MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数、型ともに期待大の鹿島沖ショウサイフグを釣ろう! (大春丸)

数、型ともに期待大の鹿島沖ショウサイフグを釣ろう! (大春丸)

鹿島沖のショウサイフグが、絶好シーズンに入っている!「例年通りと言えるよね。6月の中盤くらいから7月の頭にかけて一時、食いが落ちたけど、ここにきてサイズアップ。数も上向いているよ」とは、鹿島港「大春丸」小堤春夫船長の声だ。

基本は空アワセからのタイム釣り。積極的にアタリを掛けよう!

開始早々、同時ヒットだ!

「超スローのフォールやステイ、シェイキングなど、アタリをどう出させるかもフグ攻略の醍醐味ですよね」と常連サン

アワセのタイミングがバッチリ合うと顔付近にハリが掛かり、遅いと尾付近になる。この掛かり方を見てアワセを調節しよう

この時期のショウサイは肉厚で絶品! 

身離れも良いのでカラアゲにしても美味しく食べられる

ガマガエルと呼ばれる超大型は、極太サバ並みに横っ走りする。取り込むまでスリリングなファイトが楽しめるぞ。なお、巻き上げは一定のリズムで行おう

本命ゲットに思わずにっこり

キャストして広範囲を探ろう!

「食い渋り時は、キャストして広く探ろう。ハリ先が甘くなるとバレやすくなるので、替えバリの用意もお忘れなく」と連載陣の近藤惣一郎先生がアドバイスをくれた

ロッドは7対3〜8対2調子で、全長は1.8m前後。小型両軸にPE1号前後を巻いて挑もう

仕掛けは25〜30号のカットウ仕掛け。この日は、軸バリが遊導式になった赤いカットウが効果的だった

エサは宿から配られるアオヤギ。2〜3個を縫い刺すようにたっぷり付けよう

フグ取扱者の免許を持つ船長仲乗りさんが、船上で棒身にさばいてくれるので安心して持ち帰れる

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「大春丸」。

釣れるサイズは、30㎝前後の良型が主流で、中にはガマガエルと呼ばれる超特大もまじり、トップで30〜40匹。平均で15匹近く釣れているのだ。
現在攻めているポイントは、行程10分程度の真沖。沿岸寄りの水深15〜25m前後で、砂地をメインに岩礁帯での反応も見ながら移動を繰り返している。
「基本的に空アワセを3〜5秒おきに入れるタイム釣りで釣れるけど、アタリを捉えて掛けて行くのも楽しいよ。釣った感がバッチリ味わえるからね」。
具体的には、エサのアオヤギを付けたカットウ仕掛けを海底付近でリフト&フォール。40〜50㎝ほど持ち上げたら、超スローで落とし込み、カットウが底へ着く間に出るアタリを捉えてアワセを入れる。つまり、エサを追わせて、アタリを出させ、掛けるワケだ。
「この釣りを覚えると、食い渋り時に役立つから」と話す、船長。
現状の潮色は濁り気味も、澄んでくればさらに活性があがるショウサイフグ。水深も10m前後まで浅くなるので、釣りやすく入門者でも楽しめますよ!

以上の記事は「つり丸」2015年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝オーバーの瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港の「吉明丸」。10月から11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
更新: 2019-10-20 07:00:00
伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-19 07:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00
東京湾のイシモチ釣りが好スタート!金沢八景「黒川丸」でもトップ50~60匹と数釣れる日が多く絶好調。イシモチ初体験の利水 翔ちゃんも、最初こそアオイソのエサ付けに大苦戦も、最後は平気でエサ付けしてバンバン釣ってました‼
更新: 2019-10-17 07:00:00
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-18 17:23:52
最新記事
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝オーバーの瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港の「吉明丸」。10月から11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
更新: 2019-10-20 07:00:00
【関東・山梨店舗限定】カワハギ大会in三崎港12月1日開催 参加者募集
更新: 2019-10-19 12:00:00
伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-19 07:00:00
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」が 2020年1月17日~19日に開催される。
更新: 2019-10-18 12:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読