伝統釣法カモシ釣りでマダイ&ヒラマサをダブル狙い!(広丸)

伝統釣法カモシ釣りでマダイ&ヒラマサをダブル狙い!(広丸)

外房・勝浦から御宿にかけて行われている伝統のカモシ釣り。今期は例年より早い開幕を迎えターゲットとなる青物がコンスタントに釣れている。


一進一退の攻防を制して、旬のマダイ&ヒラマサをゲットだ!

「コマセの振り出しは、竿を頭上まで持ち上げたら一度ステイ。その後はイッキに落とし込んでカモシ袋を反転させるイメージで指示ダナまで3回くらいにわけて撒く」とコツを教えてくれた

熱釣ドクター・近藤惣一郎先生も良型のマダイをキャッチ

おっ! アタリきたかな?

こちらも本命の大型マダイヒットだ!

乗っ込みが遅れたことで、今、大型マダイが絶好調。今後もさらに期待大と船長は言う

アタリがきたっ! デカイぞ

本命ヒラマサゲットだぜ!

「近海で大型青物が期待できる所がカモシ釣りの魅力」と足繁く通う常連さんたち。見事に狙い通りのヒラマサを取り込んだ

定番ゲストのチカメキントキだ

良型イサキもまじった

100号オモリが背負える6:4調子の竿と中型の電動リール。PE6〜8号にナイロン18〜20号のリーダーをセットして挑もう

エサ付けは、船で配られるサンマの短冊の中骨をカット。皮がくっつくよう二つ折りにしてハリを刺す

イワシのミンチを海水で溶かしてカモシ袋に入れて挑むカモシ釣り。「広丸」ではレンタルタックルもある

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「広丸」。

「例年なら7月に入ってから始めるんだけど、今期は5月後半からヒラマサがいて、良い日は船中20本も釣れて、型もまずまず。7〜8㎏の良型も多くまじり、絶好のスタートが切れたよ」と話す、御宿岩和田港「広丸」の青柳邦広船長の言葉だ。6月の中旬くらいからアベレージ3〜4㎏に落ち着いてきたが、大型のマダイが顔を出すようになったので、現在は2魚種狙いの岩和田沖のポイントを攻めている。「2魚種を視野に入れた仕掛けなら、ハリスは8号5ヒロ(7.5m)。ハリはマダイの11号前後が良いよね」。ちなみに、マダイ狙いならハリスを落として長くし、ヒラマサならハリスを太く短くして、ハリもヒラマサ12号前後に変えるのがセオリーとなる。「マダイならコマセとなるイワシのミンチを海水で薄めに溶かし、ヒラマサはツブが残るように作るのが釣果への早道」と船長がアドバイスをくれた。ヒラマサの豪快な走りと強烈なマダイの三段引き。激烈ファイトを楽しむならイマですよ!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


南房・白浜沖のスルメイカの釣り方&仕掛けご紹介します(早川丸)

南房・白浜沖のスルメイカの釣り方&仕掛けご紹介します(早川丸)

梅雨も明けて一気に真夏モード全開だ! そんな真夏に釣りたいのはやっぱりスルメイカだ。今シーズンは大型が各地で乗り乗り! 日中釣り、夜釣りとズンズン乗せまくろう!


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

中越エリアでもマダイは乗っ込み中だ。寺泊港「なかくに丸」では、日中午前と午後便の2便制でこの乗っ込みマダイをコマセ釣りで狙っている。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

大物、そして高級魚たちがひしめく釣りの聖地・銭洲。今期は、まだそのポテンシャルを十二分に発揮していない当地だったが、黒潮の接岸と共に水温が上昇。大物がいつスパークするかの秒読み態勢になったとのことで、7月9日に下田港「龍正丸」より出船してきた。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読