ツマミには欠かせない食材! 夏のスルメイカを釣る!(千鯛丸)

ツマミには欠かせない食材! 夏のスルメイカを釣る!(千鯛丸)

今年の南房総エリアのスルメイカは、6月から好釣果が安定して続いている。多くの船がトップ50杯以上を記録する日が続き、束釣りをする船も珍しくない。もちろん、船酔いをしない限りは、オデコになる確率も低く、お土産も堅い。


重量感タップリの乗りを味わったら美味スルメイカのツマミで乾杯

当日は乗りが活発。慣れた人は多点掛けを連発! トップは65杯だった!

指示ダナの範囲が広いこともある。誘い探って、まずは1杯乗せよう!

3杯掛けにニッコリ!

何杯乗っているのか? 取り込み時はワクワクする!

夫婦でスルメイカ釣りを楽しんだ!

1杯乗ったら、いろいろと工夫して追い乗りを狙おう!

永井名人も、この日は56杯ゲット!

大型スルメイカゲットしました!

墨の洗礼を受けてもニッコリと撮影に協力してくれました。ありがとうございました!

釣れたスルメは、その場で開いて船上干しに!

これからは釣れるサイズが大きくなるので、仕掛けはプラヅノ18㎝で!

揚げ物はビールのツマミにピッタリ! 衣にチーズを混ぜているので、揚げたてはチーズの香りが漂い、チーズ好きにはたまらないぞ!

ツマミに欠かせないのが定番の船上干し! 七味マヨネーズや生姜醤油でいただこう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉「千鯛丸」。

ビールのツマミにピッタリな食材がイカ。夏に釣れ盛るイカといえばスルメイカ。身が厚く、定番の船上干しは深い味わいがあり、とても美味だ。このほか塩辛、沖漬けなどさまざまなツマミが楽しめる。そのスルメイカが安定して好釣果が続いているのが南房総エリア。7月前半の時点までは、多くの船がトップ50杯以上を記録し、束釣りを記録する船もある。取材当日も中盤から好調に乗り出し、慣れた人は多点掛け連発。トップは65杯を記録した。「夏のスルメイカは今日(取材当日)のように反応の位置が高く、広範囲に出ることがあります。指示ダナの範囲を誘って、アタリダナを探ってください」と話すのは、千倉「千鯛丸」の鈴木美津男船長。
重量感あるスルメの乗りを楽しんで、美味なスルメのツマミでカンパイしよう!!

スルメイカ仕掛け。ブラヅノ18cmで組んだ直結式かブランコ式

今回取材した千倉「千鯛丸」での使用オモリは120〜150号。潮が速い時は150号、そうでないときは120号というように使い分けている。
そのため、竿は120〜150号のオモリに対応したイカ竿。とくに「直結用」などと表示されるタイプの竿がオススメだ。このタイプの竿は、ブランコ仕掛けの使用にも最適な調子に仕上がっているものが多い。
リールは小型電動を組み合わせるが、とにかくパワーのあるものを使おう。スルメが何杯も乗ると、重量感はかなりのもの。しかも、それでいてグイグイと引く。パワーがないリールでは、巻き上げが止められてしまうこともしばしば。直結仕掛けの使用では、巻き上げが止まってしまうとバラシにつながることもあるのだ。道糸はPEラインの6号前後を300mは巻いておく。
今後は良型主体の釣果が期待できるので、仕掛けはプラヅノ18㎝で組んだ直結式かブランコ式。慣れない人はブランコ式がおすすめ。しかしサバが多い日、また数を伸ばしたいなら直結式がおすすめ。

スルメイカの釣り方。幅広いタナの範囲でアタリダナを探す!

「夏場のスルメは今日(取材当日)のように反応が高く、幅広く出ることがしばしばあります。タナの範囲を探って、アタリダナを探してください」と話す、「千鯛丸」の鈴木美津男船長。
「底付近に反応がありますよ!」というアナウンスがされた時以外は、上のイラストのようにタナの範囲を探っていく。とくに上イラストの右側に示した、落とし込みでタナを探る方法が効率よく有効だ。仕掛けを投入し、指示ダナの上限の手前まで落下したら、ブレーキをかけて仕掛けを落としていく。その途中、イカが仕掛けに触るようなアタリがあったら、仕掛けの落下を止める。その位置から誘い上げていくと乗ることが多い。仕掛けの落下が止められた場合も、その位置から誘い上げていくといいだろう。またブランコ仕掛けの場合は、1杯乗ってもそのまま落としていくのもアリだ。
仕掛けの落下中にイカの触りがなければ、指示ダナの下限まで仕掛けを落としてから、指示ダナの上限まで誘い上げていく。1杯乗ったら、指示ダナの上限までゆっくり巻き上げて追い乗りを狙おう。
基本中の基本だが、巻き上げ時、取り込み時は、糸を弛めないことだ!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


魚影濃く今後も期待大! 大原沖のショウサイフグ好スタート(敷嶋丸)

魚影濃く今後も期待大! 大原沖のショウサイフグ好スタート(敷嶋丸)

秋の大原の二枚看板といえば、フグとヒラメだろう。まず先陣を切って9月1日に解禁になったのがショウサイフグ。「敷嶋丸」では開幕初日から30㎝級の大型フグまじりで順調なスタートを切った。取材日も釣り開始とともに次々と竿が曲がり、あちこちでフグが抜き上げられた。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読