攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

東京湾の新たなルアーターゲットとして注目を集めつつあるマゴチ。以前は玄人向けのイメージもあったが、攻略法が進化してきたこともあり、誰もが楽しめる釣りに変わりつつある。


マゴチが固まっているスポットに当たれば連続ヒットも珍しくない

スタートに先立ち、マゴチゲームに力を入れている「CLUE」の新谷和之さんが基本事項をレクチャー。参加者の熱視線が印象的だった

ボトムを意識した攻略が基本スタイル。船の流れ方、釣り座による巻き取りスピード調整を心掛けたい

二人とも同時ヒット! 嬉しいなぁ〜

本命ゲットに思わずグッドサイン!

やり取りはロッドを立ててのゴリ巻きがおすすめ。首を振らせないようにするのが大切

デカマゴチに思わずにっこり笑顔

コツさえ掴めば誰でもつれるのがこの釣りの魅力だ

貴重な一本ゲットだ!

これが東京湾のデカマゴチだ!

勝利のVサインだ!

本降りの雨のなか、最後の最後に登場した63cm! 達成感大のビッグワンだ

しっかり上アゴにハリを掛けるためには、力強いフッキングが必要だ

「CLUE」がプロデュースするマゴチ専用ラバージグ、「マゴラバ」。ウエイトやヘッド形状、フックなど専用ならではのアイデア満載!

マゴラバにセットするワーム、ウエイブベイト。ホッグ系の「シックスハンズ」、グラブ系の「スウィングカーリー」をラインナップ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

「昨年もスポット的に出船していましたが、今年は定期の乗合で出船しています」と話す、「太田屋」でマゴチ船を担当する佐野一也船長。
東京湾のマゴチゲームは未体験、トライしてみたいが…、という方も多いだろう。そんなニーズに応えるべく、相模原市の「フィッシング相模屋」さんが実釣講習会を開催するという。便乗取材を敢行した。取材日は残念ながら強風に見舞われた。釣り場は大きく千葉県側と神奈川県の2つがあるが、千葉県側は諦めることになった。元来、数を釣る釣れる魚ではない。細かく海底地形を探り、丁寧に流し替える船長の努力の甲斐もあり、ポツリながらヒットが続いた。
結果、7割近くの乗船者がマゴチをキャッチ! 63㎝のビッグワンも飛び出し、大きくポイントが限定された条件下では上々の釣りができたのではないだろうか?
「太田屋」では配船の都合もあり、タチウオスタートまでの出船予定、という。トライしてみたい、という方は早めの挑戦をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾金沢八景沖のイシモチが秋風とともに急上昇。この釣りを金看板に掲げる金沢八景「小柴丸」では9月に入り本格的に乗合いを開始し、連日トップ50~60匹と絶好調だ。


走水沖のアジならサイズの自己ベストも狙えそうだ!(関義丸)

走水沖のアジならサイズの自己ベストも狙えそうだ!(関義丸)

神奈川が誇るブランド、走水の大アジ!「ここのアジは特別旨いんだよ!」と釣り人みんな口を揃えます。市場でも他のアジより高値がつくそうで、築地で買うよりも美味しいからと仕入れで釣りにくる料理屋さんがいるほど。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読