MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

釣れる魚なら何でも五目釣りのススメ! 臨機応変にターゲット変更

港内でもライトゲームが楽しめる

沖の出られなくても近場で十分楽しめる柏崎沖

サイズ申し分ないマダイゲットだ! 思わずにっこり

指5本のタチウオが来た

柏崎沖のタチウオはサイズがデカイ

少し小ぶりなマゴチゲットだ

高級魚のヒラメもヒット。この大きさなら煮付けでも美味しいね

アジは刺身でもフライでも美味しいね

幅広アジを釣り上げた。今夜はコイツをアテに一杯!

こちらも美味しいキジハタだ

クロソイも柏崎沖では定番だ

ウルメバルもダブルでヒット

とにかくさまざまな魚が生息する柏崎沖。キャストして広範囲を探ろう

激うまサワラキャッチ!

「ザ・スイッチバック」はコレ

タイラバもさまざまなものを持参しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ 金進丸」。

季節やときどきの状況に応じて臨機応変にターゲットを攻め分けていくのが同船の特徴。多岐にわたるゲーム展開が魅力だが、同時に釣り人には対応力の高さが求められる。
7月中旬の取材時は出船が危ぶまれるほどの悪天候。かろうじて海に出ることはできたものの、沖に出ることはできない。それでも港の出口付近でのタチウオゲームから始まり(マダイもまじった!)、底物狙いへと移行。途中でサビキを沈めてアジやメバルの数釣りを楽しむ人ありと百花繚乱。締めとばかりにサゴシを仕留めてストップフィッシングとなった。
悪条件のなかでも釣り人を楽しませるゲームプランを提供してくれるのが、「アシストクラブ」の真骨頂だ。
幅広く楽しむ気持ちがあるなら、「アシストクラブ」へ行くとよい。どんな状況でも満足させてくれる、はずだ。対応できるタックルを持参のうえ、大船にのった気持ちで楽しめばよい。
これから熱くなるのはひとつスッテやティップランで狙うアカイカ、シイラやヒラマサのキャスティングゲームなどが挙げられる。まずは電話で相談、が第一歩だ。

以上の記事は「つり丸」2013年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル