MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

大原港「力漁丸」のオニカサゴが、好釣果継続中だ。取材日から一週間のトップの釣果をさかのぼってみると、5、9、8、7、6、5と好釣果で推移している。また、スソがゼロの日は、この一週間のうちで一日しかない。さらに、アベレージサイズは1㎏前後で、最大は2.1㎏だ。

perm_media 《画像ギャラリー》釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)の画像をチェック! navigate_next

釣り方は、竿をゆっくり上げてゆっくり下げる誘いをするだけだ!

ポイントまでは航程80分ほど

「本命だよ!」と松永さんにヒット!

ダイワフィールドテスターの松永直己さんは良型オニカサゴを手にした!

当日は全員が本命をゲット!

煮付けや丸揚げでもおいしいね

上下に誘いをかける松永さん

イイダコエサに食った!

これも良型だ!

これは2kgオーバーの大型カンコ! カンコは定番ゲストだ!

宿で支給されるエサはサバの切り身。このほかいろいろなエサを持参して試そう! 左からサバ、アナゴ、サケ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「力漁丸」。

取材日は潮が緩かったため中井聡船長の表情を曇らせたが、それでもトップが5匹。続く4匹が二名で船中オデコなし。最大サイズは1.5㎏と申し分のない釣果が得られた。これに、おいしい良型カンコがまじるのだから、クーラーはズッシリだ。
「力漁丸」のオニカサゴ船は、航程80分程度の大原沖をメインに狙っている。また、その釣り方は、オモリが底を小突くタナにして、竿をゆっくり上げてゆっくり下げる誘いをするだけだ。まったく難しくはないので、オニカサゴ未経験者も、沖釣りビギナーも、かなりの高確率で超高級魚オニカサゴを手にすることができるのだ。
「大原沖にはオニカサゴのポイントがいっぱいあります。高級魚なんで、みんな釣りにきてください!」と話す、大原沖を熟知する中井船長からのメッセージだ。
熱い夏、大原沖のオニカサゴ釣りで、もっともっと熱くなろう!!

以上の記事は「つり丸」2015年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル