沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ショウサイフグの釣り方&ヒットパターンをご紹介(第十八不動丸)

ショウサイフグの釣り方&ヒットパターンをご紹介(第十八不動丸)

鹿島沖では、ショウサイフグ釣りが周年狙えるターゲットになっている。ポイントも広範囲でシーズンごとに群れて移動するフグの行動パターンが近年、ある程度分かってきたので、可能になったという。


夏フグ好調! 良型サイズオンリー! 根掛かり少なく入門に最適だ

ポイントの水深は20〜30mと浅い

お目当のショウサイフグが顔を出した

本命ゲットだぜ!

根掛かりが少ないからビギナーにもおすすめの鹿島沖のフグ釣り

常磐フグは良型メイン! 10匹釣れば御の字だぞ!

名手は豪快にフグを抜きあげる

焼きフグに唐揚げも美味しいね

丸々していて美味しそうだ

思わずにっこり笑顔に…

宿の仕掛けで釣った常連さん

オモリの集魚効果を期待してフグを釣る

下田漁具のブランド「海遊堂」からは人気のふぐカットウ仕掛けが発売中! 根掛かりが少ないのでダブルバリがオススメ

エサはアオヤギだ。船上で購入できる

フグ処理師の資格をもった仲乗りさんがフグをさばいてくれるから安心だ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

鹿島沖の夏フグ釣りが好調だ。実はショウサイフグは周年狙えるターゲット。シーズンによってフグの群れは生息域を変えるが、夏は鹿島沖水深20〜30mの岩が点在する砂利場がポイント。だから、カットウバリでも根掛かりの心配なく釣りが楽しめ、ビギナーや入門者も安心だ。
「フグの群れをソナーや魚探で探して釣ります。たいていは投入直後にアタリが来ますが、潮が流れないと、すぐスレてしまいます。だから、釣れないときは仕掛けを少し沖目に投げ入れるようにして広範囲を探る釣りがいいでしょう」と話す、鹿島港「不動丸」の加瀬秀和船長。
フグ釣りはどうしても腕の差が出る。とはいうものの、フグのサイズが大きいので10匹も釣れば、お土産は十分。船上で処理師の資格を持つ仲乗りさんが、棒身にしてくれるので、家に帰ったら即食べられる。唐揚げや塩焼きにすれば、ビールのつまみにサイコーだ。ついつい飲み過ぎてしまうのでご注意を。

ショウサイフグ仕掛けをご紹介。ヒットパターンは3パターンある

さて、カワハギやウマヅラハギと同じく、エサ取り名人と称されるショウサイフグの釣り方だが、鹿島沖ではカットウ釣りが行われている。
冷凍のアオヤギ(貝)のムキ身を食わせバリに3〜4個ほど付けて寄せエサにする。それに集まってきたフグをカットウバリで引っかけるというもの。

ざっと簡単に水中イメージを話すと、エサを食べに来たであろうフグを「エイっ!」と、竿をシャクリあげて引っかける、ただそれだけの釣り。しかし、テクニックで釣果に差が顕著に出る釣りでもある。アタリが出てからシャクリアワセを入れてもときすでにおそし……。では、どうやって釣ればよいのか。フグ釣りを担当する「第十八不動丸」のベテラン船長、加瀬秀和さんに聞くと、
「大事なことは空アワセです。とにかく感度がよい竿を使って5秒に1度空アワセをしてください」と話す。それだけアタリは取りにくいのだろう。
釣り方を詳しく説明する前に、フグがカットウバリに掛かる、またはフグを引っかける水中イメージを上のイラストでおさらいしておこう。

具体的なショウサイフグの釣り方。加瀬船長がすすめる釣り方をご紹介。「沖目に仕掛けをアンダーキャストで投入します。そこから、手前にカーブフォールをさせながら仕掛けを寄せてきて、着底のたびに空アワセを入れます。手前に仕掛けが来たら、そこで誘ってください」加瀬船長の基本は空アワセ。5〜10秒に一度は必ずやるという。「いま、狙っているポイントは砂と砂利場で平場ですから、ほとんど根掛かりしません。カワハギと同じように“宙”の釣りはどうか? と聞かれますが、ベタ底釣りが基本です」と話す。フグがカットウバリに掛かる水中イメージどおりのことを確実に行うことが釣果に結びつくというのだ。ぜひ実践していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2013年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


大原沖のショウサイフグが開幕から好調スタートを切った!(敷嶋丸)

大原沖のショウサイフグが開幕から好調スタートを切った!(敷嶋丸)

ショウサイフグの一級ポイントとして名を馳せる外房・大原沖が9月1日に解禁した。


大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

タックルはいわゆる普通のひとつテンヤマダイ用のものでいいだろう。道糸はバランス重視の0.8号。ハリスは2~3号を3~5mほど。5kg級の大ダイがヒットしているようなときは、ドラグを少し強めに設定しておこう。


キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

常磐沖にいよいよ青物ルアーゲームのシーズン到来だ! メインターゲットは、写真のワラサ・イナダの他に、ブリ、そして9月上旬の取材日は強烈なアタリがあったもののフックアウトしてしまったが、ヒラマサ。ブリは正真正銘の8㎏オーバー、ヒラマサは10㎏オーバーの実績もあるので、油断は大敵だ。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読