MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のマダコが絶好調! 23年ぶり大爆釣だ!(長崎屋)

東京湾のマダコが絶好調! 23年ぶり大爆釣だ!(長崎屋)

東京湾のマダコが絶好調だ! 6月下旬の時点で、トップが20杯前後というものすごい釣果が東京湾のあちらこちらで記録されているのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

クーラーボックスが満タン! 釣果は全体で170〜200杯を記録した

当日は、あちこちでアタリ連発! タモが間に合わないので、取り込みは抜き上げる!

この時期は中小型が多いが、良型もまじる!

2㎏を超える良型!

本命マダコが顔をだした

夏のアベレージサイズ

こちらも嬉しい良型!

女性アングラーもこの通り!

刺身や唐揚げでも美味しいね

顔よりデカイマダコ!

思わずにっこり笑顔に…

マダコ釣りは女性にも人気!

デカさにびっくりだよ

タコは脱走名人、ネットで捕獲しよう

出船前、長崎船長からエサのカニを括り付けたテンヤが配られる

手釣り糸にテンヤを結んだシンプルな仕掛けで狙う

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」。

取材先の本牧「長崎屋」では、6月16日からマダコ船を開始。初日の4〜20杯から始まり、連日好釣果が継続している。さらに、マダコ船の舵を握る長崎昭船長によると「このところ毎日、船中合計で170〜200杯はいってますね」というから驚きだ。また、この時期の東京湾のマダコは中小型が主体となるが、「長崎屋」では、最大が2.5㎏、3.7㎏、5㎏と大ダコも記録されている。取材日にも2.3㎏が釣り上げられた。中小型のマダコは、タコ特有の弾力は残されたままの絶妙な柔らかさがある。その身を噛みしめると、フワっとほどよい甘みが口いっぱい広がって、これがもうたまらないほど旨い! ともあれ、この旨いマダコが数釣れているのだから、これはもう行くしかないだろう。
このマダコの大爆釣は、遡ると平成3年以来の出来事というから23年ぶりになる。そうそうある状況ではないだろう。もしかしたら、これを逃すと次はまた20年後まで体験できないかもしれない。さあ、この機会にクーラーひとつ抱えて東京湾の好釣マダコを釣りに出かけてみよう!!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル