コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


3人からOKの仕立船。欲張りにいろんな釣りをあれこれ楽しもう!

イサキのポイントは初島周り。現在、好調なためたくさんの船が集まる

中型サイズ主体にまずまずの食いを見せた

前半はイサキでまずはお土産を確保

ハリス4.5mの3本バリで狙う。ダブル、トリプルもたびたび

カイワリとキントキのポイントでは良型オキメバルがよく食った

イサキポイントでは塩焼きが最高にうまいタカベも多くまじった

食わせサビキは小魚の反応を見ながら根周りを探って行った

エサの付きが悪く諦めかけていた頃に良型がやってきた。食わせサビキを始めてからヒラメが食わなかったことはないという

こちらは深場のコマセ五目できたキダイ

ベイトの反応を見つけたらすかさず仕掛けを投入。小魚が食ったらそのまま底まで落とす。すると!

この日のトリは食わせサビキ。イワシ、小サバに3kgクラスのヒラメがアタックしてきた

イサキのタナは10mちょっとの浅場も。キダイ・カイワリ・キントキなどは100mぐらいを狙うので電動が便利

イサキ、五目ともオキアミコマセで狙う

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊豆多賀港「千とせ丸」。

伊豆多賀港「千とせ丸」で人気を集めているという五目プラスアルファの“道楽釣り”だ。前半はオキアミコマセで釣れる魚、現在だとイサキをメインに、深場ではキダイ、キントキ、カイワリ、オキメバルなどの五目釣りを。さらに仕掛けをチェンジして、食わせサビキでもうひと夢見るという、ステキなプランだ。「うちは仕立て専門で、釣果よりもとにかく一日みなさんに楽しかったと言ってもらえるようにやっています。いろんなリクエストに応えています」と、藤間典郎船長は話す。船長は、釣果よりも「楽しさ」を強調するが、実際はけっこうな釣果も期待できちゃうのだ。この日は、初島周りのイサキからスタート。数日前から食い渋りの状況で心配されたが、まずまずのサイズが順調に食ってくる。「もうイサキは満足」といったところでやや深場へ向かって五目釣りに。ここでは良型のオキメバルが順調に食った。そして、トリは食わせサビキ釣り。カタクチイワシ、小サバの反応を探しては投入するも、この日はエサの付きがいまひとつ。諦めかけていた後半も後半、良型ヒラメが見事に食いついてくれたのだった。3人からOKの仕立船。欲張りにアレコレ楽しめますよ!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

大物、そして高級魚たちがひしめく釣りの聖地・銭洲。今期は、まだそのポテンシャルを十二分に発揮していない当地だったが、黒潮の接岸と共に水温が上昇。大物がいつスパークするかの秒読み態勢になったとのことで、7月9日に下田港「龍正丸」より出船してきた。


泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

これから真夏を迎える日本海。春や秋と異なり、昼の釣り物が少なくなるシーズンだ。しかし、小アジなどの生きエサさえ手に入れば、比較的近場でヒラメなどのフィッシュイーターたちの泳がせ釣りが楽しめる。


2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

真夏のヒラメ釣りと言えば、真っ先に思い浮かぶのが外房、銚子、飯岡エリア。毎年6月1日から解禁し翌年3月までのロングランでヒラメが狙え、他の釣り場の多くが禁漁となる夏場もコンスタントな釣果が期待できるのが特徴だ。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読