狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

駿河湾のタチウオというと、“夜”というイメージが強いかもしれないが、ここ由比~富士川沖ではこの時期は日中に楽しめる。雨の季節を迎え富士川から濁りが入ると、日中でも浅いタナで釣れるようになるのだ。そう、ついに早朝タチウオが開幕したのだ!


駿河湾のタチウオは名産の桜エビを捕食しているため甘みが強い

早朝タチウオは富士川からの濁りがキーワード。これから梅雨時にかけてがベストシーズンだ

海底付近に出たタチウオの反応。「こんなもんじゃないよ。今日はさっぱりだね…」と石原船長

ズン! という重量感と、トルクのある引きがたまらない!

アベレージサイズは指3〜3.5本クラスだが、由比〜富士川沖は大物の確率が高いことでも知られる

毎年2㎏オーバーのまさに“スーパードラゴン”が何本も出ている!

駿河湾のタチウオは名物のサクラエビも捕食している。だから味は抜群!

当日はセンターバランスのジグによる、一般的なワンピッチジャークにヒットが集中していた

ぜひ刺身で食べたいな

本命タチウオゲットだ!

これが駿河湾のタチウオだ! デカイでしょ?

少し小ぶりだけど問題なし!

ツヤがあって綺麗だ

思わずにっこり笑顔に…

指3本でも脂が乗り、甘みが強く最高に美味しいのが駿河湾のタチウオだ

「ヒットパターンやヒットジグは日々違います」と石原船長。それを探してあれやこれやと試行錯誤するのがタチウオジギングのおもしろさだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

この由比~富士川沖のタチウオ釣りの魅力は、まずは“ドラゴン”の名にふさわしい“超大物”が狙えること。タチウオといえば1㎏を超えればデカイ! となるが、なんとその倍となる2㎏級も登場するのだ。「昨年は2㎏超えが3本出ています。最大は2.6㎏ありました」と話す、由比港「神栄丸」の石原佑紀船長。1㎏級は、取材日こそヒットしなかったものの、連日のように登場している。
もうひとつの魅力は“味”。駿河湾のタチウオは名産であるサクラエビを捕食している影響か、甘みが強いのが特徴。指3本クラスであっても脂がしっかりと乗っていて、その味は一度食べてしまうとヤミツキ。わざわざ関東や名古屋圏など遠方から通う人も多い。それほどハマってしまうのだ。
「これからどんどん群れが入って来ますので、サイズも数も期待は十分です!」と話す、石原船長。
この季節限定の駿河湾の日中タチウオで、狙え! スーパードラゴン!!

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

大物、そして高級魚たちがひしめく釣りの聖地・銭洲。今期は、まだそのポテンシャルを十二分に発揮していない当地だったが、黒潮の接岸と共に水温が上昇。大物がいつスパークするかの秒読み態勢になったとのことで、7月9日に下田港「龍正丸」より出船してきた。


ルアー釣りタチウオ入門編! 釣り方&仕掛けまでご紹介(こなや)

ルアー釣りタチウオ入門編! 釣り方&仕掛けまでご紹介(こなや)

夏タチウオは指3本前後の中・小型が主体で数が期待できるというイメージだが、「こなや」のルアータチウオは大型を中心に、状況で数も狙っていくというスタイルだ。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読