沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


3人からOKの仕立船。欲張りにいろんな釣りをあれこれ楽しもう!

イサキのポイントは初島周り。現在、好調なためたくさんの船が集まる

中型サイズ主体にまずまずの食いを見せた

前半はイサキでまずはお土産を確保

ハリス4.5mの3本バリで狙う。ダブル、トリプルもたびたび

カイワリとキントキのポイントでは良型オキメバルがよく食った

イサキポイントでは塩焼きが最高にうまいタカベも多くまじった

食わせサビキは小魚の反応を見ながら根周りを探って行った

エサの付きが悪く諦めかけていた頃に良型がやってきた。食わせサビキを始めてからヒラメが食わなかったことはないという

こちらは深場のコマセ五目できたキダイ

ベイトの反応を見つけたらすかさず仕掛けを投入。小魚が食ったらそのまま底まで落とす。すると!

この日のトリは食わせサビキ。イワシ、小サバに3kgクラスのヒラメがアタックしてきた

イサキのタナは10mちょっとの浅場も。キダイ・カイワリ・キントキなどは100mぐらいを狙うので電動が便利

イサキ、五目ともオキアミコマセで狙う

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊豆多賀港「千とせ丸」。

伊豆多賀港「千とせ丸」で人気を集めているという五目プラスアルファの“道楽釣り”だ。前半はオキアミコマセで釣れる魚、現在だとイサキをメインに、深場ではキダイ、キントキ、カイワリ、オキメバルなどの五目釣りを。さらに仕掛けをチェンジして、食わせサビキでもうひと夢見るという、ステキなプランだ。「うちは仕立て専門で、釣果よりもとにかく一日みなさんに楽しかったと言ってもらえるようにやっています。いろんなリクエストに応えています」と、藤間典郎船長は話す。船長は、釣果よりも「楽しさ」を強調するが、実際はけっこうな釣果も期待できちゃうのだ。この日は、初島周りのイサキからスタート。数日前から食い渋りの状況で心配されたが、まずまずのサイズが順調に食ってくる。「もうイサキは満足」といったところでやや深場へ向かって五目釣りに。ここでは良型のオキメバルが順調に食った。そして、トリは食わせサビキ釣り。カタクチイワシ、小サバの反応を探しては投入するも、この日はエサの付きがいまひとつ。諦めかけていた後半も後半、良型ヒラメが見事に食いついてくれたのだった。3人からOKの仕立船。欲張りにアレコレ楽しめますよ!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


キロ前後のサイズが続出! 好釣果コマセマダイの仕掛け(兵助屋)

キロ前後のサイズが続出! 好釣果コマセマダイの仕掛け(兵助屋)

タックルは通常のコマセマダイ用でOK。竿はコマセマダイ用の2.7〜3.6m。置き竿派は3〜3.6m。手持ち派は2.7〜3mがいいだろう。リールは小型電動、または手巻きの中型両軸。道糸はPEラインの3〜4号。


ワラサの有名ポイントで確実に本命をしとめる方法とは?(清貢丸)

ワラサの有名ポイントで確実に本命をしとめる方法とは?(清貢丸)

近年、タックルの性能は向上し、軟らかいマダイロッドを使ったタックルでも容易にワラサが釣れるようになった。だが、ロッドが軟らかくなった分、コマセワークが肝となるワラサ釣りには、理想のコマセまきができなくなっている、と稲本貢一船長は話す。


沖釣り専門誌が取材した【庄三郎丸】の釣り情報5選!

沖釣り専門誌が取材した【庄三郎丸】の釣り情報5選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【平塚港・庄三郎丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。キハダ、カツオ、シイラ、ヒラメ、アマダイなどがターゲット。


様々な釣り方が試せる!夜タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(真成丸)

様々な釣り方が試せる!夜タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(真成丸)

仕掛けは、オモリ60〜80号、テンビンを介しハリス10号2mの先にタチウオ専フックを装着するといういたってシンプルなもの。タチウオにこだわる、静浦港「真成丸」の高橋判船長は、ハリはハモ16号を使い、数㎝ほどワイヤーを接続。それにハリスをつないでいる。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読