沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。


グッドサイズのシイラが次から次へと釣れる、入れ食いモード突入

今回は「横浜サンスイ」のシイラメインのチャーター船に乗船させてもらった。当日、船上に最初に揚がった魚がこのオスのデコッパチシイラ! 背中に傷があるが、これは今回の傷ではない。ルアーはガッツリ口の中に入っていた

本命シイラが顔をだした

船縁まで寄せてもまだ暴れる!

この日はトップウォータープラグにも好反応!

こちらはメスのメーターオーバーだ

90cm~1mがアベレージサイズだった

少し小ぶりだけどサイズ問題なし!

このオスは108cm! さらに大型もヒットしたが…メーター20クラスは確認済みだ

魚影は濃いので、シイラビギナーも見事にキャッチ!

ベイトボールの下ではカツオやキメジ、そしてキハダがギラギラやっている!

カツオは3~4kgクラスの良型!

皮目の下には脂がたっぷり!

思わずにっこり笑顔になりました

シングルフックはリリースが素早く大変有効だった。フッキング率も問題なし!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「昇丸」。

取材は7月中旬。出船早々になんとカツオの巨大ミズモチに遭遇! いったい何千匹いるの? という規模だ。
残念ながらここではバラシに終わったものの、湾内にはもの凄い数のカツオの回遊を確認。今後このカツオたちが口を使いはじめれば、かなり楽しい状況になるのは間違いない!
次はブイやパヤオ周りで本命シイラ狙い。なんといきなり怒濤のイレグイタイムスタート! その秘密はチャミング。「昇丸」では予めお願いすればイワシのチャミングを用意してくれるのだ。
イワシを投げ入れると、シイラはパニック状態。グッドサイズのシイラが次から次へと釣れる釣れる!
少し移動すると、今度はベイトボール発見! カツオやキメジ、そしてキハダがイワシを持ち上げ海面下でギラギラやっている。無事にカツオとキメジをキャッチした。
7月でこんな状態なのだから、本誌が発売される8月以降はもっと凄いことになっているかもしれない。今後も相模湾から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2013年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

アオリイカ釣りは、道具がシンプルで釣り方も簡単。ビギナーや女性でも手軽に楽しめる。シンプルなだけに極めれば奥深く、毎週のように通い詰めるベテランも多い。この釣りは、餌木の選択と正確なタナ取り。そして、一にも二にもシャクリである。


テクニカルな釣りで強烈な引きが楽しい剣崎沖のイシダイ五目(育丸)

テクニカルな釣りで強烈な引きが楽しい剣崎沖のイシダイ五目(育丸)

剣崎沖のイシダイ五目釣りが始まった。この釣りを金看板に掲げる剣崎間口港の「育丸」では、11月に入って本格的に狙い始め、いい日にはトップ10匹以上、全員坊主なしと好釣果を連発中だ。


身厚超美味を堪能するなら今がチャンス! ヤリイカ仕掛け(一之瀬丸)

身厚超美味を堪能するなら今がチャンス! ヤリイカ仕掛け(一之瀬丸)

オススメの竿は、長さ1.6〜1.8mのヤリイカ専用竿となる。リールは軽量の小型電動。ダイワなら300番クラス、シマノなら1000番クラスが軽量で扱いやすいだろう。仕掛けは、11㎝プラヅノのブランコ仕掛けが標準。赤白の糸巻きスッテは案外よく乗るので、それが入った仕掛けを選ぶ、または入れることは大変有効だ。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読