MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アタリ多く釣りやすい! 外房・外川沖の夏ビラメの仕掛け(福田丸)

アタリ多く釣りやすい! 外房・外川沖の夏ビラメの仕掛け(福田丸)

外房・外川〜飯岡のヒラメは6月からシーズンが開幕する。昨シーズンがスゴかっただけに、今シーズンも期待が高まるエリアだ。開幕直後はトップ3〜4枚という日が続いた。そして6月20日すぎから、上向き傾向。トップ二桁を記録する宿が多くなってきたのだ。

今年も沸きがいい! 昨シーズンを上回る勢い。数・型ともに期待大

ポイントは航程30〜40分ほどの外川沖

大ビラメが浮いた!

当日最大は4.6㎏だった

朝から連発した! この日のトップは18枚を記録

こちらは2㎏オーバー

永井名人は7枚ゲット

トリプルヒット!

ひょいっと釣り上げ!

こんな大きなヒラメが釣れると楽しいね

煮付けにするには最高のサイズだ

こちらも大型サイズゲットだ!

刺身でも絶品!

ゲストには大型ホウボウが顔を出した

定番ゲストのマトウダイ

「福田丸」で用意している仕掛けは、ハリス6号、チヌバリ5号(孫バリ)と6号(親バリ)

親バリは上アゴ掛けにするのが、福田船長のおすすめ

「福田丸」のイワシを生かしておくイケスは水温調整が可能。だから、イワシがとても元気

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川「福田丸」。

外房・外川沖の夏ビラメが、「昨シーズンの再来か?」と思わせるような好釣果が記録されはじめた!
「ちょっと前からアタリが多くなってきました。今年はヒラメが沸いている感じがしますね。このままいけば、おそらく昨年以上の釣れっぷりになるんじゃないでしょうか!」と話すのは外川港「福田丸」の福田稔船長。
取材は6月28日。航程40分ほどの水深40m台のポイントからスタートすると、開始から船中のあちこちでアタリが連発。開始から2時間ほどで、足元のオケがヒラメで埋まる人もいるほどの食い。終わって見ればオデコなしで、トップ18枚の爆釣ともいえる釣果に終わった。
本格化してきた外川沖の夏ビラメ。アタリが多く、食い込みが早いので、慣れない人でも高確率。ヒラメ入門には、うってつけだ!

外房・外川「福田丸」のヒラメ仕掛け。仕掛けはハリスと捨て糸のバランスが重要

「福田丸」での使用オモリは60号を基準に、潮が速いときは80号、100号を使い分ける。
ロッドは60〜100号のオモリを背負えるものをセレクトする。ベストはヒラメ専用竿。このほか6対4〜5対5の胴調子竿もOKだ。ロッドの長さは2.4〜3.3m。長さに幅があるが、置き竿主体で狙う人、またウネリがある状況下では3m以上がおすすめ。逆に竿を手持ちにして狙う場合、またウネリがない凪ぎの状況では3m未満の短めが扱いやすいだろう。近年のライトタックル化にともなって、軽いオモリのライトタックルにも流用できる汎用性の高い製品もある。最近では、このタイプの竿を使う人も多い。リールは手巻きの中小型両軸、または小型電動のどちらでもOK。道糸にはPEラインの4〜5号を、150mは巻いておくこと。

「福田丸」の船宿仕掛けは、ハリス6号、65㎝。捨て糸は4号、75㎝。福田船長によると、このバランスの仕掛けが、初心者でもタナをキープしやすく、根掛かりするときはハリスではなく、捨て糸の方が引っ掛かりやすいという。取材当日のように「まさに夏ビラメ本番!」というような活性の高い日には問題ないが、潮が濁るなどして活性が低い場合は、仕掛けのバランスを変更してみよう。
ヒラメ名人でもある女将のるり子さんによると、「エサに飛びついてこないような日は、ハリスの長さはそのままにして、捨て糸を15㎝ぐらいにするといいですよ」と話す。捨て糸を短くして、タナを低くすることで、エサのイワシをできるだけ海底付近を泳がせるためだ。
ただ、捨て糸の長さがハリスの長さよりも短い仕掛けは注意が必要。正確にタナを取らないと根掛かりしやすいからだ。ハリは掛かりの良さとエサの泳ぎを重視して、太すぎず、大きすぎないものを選ぶ。「福田丸」の仕掛けは、親バリがチヌ6号、孫バリがチヌ5号だ。

ヒラメ釣りは、エサ付けも重要。ハリの付け方が悪く、イワシが元気に泳がなければ、アタリが減ってしまうからだ。福田船長がとくに注意しているのが、親バリを刺す位置。マイワシの上アゴの口先〜鼻の間は硬いので、口の中からハリを刺し、上アゴに抜くようにすすめている。
孫バリは肛門付近の側面に掛ける。孫バリがトレブルフックの場合は側面でOKだ。
そして、エサのイワシの取り扱いにも注意しよう。夏場は水温が高く、イワシが弱りやすい。足元のバケツに入れるイワシは、1匹または2匹ずつぐらいにとどめて大事に使うこと。
また、エサ付けも迅速に行うように心がけよう。

タナの取り方。タナはイワシが底付近を泳ぐように位置をキープ!

ヒラメ釣りのタナは、エサのイワシが海底付近を泳ぐような位置をキープすることが基本だ。
「福田丸」の仕掛けは、ハリスが65㎝、捨て糸が75㎝。このバランスでは、オモリを海底付近にキープしないとイワシが上のほうを泳いでしまう。しかし、根掛かりしやすい場所を流すこともあるので、オモリを引きずることはNG。オモリが船の揺れで海底を叩く位置をキープし、マメにタナを取り直すようにする。
タナを取り直すことは、根掛かりする、しないにかかわらずマメに行なうようにしよう。水深が変化する場所では、タナを取り直さないとタナをキープできなくなる。また、タナの取り直しをすることでエサのイワシが動き、誘いにもなるのだ。
ヒラメは一般に目が悪いと言われる。潮が濁っているときはヒラメがエサを見つけづらくなるので、前述したように仕掛けのバランスを変えるのも手だ。捨て糸の長さを短くしてタナを低くすれば、イワシがより海底付近を泳ぎやすくなる。ただし、捨て糸の長さがハリスよりも短い仕掛けは、根掛かりしやすいので注意すること。
潮が澄んでいるときは、ヒラメがエサを見つけやすいので、少々タナを上げても大丈夫だ。大型のヒラメほど、高いタナでアタるとよく言われる。何枚か型を見たら、高ダナで大型狙いもおもしろいだろう。

アタリからアワセまで。アタリがあったら糸を張って食い込ませる

アタリかあってからアワせるまでの駆け引きはヒラメ釣りの醍醐味。難しい部分でもあるが、夏ビラメは食い込みが早いと言われ、基本に忠実に事を運べば、そう難しくはないはずだ。
「ガツガツ」とか「ゴンゴン」というようなアタリがあったら、糸を張り気味にしてそのまま食い込むのを待つ。糸が弛んでいるとヒラメの動きがわからないからだ。しばらく待って、アタリが大きく力強くなり、竿が絞り込まれればこっちのもの。そこで竿をしっかりと立ててアワせればOKだ。
しかし、そう画に描いたような展開で食い込むことばかりではない。いつまでも「モゾ、モゾ、モゾ」というアタリが続き、なかなか食い込まないこともある。
そんなときは、ゆっくりと竿を聞き上げてみる。すると、ヒラメはエサが逃げてしまうと思うのか、「ガツガツ」と力強いアタリに変わり、食い込むことがあるのだ。この方法は、ぜひ覚えておくといいだろう。
また、アワセに失敗してもすぐに仕掛けを上げないこと。ハリにエサが付いていることを信じて、すぐに仕掛けを海底まで落としてタナを取り直そう。活性の高い夏ビラメは、これで再びアタることも多いからだ。

以上の記事は「つり丸」2013年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読