MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶品フグが絶好調! 鹿島沖のショウサイフグを釣ろう!(豊丸)

絶品フグが絶好調! 鹿島沖のショウサイフグを釣ろう!(豊丸)

鹿島沖のショウサイフグは産卵期を迎えている。この時期の特徴は10mほどの浅場に集まることが特徴。水深が浅くて、女性、ビギナーでも手軽に楽しめるのだ。

ショウサイフグは産卵を終えると徐々に深場に移動、そこが狙い目

ヒットしたと思ったら簡単に釣れるのがこのショウサイフグだ

本命ゲット!

良型ショウサイフグにニッコリ! 

これも大型ショウサイフグ!

大型のショウサイフグは引き味も抜群!

夏のフグも美味!

良型ゲット

まるまるしたショウサイフグ。美味しそうだ

刺身に唐揚げでも美味しいね

フグ釣り名人でもある「豊丸」の女将さん

釣れたフグは処理師免許を持つスタッフがさばいてくれる

エサのアオヤギは3個ぐらい付けて目立たせる

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「豊丸」。

鹿島「豊丸」の取材当日は、ほとんどが30㎝前後の良型揃い。今シーズンは例年になく型がいいようだ。しかし、夢中になるとついつい誘いのリズムが速くなったり、大きく強いアワセになりがち。産卵期のフグは臆病で、驚かせることはNGだ。
フグといえばもう一つの楽しみが食。定番のお刺身、唐揚げ、天ぷらはもちろんだが、「豊丸」の女将さん特性の一夜干もおすすめだ。作り方は、三枚におろし、濃い目の塩水に10分ほど漬けて干すだけと簡単だ。ショウサイフグは、産卵を終えるとじょじょに沖の深場に移動する。そうなると活性はさらに高くなって、アタリが多くなる見込みだ。ビギナーでも手軽に楽しめるショウサイフグ。この夏は絶品フグを求めて釣行してみよう!

以上の記事は「つり丸」2014年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00
6月から開幕している「長崎屋」のマダコ釣り。開幕から好釣果を記録しその後も好釣果を記録している。取材は開幕初日。コンスタントにアタるマダコを見て長崎船長は「しばらくは楽しめそうですよ」と話した。
更新: 2019-06-18 07:00:00
最新記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
タイラバの新アクションアイテムで強烈アピール!
更新: 2019-06-19 12:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読