エサ釣りタチウオ入門編! 釣り方&仕掛けまでご紹介(平作丸)

エサ釣りタチウオ入門編! 釣り方&仕掛けまでご紹介(平作丸)

5月後半からポツポツとルアーでは型が見られていた東京湾のタチウオ。6月に入ると上向いて、6月中旬には金谷沖でまとまって釣れはじめた。これにともなってエサ釣りで狙う船が多数出船するようになった。


ゲーム性抜群! シーズン初期は釣り場がとくに移り変わりやすい

船が集結した! タチウオが群れ固まった証だ!

水深10m台の浅場を狙うことも

タチウオの引きは強い! ライトタックルでのやり取りは、とにかく楽しい

エサ釣りはタナの深さによって、誘いやアワセを変えるのがコツ。浅ダナでのかけひきはとにかく熱くなるぞ!

永井名人は途中、2本バリ仕掛けに替えて一荷を達成!

海面付近でアタることもある。ここでのかけひきは難しいが、おもしろい

慣れた釣り人は着実に数を伸ばす!

ヒットしたら釣り上げ!

シャクリ幅、スピードなどいろいろ試してみよう。タナが深い場合は速め、強めのシャクリを北島船長は勧めている

この日は全員が型を見た

刺身、塩焼き、テンプラなどで美味しくいただける

本命ゲットに思わずにっこり笑顔に…

「平作丸」で支給されるエサはサバの切り身

エサのサバは縫い刺しにするのが一般的

エサの動きを重視してチョン掛けにする場合も

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久里浜「平作丸」。

6月中旬すぎ、東京湾のタチウオが数まとまって釣れ出した。金谷沖のタナ70〜90mで釣れていたが、6月後半には低調になってしまった。そして、次は大貫沖〜第二海堡沖で釣れ出したが、7月に入るとまた金谷沖で釣れるようになった。このように神出鬼没なタチウオ。「幽霊魚」とも呼ばれる所以だ。
シーズン初期はとくに釣り場が移り変わりやすい。それにともなって、釣れるタナも深くなったり、浅くなったりする。この変化にうまく対応するのがコツだ。
「金谷沖はタナが深くなることが多いです。深い場合は強めで、かつ速めのシャクリで誘い上げてください。そうでないと、エサが動きませんから。逆に浅いタナではゆっくり誘い上げるか、その場でエサをフワフワと動かすのがコツです」と、話すのは久里浜港「平作丸」の北島秀司船長。
そして、アタってからフッキングさせるまでのかけひきもタチウオ釣りの魅力。アタってもそのまま巻き上げていくとハリ掛かりするというのが最近の主流のスタイルだが、これがなかなかうまくいかないのが難しく、おもしろいところなのだ。
東京湾のタチウオはこれからが本番。この夏はタチウオとのかけひきに熱くなってみよう!

基本の仕掛けはシンプルな1本バリ。ライトタックルで狙うのが主流

近年の東京湾のタチウオ釣りは、ライトタックルで狙うのが主流になりつつある。とくにシーズン初期にあたる夏場は、浅ダナを狙うことも多いのでライトタックルが釣りやすい。
また、海面下100mを超す深いタナでも、細い道糸と60号前後のオモリを使ってライトタックルで狙う船宿が多くなっている。竿は30〜80号のオモリに対応できる6対4〜8対2調子のライト用。長さは2m前後。浅ダナでは6対4〜7対3、深ダナでは仕掛けを操作しやすいように7対3〜8対2調子をセレクトするといいだろう。
リールは手巻きの小型両軸か小型電動。タナが深いときは、電動リールがあると便利だ。道糸はPEラインの2号以下を使用するのが最近の主流。船宿によっては使用する道糸の太さを統一、または制限するところもあるので注意しよう。
ちなみに、今回取材した久里浜「平作丸」では、道糸はPEラインの2号以下を使ってもらうように決めている。仕掛けはシンプルな1本バリが主流。ハリス4〜6号、1.5〜2m。ハリはタチウオバリの1〜2号。エサの動きに影響しないようにアクセサリー類は付けないか、最小限にする。そして、エサ付けも重要。「平作丸」もそうだが、東京湾の多くの船宿がサバの切り身をエサに使う。幅1〜1.5㎝、長さ6㎝ほどの切り身を縫い刺しにするのが一般的だ。切り身の中央にハリを刺し、まっすぐ付けることが大事だ。

タチウオの釣り方をご紹介。タナの深さによって誘い方を変えよう

釣り方は、船長の指示するタナの範囲を誘い上げていく。「平作丸」の北島秀司船長は、タナの深さによって誘い方(シャクリ方)を変えたほうがいいという。
「タナが100m前後の深いときには、強め、速めのシャクリで誘い上げてください。そうでないと海中でエサがしっかりと動きませんから。逆にタナが浅いときはフワッ、フワッとスローにシャクって誘うほうがいいですね」と話す、北島船長。
アタリがあったら、そのまま誘い上げていくとハリ掛かりする。このときアタリがあったら、シャクリは小さくするか、ただ巻きにするといいだろう。しかし、水深が20〜30mと浅い場所、さらにタナが浅いとなると、巻き上げることができる距離が短くなるので難しくなる。
「タナが浅かったり、水深が浅い場所では誘える距離が短くなります。アタってそのまま巻き上げてきても、ハリ掛かりする前に海面まで来ちゃうことも珍しくありません。ですから浅ダナや水深の浅い場所では、その場で竿をフワフワと小さく上下させて食い込むのを待つのも一つの方法です。深ダナではアタリがあっても誘い上げる、浅ダナではアタったら誘いを止めて食い込むのを待つ、ということを頭に入れてやってみてください」と、話してれた北島船長。

以上の記事は「つり丸」2015年8月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読