MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

駿河湾のタチウオというと、“夜”というイメージが強いかもしれないが、ここ由比~富士川沖ではこの時期は日中に楽しめる。雨の季節を迎え富士川から濁りが入ると、日中でも浅いタナで釣れるようになるのだ。そう、ついに早朝タチウオが開幕したのだ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

駿河湾のタチウオは名産の桜エビを捕食しているため甘みが強い

早朝タチウオは富士川からの濁りがキーワード。これから梅雨時にかけてがベストシーズンだ

海底付近に出たタチウオの反応。「こんなもんじゃないよ。今日はさっぱりだね…」と石原船長

ズン! という重量感と、トルクのある引きがたまらない!

アベレージサイズは指3〜3.5本クラスだが、由比〜富士川沖は大物の確率が高いことでも知られる

毎年2㎏オーバーのまさに“スーパードラゴン”が何本も出ている!

駿河湾のタチウオは名物のサクラエビも捕食している。だから味は抜群!

当日はセンターバランスのジグによる、一般的なワンピッチジャークにヒットが集中していた

ぜひ刺身で食べたいな

本命タチウオゲットだ!

これが駿河湾のタチウオだ! デカイでしょ?

少し小ぶりだけど問題なし!

ツヤがあって綺麗だ

思わずにっこり笑顔に…

指3本でも脂が乗り、甘みが強く最高に美味しいのが駿河湾のタチウオだ

「ヒットパターンやヒットジグは日々違います」と石原船長。それを探してあれやこれやと試行錯誤するのがタチウオジギングのおもしろさだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

この由比~富士川沖のタチウオ釣りの魅力は、まずは“ドラゴン”の名にふさわしい“超大物”が狙えること。タチウオといえば1㎏を超えればデカイ! となるが、なんとその倍となる2㎏級も登場するのだ。「昨年は2㎏超えが3本出ています。最大は2.6㎏ありました」と話す、由比港「神栄丸」の石原佑紀船長。1㎏級は、取材日こそヒットしなかったものの、連日のように登場している。
もうひとつの魅力は“味”。駿河湾のタチウオは名産であるサクラエビを捕食している影響か、甘みが強いのが特徴。指3本クラスであっても脂がしっかりと乗っていて、その味は一度食べてしまうとヤミツキ。わざわざ関東や名古屋圏など遠方から通う人も多い。それほどハマってしまうのだ。
「これからどんどん群れが入って来ますので、サイズも数も期待は十分です!」と話す、石原船長。
この季節限定の駿河湾の日中タチウオで、狙え! スーパードラゴン!!

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル