MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏の風物詩! 東京湾のルアータチウオ開幕だ!(渡辺釣船店)

夏の風物詩! 東京湾のルアータチウオ開幕だ!(渡辺釣船店)

バタバタッと釣れては沈黙。そんな釣果が繰り返されてきた、6月中の東京湾、タチウオゲーム。釣果の上下があるのはシーズン初期特有の状況だが、多くのファンを有するゲームだけに動向が気になる……。

perm_media 《画像ギャラリー》夏の風物詩! 東京湾のルアータチウオ開幕だ!(渡辺釣船店)の画像をチェック! navigate_next

浅めのタナで食いが立ち、ジグが落ちていかないという状況も珍しくはない

大人気のタチウオ船は、ワラサ船のように船団が形成される

ルアーを得意とする「渡辺釣船店」。大型船なので釣り座も広々

女性アングラーにヒット!

私でもこの通り簡単に釣れました!

本命ゲットににっこり笑顔

ドラゴン級にくらべれば少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズ

これが東京湾のタチウオだ! デカイでしょ?

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

こちらはダブルヒットだ!

天ぷらや刺身、煮付けでも美味しいね

指4本サイズがアベレージです

トルクフルな引きはとても楽しいですよ!

ヒットレンジは浅いことが多い初期のタチウオゲーム

取り込み中のハリ外れに注意

スレでヒットしてくることもしばしば。それだけ大群で固まっているのだ

ベイトを追うマダイがヒットした

メタルジグのメインウエイトは、80〜100g。ワインド釣法に用いるソフトルアー&ジグヘッドもおすすめ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

「おとといは良かったんだけど、昨日はトップで12本といまひとつ。タナが浅いと数も伸びるんですけどね。それでも次第に上向いてますよ」と話す、タチウオ乗合担当の田中茂生船長。取材日は富津沖の水深40m前後を中心に攻めた。ロケットスタートを期待したものの、小規模な反応が多く連続ヒットにはつながらない。腕利きの人から順番にポツポツと1本、2本を抜き上げていくという展開が続いた。後半はさらに潮が動かず……。小潮という条件もあってか、6月下旬では大苦戦の日となってしまった。厳しい状況下、特大こそ出なかったものの、トップは良型をまじえて10本以上をキャッチ。今後への期待をつないだ。
東京湾タチウオゲームはこれからが本番。浅めのタナで食いが立ち、ジグが落ちていかないという状況も珍しくはない。表層対応のキャスティングタックル、速潮対応の100g以上のメタルジグを用意のうえ、積極果敢に挑戦することをおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2013年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル