MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

東京湾の新たなルアーターゲットとして注目を集めつつあるマゴチ。以前は玄人向けのイメージもあったが、攻略法が進化してきたこともあり、誰もが楽しめる釣りに変わりつつある。

perm_media 《画像ギャラリー》攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)の画像をチェック! navigate_next

マゴチが固まっているスポットに当たれば連続ヒットも珍しくない

スタートに先立ち、マゴチゲームに力を入れている「CLUE」の新谷和之さんが基本事項をレクチャー。参加者の熱視線が印象的だった

ボトムを意識した攻略が基本スタイル。船の流れ方、釣り座による巻き取りスピード調整を心掛けたい

二人とも同時ヒット! 嬉しいなぁ〜

本命ゲットに思わずグッドサイン!

やり取りはロッドを立ててのゴリ巻きがおすすめ。首を振らせないようにするのが大切

デカマゴチに思わずにっこり笑顔

コツさえ掴めば誰でもつれるのがこの釣りの魅力だ

貴重な一本ゲットだ!

これが東京湾のデカマゴチだ!

勝利のVサインだ!

本降りの雨のなか、最後の最後に登場した63cm! 達成感大のビッグワンだ

しっかり上アゴにハリを掛けるためには、力強いフッキングが必要だ

「CLUE」がプロデュースするマゴチ専用ラバージグ、「マゴラバ」。ウエイトやヘッド形状、フックなど専用ならではのアイデア満載!

マゴラバにセットするワーム、ウエイブベイト。ホッグ系の「シックスハンズ」、グラブ系の「スウィングカーリー」をラインナップ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

「昨年もスポット的に出船していましたが、今年は定期の乗合で出船しています」と話す、「太田屋」でマゴチ船を担当する佐野一也船長。
東京湾のマゴチゲームは未体験、トライしてみたいが…、という方も多いだろう。そんなニーズに応えるべく、相模原市の「フィッシング相模屋」さんが実釣講習会を開催するという。便乗取材を敢行した。取材日は残念ながら強風に見舞われた。釣り場は大きく千葉県側と神奈川県の2つがあるが、千葉県側は諦めることになった。元来、数を釣る釣れる魚ではない。細かく海底地形を探り、丁寧に流し替える船長の努力の甲斐もあり、ポツリながらヒットが続いた。
結果、7割近くの乗船者がマゴチをキャッチ! 63㎝のビッグワンも飛び出し、大きくポイントが限定された条件下では上々の釣りができたのではないだろうか?
「太田屋」では配船の都合もあり、タチウオスタートまでの出船予定、という。トライしてみたい、という方は早めの挑戦をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル