MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ルアー釣りタチウオ入門編!仕掛け&釣り方までご紹介(こなや)

ルアー釣りタチウオ入門編!仕掛け&釣り方までご紹介(こなや)

夏タチウオは指3本前後の中・小型が主体で数が期待できるというイメージだが、「こなや」のルアータチウオは大型を中心に、状況で数も狙っていくというスタイルだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ジギングメインで狙え! アクションスピードの変化で幽霊魚を攻略

当日のメインポイントは金谷沖。大貫沖や第二海堡周りも攻める。ジグは100gを基準に150gまで持参しておこう

大貫沖でズシン! 水深が浅いので、その衝撃は強烈のひと言! これがたまらない!

大貫沖の浅場でヒットしたのはなんと121㎝! ファイトの衝撃でジグは外れてなくなってしまっていた…

指6〜7本はありそうだ。現在釣れているこのサイズは大半がメスだという

抜き上げは無理! と思ったら、迷わず船長を呼ぼう。進藤船長のギャフが決まった

これも大型! 数はなかなか出ないが、出れば最高にうれしい! 狙いはこのサイズだ

水面を泳ぐ姿はまさにドラゴン! 本当に龍みたいだ

金谷沖ではこのサイズがアベレージだった。もちろん良型も出るので油断は禁物だ

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

朝一番でヒットしたのはこの大型!

ジグのカラーは最低限の定番はおさえておこう。赤金は必須!

どうですか? このビッグサイズ!

あくまでもジギングがメインだが、これからの時期はおさえでワーム用のスピニングタックルもあるといい

船長オススメのフックセッティングとフロントフック

フロントフックは船内でも購入可能だ

「船縁の棚に、ジグを出し過ぎないようにしましょう」と進藤船長。迷ってしまうからだ。コレぐらいに留めましょう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

「やっぱりデカイのがいいじゃないですか。ウチは今後もジギングで積極的に大型を狙っていきますよ!」と話すのは、ルアーアングラーから絶大な信頼を得る長浦港「こなや」の進藤通孝船長。
取材では121㎝というまさにドラゴンというべき大型を筆頭に、指5本級2本、4本級が1本と、数は少ないながら引き味も食べごたえも最高なサイズが登場。取材前にはなんと127㎝というスーパーサイズも取り込まれている。
そして取材後には状況が急上昇しており、型はもちろん数も トップ30〜50本と絶好調!
進藤船長にジギングでのコツを聞いてみると、
「アタリが出ないのは、ジグのカラーよりもむしろスピードが合っていないことのほうが多いように感じます。アクションがワンパターンにならないように、スピードを変化させて攻略してみてください」
夏は浅めの水深を狙うことが多いので、入門にも最適。あの手この手で幽霊魚タチウオを攻略しよう!

ルアータチウオタックルをご紹介。基本ノーマルギアPEは1号で!

タチウオのルアーゲームで使用するタックルは、フォール(ジグを落とし込んでいるとき)のアタリを取りやすいベイトタックルが有利。小型ベイトリールは最近ではハイギアタイプが主流だが、
「基本はロー(ノーマル)ギアです。タチウオはそんなに速いアクションは必要はないと思います」と話す、ルアーアングラーから絶大な信頼を得る「こなや」の進藤船長。
ラインはPEの1号。
「これからの時期はタチウオ以外の魚がヒットすることもあるので、0.8号ではそういったときに切れてしまうことが多いんです」
タチウオ以外の魚とは、ワラサやサワラなど。超がつくほど嬉しいゲストだ。
またラインは、状況によって水深100m前後の深場を攻めることもあるので、最低でも200mは巻いておこう。

使用するメタルジグは、
「基本はセンターバランス(重心がジグの真ん中にあるタイプ)です。沈下速度が速いテイルヘビータイプは、サミングを行うなどフォールスピードをちゃんと調節しないとフォール中に切られやすいので注意が必要です」
ウエイトは100gを中心に、潮が速いときや深場を狙うときもあるので150gまで必ず持参しておこう。
ジグのカラーについては、
「たくさんあるに越したことはありませんが、最低でも赤金、オールピンクなどのピンク系、パープル系など、基本カラーは用意してください。そして、自分だけアタリがないときに、カラーローテーションに頼りすぎるのはよくありません。むしろ、コレと決めたら使い通すぐらいでいいと思います」
進藤船長によると、アタリがないのはカラーが合っていないのではなく、むしろジグのアクションスピードが合っていないことのほうが多い、という。
もうひとつ、重要なのがフック(ハリ)だ。
「とくにフロントフックは、5連サルカンなどアシストラインの部分にチューブが被せてあるものがオススメです。オマツリしても他の釣り人のPEラインを傷つけにくく、しかも外しやすいのが特徴です。船でも販売していますのでぜひ利用してください」
そしてフックは、ぜひバーブレス(カエシのないタイプ)を使おう。カエシのついたものを潰してバーブレスにしたものではなく、最初からバーブレスのタイプがオススメ。やはりオマツリの際にPEラインを傷つけにくく、また外しやすいのだ。

釣り方は基本ショートピッチ。スピードを変化させて攻略しよう!

釣り方は、船長から指示されるタナまでジグを沈め、そこからショートピッチジャークで巻き上げてくるのが基本。タチウオはフォール中のアタリも多いので要注意だ。
タナは海底からの場合(主に水深が浅いポイント)と、具体的な水深が指示される場合(主に水深が深いポイント)の2種類がある。後者の場合は、下のタナよりもジグを沈め過ぎないよう注意しよう。

ショートピッチとは、イラストにあるようなワンピッチジャークと呼ばれるジギングの最も基本となるテクニックを、幅の狭いアクションで行うこと。リールを巻きながらロッドを小刻みに動かし、あたかも小魚が泳いでいるかのようにジグにアクションを与えよう。
そして重要なのは、ジグのスピード。アタリが出ないのは、ジグの色よりもスピードが合っていないことが多いという。タナやアクションなどは進藤船長が必要に応じてアナウンスしてくれるのでそれを参考にして、ワンパターンにならないよう手を替え品を替え攻略しよう。

以上の記事は「つり丸」2015年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル