コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


3人からOKの仕立船。欲張りにいろんな釣りをあれこれ楽しもう!

イサキのポイントは初島周り。現在、好調なためたくさんの船が集まる

中型サイズ主体にまずまずの食いを見せた

前半はイサキでまずはお土産を確保

ハリス4.5mの3本バリで狙う。ダブル、トリプルもたびたび

カイワリとキントキのポイントでは良型オキメバルがよく食った

イサキポイントでは塩焼きが最高にうまいタカベも多くまじった

食わせサビキは小魚の反応を見ながら根周りを探って行った

エサの付きが悪く諦めかけていた頃に良型がやってきた。食わせサビキを始めてからヒラメが食わなかったことはないという

こちらは深場のコマセ五目できたキダイ

ベイトの反応を見つけたらすかさず仕掛けを投入。小魚が食ったらそのまま底まで落とす。すると!

この日のトリは食わせサビキ。イワシ、小サバに3kgクラスのヒラメがアタックしてきた

イサキのタナは10mちょっとの浅場も。キダイ・カイワリ・キントキなどは100mぐらいを狙うので電動が便利

イサキ、五目ともオキアミコマセで狙う

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊豆多賀港「千とせ丸」。

伊豆多賀港「千とせ丸」で人気を集めているという五目プラスアルファの“道楽釣り”だ。前半はオキアミコマセで釣れる魚、現在だとイサキをメインに、深場ではキダイ、キントキ、カイワリ、オキメバルなどの五目釣りを。さらに仕掛けをチェンジして、食わせサビキでもうひと夢見るという、ステキなプランだ。「うちは仕立て専門で、釣果よりもとにかく一日みなさんに楽しかったと言ってもらえるようにやっています。いろんなリクエストに応えています」と、藤間典郎船長は話す。船長は、釣果よりも「楽しさ」を強調するが、実際はけっこうな釣果も期待できちゃうのだ。この日は、初島周りのイサキからスタート。数日前から食い渋りの状況で心配されたが、まずまずのサイズが順調に食ってくる。「もうイサキは満足」といったところでやや深場へ向かって五目釣りに。ここでは良型のオキメバルが順調に食った。そして、トリは食わせサビキ釣り。カタクチイワシ、小サバの反応を探しては投入するも、この日はエサの付きがいまひとつ。諦めかけていた後半も後半、良型ヒラメが見事に食いついてくれたのだった。3人からOKの仕立船。欲張りにアレコレ楽しめますよ!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

最近、思うような釣果を出せずウップンを溜ためている人に超オススメ! 南伊豆のイサキ釣りが夏場の最盛期・産卵前の荒食いを迎え、ただ今、爆釣モード全開で釣れまくっているのだ!!


今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

9月に開幕した駿河湾・石花海のヤリイカ。連日絶好調で、しかも非常においしいのが特徴だ。そんな石花海のヤリイカ釣りで使用する仕掛けは、プラヅノ11㎝のダブルカンナ仕様が定番。他のエリアと異なり、石花海でダブルカンナのツノを使うのは、イカのサイズが大きいことが最大の理由だ。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読