MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

グッドサイズのシイラが次から次へと釣れる、入れ食いモード突入

今回は「横浜サンスイ」のシイラメインのチャーター船に乗船させてもらった。当日、船上に最初に揚がった魚がこのオスのデコッパチシイラ! 背中に傷があるが、これは今回の傷ではない。ルアーはガッツリ口の中に入っていた

本命シイラが顔をだした

船縁まで寄せてもまだ暴れる!

この日はトップウォータープラグにも好反応!

こちらはメスのメーターオーバーだ

90cm~1mがアベレージサイズだった

少し小ぶりだけどサイズ問題なし!

このオスは108cm! さらに大型もヒットしたが…メーター20クラスは確認済みだ

魚影は濃いので、シイラビギナーも見事にキャッチ!

ベイトボールの下ではカツオやキメジ、そしてキハダがギラギラやっている!

カツオは3~4kgクラスの良型!

皮目の下には脂がたっぷり!

思わずにっこり笑顔になりました

シングルフックはリリースが素早く大変有効だった。フッキング率も問題なし!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「昇丸」。

取材は7月中旬。出船早々になんとカツオの巨大ミズモチに遭遇! いったい何千匹いるの? という規模だ。
残念ながらここではバラシに終わったものの、湾内にはもの凄い数のカツオの回遊を確認。今後このカツオたちが口を使いはじめれば、かなり楽しい状況になるのは間違いない!
次はブイやパヤオ周りで本命シイラ狙い。なんといきなり怒濤のイレグイタイムスタート! その秘密はチャミング。「昇丸」では予めお願いすればイワシのチャミングを用意してくれるのだ。
イワシを投げ入れると、シイラはパニック状態。グッドサイズのシイラが次から次へと釣れる釣れる!
少し移動すると、今度はベイトボール発見! カツオやキメジ、そしてキハダがイワシを持ち上げ海面下でギラギラやっている。無事にカツオとキメジをキャッチした。
7月でこんな状態なのだから、本誌が発売される8月以降はもっと凄いことになっているかもしれない。今後も相模湾から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2013年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル