MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。

perm_media 《画像ギャラリー》コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)の画像をチェック! navigate_next

3人からOKの仕立船。欲張りにいろんな釣りをあれこれ楽しもう!

イサキのポイントは初島周り。現在、好調なためたくさんの船が集まる

中型サイズ主体にまずまずの食いを見せた

前半はイサキでまずはお土産を確保

ハリス4.5mの3本バリで狙う。ダブル、トリプルもたびたび

カイワリとキントキのポイントでは良型オキメバルがよく食った

イサキポイントでは塩焼きが最高にうまいタカベも多くまじった

食わせサビキは小魚の反応を見ながら根周りを探って行った

エサの付きが悪く諦めかけていた頃に良型がやってきた。食わせサビキを始めてからヒラメが食わなかったことはないという

こちらは深場のコマセ五目できたキダイ

ベイトの反応を見つけたらすかさず仕掛けを投入。小魚が食ったらそのまま底まで落とす。すると!

この日のトリは食わせサビキ。イワシ、小サバに3kgクラスのヒラメがアタックしてきた

イサキのタナは10mちょっとの浅場も。キダイ・カイワリ・キントキなどは100mぐらいを狙うので電動が便利

イサキ、五目ともオキアミコマセで狙う

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊豆多賀港「千とせ丸」。

伊豆多賀港「千とせ丸」で人気を集めているという五目プラスアルファの“道楽釣り”だ。前半はオキアミコマセで釣れる魚、現在だとイサキをメインに、深場ではキダイ、キントキ、カイワリ、オキメバルなどの五目釣りを。さらに仕掛けをチェンジして、食わせサビキでもうひと夢見るという、ステキなプランだ。「うちは仕立て専門で、釣果よりもとにかく一日みなさんに楽しかったと言ってもらえるようにやっています。いろんなリクエストに応えています」と、藤間典郎船長は話す。船長は、釣果よりも「楽しさ」を強調するが、実際はけっこうな釣果も期待できちゃうのだ。この日は、初島周りのイサキからスタート。数日前から食い渋りの状況で心配されたが、まずまずのサイズが順調に食ってくる。「もうイサキは満足」といったところでやや深場へ向かって五目釣りに。ここでは良型のオキメバルが順調に食った。そして、トリは食わせサビキ釣り。カタクチイワシ、小サバの反応を探しては投入するも、この日はエサの付きがいまひとつ。諦めかけていた後半も後半、良型ヒラメが見事に食いついてくれたのだった。3人からOKの仕立船。欲張りにアレコレ楽しめますよ!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル