが必要だ

「CLUE」がプロデュースするマゴチ専用ラバージグ、「マゴラバ」。ウエイトやヘッド形状、フックなど専用ならではのアイデア満載!

マゴラバにセットするワーム、ウエイブベイト。ホッグ系の「シックスハンズ」、グラブ系の「スウィングカーリー」をラインナップ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

「昨年もスポット的に出船していましたが、今年は定期の乗合で出船しています」と話す、「太田屋」でマゴチ船を担当する佐野一也船長。
東京湾のマゴチゲームは未体験、トライしてみたいが…、という方も多いだろう。そんなニーズに応えるべく、相模原市の「フィッシング相模屋」さんが実釣講習会を開催するという。便乗取材を敢行した。取材日は残念ながら強風に見舞われた。釣り場は大きく千葉県側と神奈川県の2つがあるが、千葉県側は諦めることになった。元来、数を釣る釣れる魚ではない。細かく海底地形を探り、丁寧に流し替える船長の努力の甲斐もあり、ポツリながらヒットが続いた。
結果、7割近くの乗船者がマゴチをキャッチ! 63㎝のビッグワンも飛び出し、大きくポイントが限定された条件下では上々の釣りができたのではないだろうか?
「太田屋」では配船の都合もあり、タチウオスタートまでの出船予定、という。トライしてみたい、という方は早めの挑戦をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

多くの人が心待ちにしていた相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが、いよいよ8月からスタートする。すでにルアーでは20〜40㎏のキハダが取り込まれているほか、イワシエサのフカセ釣りではキメジやカツオの好釣果が記録されている。湾内に確実に魚はいるのでコマセ釣りも好釣果の期待が高まる。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読