相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。


グッドサイズのシイラが次から次へと釣れる、入れ食いモード突入

今回は「横浜サンスイ」のシイラメインのチャーター船に乗船させてもらった。当日、船上に最初に揚がった魚がこのオスのデコッパチシイラ! 背中に傷があるが、これは今回の傷ではない。ルアーはガッツリ口の中に入っていた

本命シイラが顔をだした

船縁まで寄せてもまだ暴れる!

この日はトップウォータープラグにも好反応!

こちらはメスのメーターオーバーだ

90cm~1mがアベレージサイズだった

少し小ぶりだけどサイズ問題なし!

このオスは108cm! さらに大型もヒットしたが…メーター20クラスは確認済みだ

魚影は濃いので、シイラビギナーも見事にキャッチ!

ベイトボールの下ではカツオやキメジ、そしてキハダがギラギラやっている!

カツオは3~4kgクラスの良型!

皮目の下には脂がたっぷり!

思わずにっこり笑顔になりました

シングルフックはリリースが素早く大変有効だった。フッキング率も問題なし!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「昇丸」。

取材は7月中旬。出船早々になんとカツオの巨大ミズモチに遭遇! いったい何千匹いるの? という規模だ。
残念ながらここではバラシに終わったものの、湾内にはもの凄い数のカツオの回遊を確認。今後このカツオたちが口を使いはじめれば、かなり楽しい状況になるのは間違いない!
次はブイやパヤオ周りで本命シイラ狙い。なんといきなり怒濤のイレグイタイムスタート! その秘密はチャミング。「昇丸」では予めお願いすればイワシのチャミングを用意してくれるのだ。
イワシを投げ入れると、シイラはパニック状態。グッドサイズのシイラが次から次へと釣れる釣れる!
少し移動すると、今度はベイトボール発見! カツオやキメジ、そしてキハダがイワシを持ち上げ海面下でギラギラやっている。無事にカツオとキメジをキャッチした。
7月でこんな状態なのだから、本誌が発売される8月以降はもっと凄いことになっているかもしれない。今後も相模湾から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2013年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

東京湾のマゴチが元気いっぱい! 連日トップ10本前後、サイズも60㎝オーバーが飛び出すなど絶好調だ。


シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセ釣りにおけるキハダ&カツオ釣りは、8月からスタートしている。今シーズンの解禁初日は、カツオの好釣で開幕した。2〜4㎏のサイズが主体で、トップで5〜10本を記録する船が多かった。その後も好釣果に沸く日が多く、クーラー満タン釣れすぎ早揚がりとなる日もあった。


食い活発な照りマゴチシーズン! 仕掛け&タナの取り方(だてまき丸)

食い活発な照りマゴチシーズン! 仕掛け&タナの取り方(だてまき丸)

3月ごろに開幕し今シーズンも好調に釣れ続いている東京湾のマゴチ。新子安恵比須橋の「だてまき丸」は、このマゴチを宿の看板とし一年の多くの時間をかけて狙い続けている。 ただ、「照りゴチ釣り」という言葉もある通り、マゴチは本来夏の釣り物とされてきた。今回も夏の釣り物の代表として「だてまき丸」のマゴチを取材した。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読