沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

東京湾の新たなルアーターゲットとして注目を集めつつあるマゴチ。以前は玄人向けのイメージもあったが、攻略法が進化してきたこともあり、誰もが楽しめる釣りに変わりつつある。


マゴチが固まっているスポットに当たれば連続ヒットも珍しくない

スタートに先立ち、マゴチゲームに力を入れている「CLUE」の新谷和之さんが基本事項をレクチャー。参加者の熱視線が印象的だった

ボトムを意識した攻略が基本スタイル。船の流れ方、釣り座による巻き取りスピード調整を心掛けたい

二人とも同時ヒット! 嬉しいなぁ〜

本命ゲットに思わずグッドサイン!

やり取りはロッドを立ててのゴリ巻きがおすすめ。首を振らせないようにするのが大切

デカマゴチに思わずにっこり笑顔

コツさえ掴めば誰でもつれるのがこの釣りの魅力だ

貴重な一本ゲットだ!

これが東京湾のデカマゴチだ!

勝利のVサインだ!

本降りの雨のなか、最後の最後に登場した63cm! 達成感大のビッグワンだ

しっかり上アゴにハリを掛けるためには、力強いフッキングが必要だ

「CLUE」がプロデュースするマゴチ専用ラバージグ、「マゴラバ」。ウエイトやヘッド形状、フックなど専用ならではのアイデア満載!

マゴラバにセットするワーム、ウエイブベイト。ホッグ系の「シックスハンズ」、グラブ系の「スウィングカーリー」をラインナップ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

「昨年もスポット的に出船していましたが、今年は定期の乗合で出船しています」と話す、「太田屋」でマゴチ船を担当する佐野一也船長。
東京湾のマゴチゲームは未体験、トライしてみたいが…、という方も多いだろう。そんなニーズに応えるべく、相模原市の「フィッシング相模屋」さんが実釣講習会を開催するという。便乗取材を敢行した。取材日は残念ながら強風に見舞われた。釣り場は大きく千葉県側と神奈川県の2つがあるが、千葉県側は諦めることになった。元来、数を釣る釣れる魚ではない。細かく海底地形を探り、丁寧に流し替える船長の努力の甲斐もあり、ポツリながらヒットが続いた。
結果、7割近くの乗船者がマゴチをキャッチ! 63㎝のビッグワンも飛び出し、大きくポイントが限定された条件下では上々の釣りができたのではないだろうか?
「太田屋」では配船の都合もあり、タチウオスタートまでの出船予定、という。トライしてみたい、という方は早めの挑戦をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

冬の本格シーズンを迎え、相模湾エリアのアマダイが好調だ。アマダイ狙いで出船している平塚港「庄治郎丸」では、トップ2ケタ釣果も珍しくなく、40㎝オーバーの良型もコンスタントに釣れている。さらに50㎝オーバーの良型もけっこう上がっているのだ。


今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

「今年は水温が高いこともあって、少しスタートが遅い感じですね。コノシロパターンも散発的にありますけど、今のところはイワシが多いので、こちらを意識した釣りのほうがメインパターンになっていますね」と話す、10月下旬時点での模様を教えてくれたのは、横浜新山下の人気シーバス船「アイランドクルーズFC」の家田茂大船長。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読