MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
伝統釣法カモシ釣りでマダイ&ヒラマサをダブル狙い!(広丸)

伝統釣法カモシ釣りでマダイ&ヒラマサをダブル狙い!(広丸)

外房・勝浦から御宿にかけて行われている伝統のカモシ釣り。今期は例年より早い開幕を迎えターゲットとなる青物がコンスタントに釣れている。

perm_media 《画像ギャラリー》伝統釣法カモシ釣りでマダイ&ヒラマサをダブル狙い!(広丸)の画像をチェック! navigate_next

一進一退の攻防を制して、旬のマダイ&ヒラマサをゲットだ!

「コマセの振り出しは、竿を頭上まで持ち上げたら一度ステイ。その後はイッキに落とし込んでカモシ袋を反転させるイメージで指示ダナまで3回くらいにわけて撒く」とコツを教えてくれた

熱釣ドクター・近藤惣一郎先生も良型のマダイをキャッチ

おっ! アタリきたかな?

こちらも本命の大型マダイヒットだ!

乗っ込みが遅れたことで、今、大型マダイが絶好調。今後もさらに期待大と船長は言う

アタリがきたっ! デカイぞ

本命ヒラマサゲットだぜ!

「近海で大型青物が期待できる所がカモシ釣りの魅力」と足繁く通う常連さんたち。見事に狙い通りのヒラマサを取り込んだ

定番ゲストのチカメキントキだ

良型イサキもまじった

100号オモリが背負える6:4調子の竿と中型の電動リール。PE6〜8号にナイロン18〜20号のリーダーをセットして挑もう

エサ付けは、船で配られるサンマの短冊の中骨をカット。皮がくっつくよう二つ折りにしてハリを刺す

イワシのミンチを海水で溶かしてカモシ袋に入れて挑むカモシ釣り。「広丸」ではレンタルタックルもある

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「広丸」。

「例年なら7月に入ってから始めるんだけど、今期は5月後半からヒラマサがいて、良い日は船中20本も釣れて、型もまずまず。7〜8㎏の良型も多くまじり、絶好のスタートが切れたよ」と話す、御宿岩和田港「広丸」の青柳邦広船長の言葉だ。6月の中旬くらいからアベレージ3〜4㎏に落ち着いてきたが、大型のマダイが顔を出すようになったので、現在は2魚種狙いの岩和田沖のポイントを攻めている。「2魚種を視野に入れた仕掛けなら、ハリスは8号5ヒロ(7.5m)。ハリはマダイの11号前後が良いよね」。ちなみに、マダイ狙いならハリスを落として長くし、ヒラマサならハリスを太く短くして、ハリもヒラマサ12号前後に変えるのがセオリーとなる。「マダイならコマセとなるイワシのミンチを海水で薄めに溶かし、ヒラマサはツブが残るように作るのが釣果への早道」と船長がアドバイスをくれた。ヒラマサの豪快な走りと強烈なマダイの三段引き。激烈ファイトを楽しむならイマですよ!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル