MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
安定感増加中! これからは数狙いも…東京湾タチウオ(こなや)

安定感増加中! これからは数狙いも…東京湾タチウオ(こなや)

東京湾のタチウオが本格シーズンに突入! スタート直後こそ不安定な状況が続いてきた今期だが、右肩上がりに調子アップ。6月下旬に入ってからは大型含みでトップ30本、40本という日もよく見られるようになっている。

型狙いの大貫沖、数狙いの金谷沖を状況に応じて攻め分けよう!

今期のフィールドは大貫沖から金谷沖。湾内では潮の濁り具合が釣果を左右することが多い

ジギングタックルの基本はベイト。タチウオを意識した6ftクラスのベイジギング、ライトジギング用が理想的

ひょいっと抜き上げる!

指5本サイズの大型が狙えるのがこの時期の魅力のひとつ

この大きさのタチウオは数釣り可能だ

今回の本命タチウオゲットだぜ! デカイねぇ

これが東京湾のタチウオだ!

刺身に煮付けでも美味しいね

なんと、ヒットしたのは…サバ!

まじりのサバは、血抜きして氷締めして持ち帰ろう

ジグヘッド&ソフトルアーが活躍することも多い。20〜90g程度まで、幅広く用意したい

ルアーは60〜150gまでのメタルジグ。中心ウエイトは80g、100g。浅ダナ攻略の場合は軽量ジグ、速潮のポイント、深場攻略では150gが活躍

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

「だんだん安定感が増してきましたね。これからは数狙いも十分に楽しめると思いますよ」と話す、取材日に舵を握ってくれた小沢一滋船長。
型狙いの大貫沖、数狙いの金谷沖を状況に応じて攻め分けるのが今季のこれまでの定番パターン。
取材日も同様に攻略を行ったが、大貫沖がいまひとつ。後半になり金谷沖にポイントチェンジしてから、なんとか群れを捉えることができた。いつ出るか分からない、そんな捉えどころのなさから、幽霊魚の異名をとるタチウオが相手だけに、多少の上下は覚悟済み。取材日は低調に終わったが、以降の釣果は前述のように右肩上がり。好機を逃さないためには、とにかく早めの釣行を心掛けるのが得策となるだろう。ちなみに船長はバラシ対策の軟調ロッド、ソフトルアー用のタックルセットの必要性を強調している。型、数ともに満足のいくゲームを満喫するため、ぜひ参考にしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読