ショウサイフグの釣り方&ヒットパターンをご紹介(第十八不動丸)

ショウサイフグの釣り方&ヒットパターンをご紹介(第十八不動丸)

鹿島沖では、ショウサイフグ釣りが周年狙えるターゲットになっている。ポイントも広範囲でシーズンごとに群れて移動するフグの行動パターンが近年、ある程度分かってきたので、可能になったという。


夏フグ好調! 良型サイズオンリー! 根掛かり少なく入門に最適だ

ポイントの水深は20〜30mと浅い

お目当のショウサイフグが顔を出した

本命ゲットだぜ!

根掛かりが少ないからビギナーにもおすすめの鹿島沖のフグ釣り

常磐フグは良型メイン! 10匹釣れば御の字だぞ!

名手は豪快にフグを抜きあげる

焼きフグに唐揚げも美味しいね

丸々していて美味しそうだ

思わずにっこり笑顔に…

宿の仕掛けで釣った常連さん

オモリの集魚効果を期待してフグを釣る

下田漁具のブランド「海遊堂」からは人気のふぐカットウ仕掛けが発売中! 根掛かりが少ないのでダブルバリがオススメ

エサはアオヤギだ。船上で購入できる

フグ処理師の資格をもった仲乗りさんがフグをさばいてくれるから安心だ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

鹿島沖の夏フグ釣りが好調だ。実はショウサイフグは周年狙えるターゲット。シーズンによってフグの群れは生息域を変えるが、夏は鹿島沖水深20〜30mの岩が点在する砂利場がポイント。だから、カットウバリでも根掛かりの心配なく釣りが楽しめ、ビギナーや入門者も安心だ。
「フグの群れをソナーや魚探で探して釣ります。たいていは投入直後にアタリが来ますが、潮が流れないと、すぐスレてしまいます。だから、釣れないときは仕掛けを少し沖目に投げ入れるようにして広範囲を探る釣りがいいでしょう」と話す、鹿島港「不動丸」の加瀬秀和船長。
フグ釣りはどうしても腕の差が出る。とはいうものの、フグのサイズが大きいので10匹も釣れば、お土産は十分。船上で処理師の資格を持つ仲乗りさんが、棒身にしてくれるので、家に帰ったら即食べられる。唐揚げや塩焼きにすれば、ビールのつまみにサイコーだ。ついつい飲み過ぎてしまうのでご注意を。

ショウサイフグ仕掛けをご紹介。ヒットパターンは3パターンある

さて、カワハギやウマヅラハギと同じく、エサ取り名人と称されるショウサイフグの釣り方だが、鹿島沖ではカットウ釣りが行われている。
冷凍のアオヤギ(貝)のムキ身を食わせバリに3〜4個ほど付けて寄せエサにする。それに集まってきたフグをカットウバリで引っかけるというもの。

ざっと簡単に水中イメージを話すと、エサを食べに来たであろうフグを「エイっ!」と、竿をシャクリあげて引っかける、ただそれだけの釣り。しかし、テクニックで釣果に差が顕著に出る釣りでもある。アタリが出てからシャクリアワセを入れてもときすでにおそし……。では、どうやって釣ればよいのか。フグ釣りを担当する「第十八不動丸」のベテラン船長、加瀬秀和さんに聞くと、
「大事なことは空アワセです。とにかく感度がよい竿を使って5秒に1度空アワセをしてください」と話す。それだけアタリは取りにくいのだろう。
釣り方を詳しく説明する前に、フグがカットウバリに掛かる、またはフグを引っかける水中イメージを上のイラストでおさらいしておこう。

具体的なショウサイフグの釣り方。加瀬船長がすすめる釣り方をご紹介。「沖目に仕掛けをアンダーキャストで投入します。そこから、手前にカーブフォールをさせながら仕掛けを寄せてきて、着底のたびに空アワセを入れます。手前に仕掛けが来たら、そこで誘ってください」加瀬船長の基本は空アワセ。5〜10秒に一度は必ずやるという。「いま、狙っているポイントは砂と砂利場で平場ですから、ほとんど根掛かりしません。カワハギと同じように“宙”の釣りはどうか? と聞かれますが、ベタ底釣りが基本です」と話す。フグがカットウバリに掛かる水中イメージどおりのことを確実に行うことが釣果に結びつくというのだ。ぜひ実践していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2013年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

常磐の夜スルメイカがようやく開幕した。年によっては、8月はもうスルメが終了してムラサキイカに移行するが、ここ最近はかなりシーズンが後にずれ込んでいる。


ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

昨年ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年も5月後半から本格的に開幕し、好調が継続している。とくに7月に入ってからは絶好調の釣果が記録されているのだ。


数、型ともに期待大の鹿島沖ショウサイフグを釣ろう! (大春丸)

数、型ともに期待大の鹿島沖ショウサイフグを釣ろう! (大春丸)

鹿島沖のショウサイフグが、絶好シーズンに入っている!「例年通りと言えるよね。6月の中盤くらいから7月の頭にかけて一時、食いが落ちたけど、ここにきてサイズアップ。数も上向いているよ」とは、鹿島港「大春丸」小堤春夫船長の声だ。


待望のアカムツ早くも開幕! 今期良型数釣りオーケー(東洋丸)

待望のアカムツ早くも開幕! 今期良型数釣りオーケー(東洋丸)

7月の声を聞くころ、早くも波崎沖カンネコ根のアカムツ釣りが開幕した。水深140m前後のポイントで試し釣りからいきなりの良型数釣り釣果をたたき出したのだ。


6月からマゴチ釣り開幕の鹿島沖、仕掛け&釣り方を解説(大栄丸)

6月からマゴチ釣り開幕の鹿島沖、仕掛け&釣り方を解説(大栄丸)

6月からスタートする鹿島沖のマゴチ。今年も解禁を迎えた。解禁初日はウネリが高く、また濁りもキツく、苦戦。トップで2〜3本という船が多かったが、翌日からは右肩上がり。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読