MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣りタチウオ入門編! 仕掛け&釣り方まで解説(平作丸)

エサ釣りタチウオ入門編! 仕掛け&釣り方まで解説(平作丸)

東京湾のタチウオ釣りは、ライトタックルで狙うのが主流になりつつある。海面下100mを超す深いタナでも、細い道糸と60号前後のオモリを使ってライトタックルで狙う船宿が多くなっている。リールは手巻きの小型両軸か小型電動。道糸はPEラインの2号以下を使用するのが最近の主流。仕掛けはシンプルな1本バリが主流。

ゲーム性抜群! シーズン初期は釣り場がとくに移り変わりやすい

船が集結した! タチウオが群れ固まった証だ!

水深10m台の浅場を狙うことも

タチウオの引きは強い! ライトタックルでのやり取りは、とにかく楽しい

エサ釣りはタナの深さによって、誘いやアワセを変えるのがコツ。浅ダナでのかけひきはとにかく熱くなるぞ!

永井名人は途中、2本バリ仕掛けに替えて一荷を達成!

海面付近でアタることもある。ここでのかけひきは難しいが、おもしろい

慣れた釣り人は着実に数を伸ばす!

ヒットしたら釣り上げ!

シャクリ幅、スピードなどいろいろ試してみよう。タナが深い場合は速め、強めのシャクリを北島船長は勧めている

この日は全員が型を見た

刺身、塩焼き、テンプラなどで美味しくいただける

本命ゲットに思わずにっこり笑顔に…

「平作丸」で支給されるエサはサバの切り身

エサのサバは縫い刺しにするのが一般的

エサの動きを重視してチョン掛けにする場合も

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久里浜「平作丸」。

6月中旬すぎ、東京湾のタチウオが数まとまって釣れ出した。金谷沖のタナ70〜90mで釣れていたが、6月後半には低調になってしまった。そして、次は大貫沖〜第二海堡沖で釣れ出したが、7月に入るとまた金谷沖で釣れるようになった。このように神出鬼没なタチウオ。「幽霊魚」とも呼ばれる所以だ。

シーズン初期はとくに釣り場が移り変わりやすい。それにともなって、釣れるタナも深くなったり、浅くなったりする。この変化にうまく対応するのがコツだ。

「金谷沖はタナが深くなることが多いです。深い場合は強めで、かつ速めのシャクリで誘い上げてください。そうでないと、エサが動きませんから。逆に浅いタナではゆっくり誘い上げるか、その場でエサをフワフワと動かすのがコツです」と、話すのは久里浜港「平作丸」の北島秀司船長。

そして、アタってからフッキングさせるまでのかけひきもタチウオ釣りの魅力。アタってもそのまま巻き上げていくとハリ掛かりするというのが最近の主流のスタイルだが、これがなかなかうまくいかないのが難しく、おもしろいところなのだ。

東京湾のタチウオはこれからが本番。この夏はタチウオとのかけひきに熱くなってみよう!

基本の仕掛けはシンプルな1本バリ。ライトタックルで狙うのが主流

近年の東京湾のタチウオ釣りは、ライトタックルで狙うのが主流になりつつある。とくにシーズン初期にあたる夏場は、浅ダナを狙うことも多いのでライトタックルが釣りやすい。

また、海面下100mを超す深いタナでも、細い道糸と60号前後のオモリを使ってライトタックルで狙う船宿が多くなっている。竿は30〜80号のオモリに対応できる6対4〜8対2調子のライト用。長さは2m前後。浅ダナでは6対4〜7対3、深ダナでは仕掛けを操作しやすいように7対3〜8対2調子をセレクトするといいだろう。

リールは手巻きの小型両軸か小型電動。タナが深いときは、電動リールがあると便利だ。道糸はPEラインの2号以下を使用するのが最近の主流。船宿によっては使用する道糸の太さを統一、または制限するところもあるので注意しよう。

ちなみに、今回取材した久里浜「平作丸」では、道糸はPEラインの2号以下を使ってもらうように決めている。仕掛けはシンプルな1本バリが主流。ハリス4〜6号、1.5〜2m。ハリはタチウオバリの1〜2号。エサの動きに影響しないようにアクセサリー類は付けないか、最小限にする。

そして、エサ付けも重要。「平作丸」もそうだが、東京湾の多くの船宿がサバの切り身をエサに使う。幅1〜1.5㎝、長さ6㎝ほどの切り身を縫い刺しにするのが一般的だ。切り身の中央にハリを刺し、まっすぐ付けることが大事だ。

タチウオの釣り方を紹介。タナの深さによって誘い方を変えよう

釣り方は、船長の指示するタナの範囲を誘い上げていく。「平作丸」の北島秀司船長は、タナの深さによって誘い方(シャクリ方)を変えたほうがいいという。

「タナが100m前後の深いときには、強め、速めのシャクリで誘い上げてください。そうでないと海中でエサがしっかりと動きませんから。逆にタナが浅いときはフワッ、フワッとスローにシャクって誘うほうがいいですね」と話す、北島船長。

アタリがあったら、そのまま誘い上げていくとハリ掛かりする。このときアタリがあったら、シャクリは小さくするか、ただ巻きにするといいだろう。しかし、水深が20〜30mと浅い場所、さらにタナが浅いとなると、巻き上げることができる距離が短くなるので難しくなる。

「タナが浅かったり、水深が浅い場所では誘える距離が短くなります。アタってそのまま巻き上げてきても、ハリ掛かりする前に海面まで来ちゃうことも珍しくありません。ですから浅ダナや水深の浅い場所では、その場で竿をフワフワと小さく上下させて食い込むのを待つのも一つの方法です。深ダナではアタリがあっても誘い上げる、浅ダナではアタったら誘いを止めて食い込むのを待つ、ということを頭に入れてやってみてください」と、話してれた北島船長。

以上の記事は「つり丸」2015年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
東京湾で好調なスタート!大人気ターゲットのカワハギはエサをかすめ取るエサ取り名人。そんなカワハギのタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方を紹介!釣り方をマスターして、良型を釣りに行きましょう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
最新記事
細身ブランクの究極のゲームロッドシリーズ「リーディングスリルゲーム・Y」
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
多希志丸(腰越)の釣果情報を掲載
源平丸(洲崎)の釣果情報を掲載
ハヤブサ女性モニター「隼華(HAYAKA)」女性限定アマダイ船釣り体験 12月14日開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読