MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

大原港「力漁丸」のオニカサゴが、好釣果継続中だ。取材日から一週間のトップの釣果をさかのぼってみると、5、9、8、7、6、5と好釣果で推移している。また、スソがゼロの日は、この一週間のうちで一日しかない。さらに、アベレージサイズは1㎏前後で、最大は2.1㎏だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

釣り方は、竿をゆっくり上げてゆっくり下げる誘いをするだけだ!

ポイントまでは航程80分ほど

「本命だよ!」と松永さんにヒット!

ダイワフィールドテスターの松永直己さんは良型オニカサゴを手にした!

当日は全員が本命をゲット!

煮付けや丸揚げでもおいしいね

上下に誘いをかける松永さん

イイダコエサに食った!

これも良型だ!

これは2kgオーバーの大型カンコ! カンコは定番ゲストだ!

宿で支給されるエサはサバの切り身。このほかいろいろなエサを持参して試そう! 左からサバ、アナゴ、サケ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「力漁丸」。

取材日は潮が緩かったため中井聡船長の表情を曇らせたが、それでもトップが5匹。続く4匹が二名で船中オデコなし。最大サイズは1.5㎏と申し分のない釣果が得られた。これに、おいしい良型カンコがまじるのだから、クーラーはズッシリだ。
「力漁丸」のオニカサゴ船は、航程80分程度の大原沖をメインに狙っている。また、その釣り方は、オモリが底を小突くタナにして、竿をゆっくり上げてゆっくり下げる誘いをするだけだ。まったく難しくはないので、オニカサゴ未経験者も、沖釣りビギナーも、かなりの高確率で超高級魚オニカサゴを手にすることができるのだ。
「大原沖にはオニカサゴのポイントがいっぱいあります。高級魚なんで、みんな釣りにきてください!」と話す、大原沖を熟知する中井船長からのメッセージだ。
熱い夏、大原沖のオニカサゴ釣りで、もっともっと熱くなろう!!

以上の記事は「つり丸」2015年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル