沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

駿河湾のタチウオというと、“夜”というイメージが強いかもしれないが、ここ由比~富士川沖ではこの時期は日中に楽しめる。雨の季節を迎え富士川から濁りが入ると、日中でも浅いタナで釣れるようになるのだ。そう、ついに早朝タチウオが開幕したのだ!


駿河湾のタチウオは名産の桜エビを捕食しているため甘みが強い

早朝タチウオは富士川からの濁りがキーワード。これから梅雨時にかけてがベストシーズンだ

海底付近に出たタチウオの反応。「こんなもんじゃないよ。今日はさっぱりだね…」と石原船長

ズン! という重量感と、トルクのある引きがたまらない!

アベレージサイズは指3〜3.5本クラスだが、由比〜富士川沖は大物の確率が高いことでも知られる

毎年2㎏オーバーのまさに“スーパードラゴン”が何本も出ている!

駿河湾のタチウオは名物のサクラエビも捕食している。だから味は抜群!

当日はセンターバランスのジグによる、一般的なワンピッチジャークにヒットが集中していた

ぜひ刺身で食べたいな

本命タチウオゲットだ!

これが駿河湾のタチウオだ! デカイでしょ?

少し小ぶりだけど問題なし!

ツヤがあって綺麗だ

思わずにっこり笑顔に…

指3本でも脂が乗り、甘みが強く最高に美味しいのが駿河湾のタチウオだ

「ヒットパターンやヒットジグは日々違います」と石原船長。それを探してあれやこれやと試行錯誤するのがタチウオジギングのおもしろさだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

この由比~富士川沖のタチウオ釣りの魅力は、まずは“ドラゴン”の名にふさわしい“超大物”が狙えること。タチウオといえば1㎏を超えればデカイ! となるが、なんとその倍となる2㎏級も登場するのだ。「昨年は2㎏超えが3本出ています。最大は2.6㎏ありました」と話す、由比港「神栄丸」の石原佑紀船長。1㎏級は、取材日こそヒットしなかったものの、連日のように登場している。
もうひとつの魅力は“味”。駿河湾のタチウオは名産であるサクラエビを捕食している影響か、甘みが強いのが特徴。指3本クラスであっても脂がしっかりと乗っていて、その味は一度食べてしまうとヤミツキ。わざわざ関東や名古屋圏など遠方から通う人も多い。それほどハマってしまうのだ。
「これからどんどん群れが入って来ますので、サイズも数も期待は十分です!」と話す、石原船長。
この季節限定の駿河湾の日中タチウオで、狙え! スーパードラゴン!!

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


キロ前後のサイズが続出! 好釣果コマセマダイの仕掛け(兵助屋)

キロ前後のサイズが続出! 好釣果コマセマダイの仕掛け(兵助屋)

タックルは通常のコマセマダイ用でOK。竿はコマセマダイ用の2.7〜3.6m。置き竿派は3〜3.6m。手持ち派は2.7〜3mがいいだろう。リールは小型電動、または手巻きの中型両軸。道糸はPEラインの3〜4号。


ワラサの有名ポイントで確実に本命をしとめる方法とは?(清貢丸)

ワラサの有名ポイントで確実に本命をしとめる方法とは?(清貢丸)

近年、タックルの性能は向上し、軟らかいマダイロッドを使ったタックルでも容易にワラサが釣れるようになった。だが、ロッドが軟らかくなった分、コマセワークが肝となるワラサ釣りには、理想のコマセまきができなくなっている、と稲本貢一船長は話す。


様々な釣り方が試せる!夜タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(真成丸)

様々な釣り方が試せる!夜タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(真成丸)

仕掛けは、オモリ60〜80号、テンビンを介しハリス10号2mの先にタチウオ専フックを装着するといういたってシンプルなもの。タチウオにこだわる、静浦港「真成丸」の高橋判船長は、ハリはハモ16号を使い、数㎝ほどワイヤーを接続。それにハリスをつないでいる。


タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

「福よし丸」では、使用する道糸の太さによって、オモリの号数を変えている。道糸がPEライン2号の場合、オモリは60〜80号。PEライン3号の場合、オモリは80〜100号。PEライン4号の場合、オモリは100〜120号。あとは、その日の状況によってオマツリなどしないように微調整する。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読