沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

安定感増加中! これからは数狙いも…東京湾タチウオ(こなや)

安定感増加中! これからは数狙いも…東京湾タチウオ(こなや)

東京湾のタチウオが本格シーズンに突入! スタート直後こそ不安定な状況が続いてきた今期だが、右肩上がりに調子アップ。6月下旬に入ってからは大型含みでトップ30本、40本という日もよく見られるようになっている。


型狙いの大貫沖、数狙いの金谷沖を状況に応じて攻め分けよう!

今期のフィールドは大貫沖から金谷沖。湾内では潮の濁り具合が釣果を左右することが多い

ジギングタックルの基本はベイト。タチウオを意識した6ftクラスのベイジギング、ライトジギング用が理想的

ひょいっと抜き上げる!

指5本サイズの大型が狙えるのがこの時期の魅力のひとつ

この大きさのタチウオは数釣り可能だ

今回の本命タチウオゲットだぜ! デカイねぇ

これが東京湾のタチウオだ!

刺身に煮付けでも美味しいね

なんと、ヒットしたのは…サバ!

まじりのサバは、血抜きして氷締めして持ち帰ろう

ジグヘッド&ソフトルアーが活躍することも多い。20〜90g程度まで、幅広く用意したい

ルアーは60〜150gまでのメタルジグ。中心ウエイトは80g、100g。浅ダナ攻略の場合は軽量ジグ、速潮のポイント、深場攻略では150gが活躍

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

「だんだん安定感が増してきましたね。これからは数狙いも十分に楽しめると思いますよ」と話す、取材日に舵を握ってくれた小沢一滋船長。
型狙いの大貫沖、数狙いの金谷沖を状況に応じて攻め分けるのが今季のこれまでの定番パターン。
取材日も同様に攻略を行ったが、大貫沖がいまひとつ。後半になり金谷沖にポイントチェンジしてから、なんとか群れを捉えることができた。いつ出るか分からない、そんな捉えどころのなさから、幽霊魚の異名をとるタチウオが相手だけに、多少の上下は覚悟済み。取材日は低調に終わったが、以降の釣果は前述のように右肩上がり。好機を逃さないためには、とにかく早めの釣行を心掛けるのが得策となるだろう。ちなみに船長はバラシ対策の軟調ロッド、ソフトルアー用のタックルセットの必要性を強調している。型、数ともに満足のいくゲームを満喫するため、ぜひ参考にしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。


今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

「今年は水温が高いこともあって、少しスタートが遅い感じですね。コノシロパターンも散発的にありますけど、今のところはイワシが多いので、こちらを意識した釣りのほうがメインパターンになっていますね」と話す、10月下旬時点での模様を教えてくれたのは、横浜新山下の人気シーバス船「アイランドクルーズFC」の家田茂大船長。


様々な釣り方が試せる!夜タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(真成丸)

様々な釣り方が試せる!夜タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(真成丸)

仕掛けは、オモリ60〜80号、テンビンを介しハリス10号2mの先にタチウオ専フックを装着するといういたってシンプルなもの。タチウオにこだわる、静浦港「真成丸」の高橋判船長は、ハリはハモ16号を使い、数㎝ほどワイヤーを接続。それにハリスをつないでいる。


タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

「福よし丸」では、使用する道糸の太さによって、オモリの号数を変えている。道糸がPEライン2号の場合、オモリは60〜80号。PEライン3号の場合、オモリは80〜100号。PEライン4号の場合、オモリは100〜120号。あとは、その日の状況によってオマツリなどしないように微調整する。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読