沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ひとつスッテ釣法の聖地、越前沖ケンサキイカ(ディープオーシャン)

ひとつスッテ釣法の聖地、越前沖ケンサキイカ(ディープオーシャン)

今年も日本海にケンサキイカがやってきた! 不漁だった昨年だが、今期は当たり年の気配。山陰エリアではすでに好漁の報が届いている。本場、福井越前沖はもちろん、金沢沖、上越〜中越沖でも釣れ始めた。今シーズン、最新釣法であり最高に楽しいひとつスッテ(イカメタル)釣法でケンサキイカを攻略しよう!!


数を伸ばすのはテクニック次第。魅せてケンサキイカを乗せよう!

越前岬沖が今期のケンサキイカのポイント。カカリ釣りだ

使用するメタルスッテのサイズによりロッドを選択する。これはジークラック「DOROBOU STICK/H」。繊細なアタリを捉えるには、タックルも専用のものを使うことが望ましい

「長野から通ってます! この釣りにドハマリ中です」とイカメタル中毒者続出中だ

シャクってシャクリ続ける

良型まじりで数釣り可能! シーズンは始まったばかり!

「反応周辺を探るとよく乗りますよ!」とのこと

誘いが大切ですね。コツを掴んだらよく乗るようになりました

一荷乗りもアリ!

10月までロングランを期待!

今期はPE0.4号、カウンター付きハイギアベイトリール、高感度ロッドが主流!

この業界を牽引するルアーメーカー「ジークラック」「クレイジーオーシャン」の最新メタルスッテがコレだ

浜野船長はPEラインは0.4号を推奨。現場では0.6号以下が適合する

今回、取材にご協力いただいたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」。

ひとつスッテ釣法(イカメタル)はいまや全国区。北陸・西日本をメインに大人気だ。メインターゲットは、ケンサキイカ。アカイカとかマイカ、シロイカなどと呼ばれ、関東ではマルイカという名で親しまれている。
この最新釣法を遊漁船に取り入れ普及させたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長である。そんな彼にアカイカの今期の状況を聞くと、

「現在、越前沖で絶好調です。ピンポイントですが、そこにイカがたまりやすいのでしょうね。イカの釣果情報は出してませんが、実は半夜で100杯超えもあります」

小型から大型までサイズはさまざまだが、半夜でトップ20〜30杯も釣れば十分である高級イカ、それがここ越前沖の連日の釣況という。

「今期は、ボトム攻略が基本です。ミドルレンジを狙うとスルメが乗ってきてしまいます。あと、探見丸を見ながら反応周辺のレンジを集中的に攻めるとよいですね。とにかく、この釣りは攻めが大事。釣っている人の動作を参考にして個人のスキルをあげてください!」とのこと。

そして、このゲームのタックルは常に進化している。今期は、ズバリ! 道糸はPE0.4号という。カウンター付きの小型ベイトリールがベストマッチ。
さあこの機会に、やったらハマル究極のLTで楽しむ繊細なひとつスッテゲームにチャレンジしてはいかが!

以上の記事は「つり丸」2015年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

「テレビゲームをしている感覚で操船してます」というのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長。彼はタテ釣り、関東では食わせサビキ釣りとよばれている釣り方で、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、マダイ、キジハタなど、マッチ・ザ・ベイトのイワシやアジで釣れるものすべてがターゲットである五目釣りを楽しませてくれる。


関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

メタルスッテの条件はタナの水深が100m以浅であること。できれば、タナは浅いほどよい。軽いメタルスッテ、極細PE使用のライトタックルだからだ。さらにいうと西日本のデータからは、ケンサキイカにはかなり有効な釣法であることが分かっている。


夜はメタルスッテ&昼はタイラバを釣る! (ディープオーシャン)

夜はメタルスッテ&昼はタイラバを釣る! (ディープオーシャン)

メタルスッテ釣法(ひとつスッテ)発祥の海、福井県越前沖でケンサキイカシーズンが開幕中だ。「今期のケンサキイカの沸き具合は例年どおり」と話すのは、茱崎港「ディープオーシャン」浜野秀夫船長。


アジ釣りと同船で楽しむイカメタル「ケンサキイカ」(第二八坂丸)

アジ釣りと同船で楽しむイカメタル「ケンサキイカ」(第二八坂丸)

イカメタルゲームは福井や金沢だけではない。ケンサキイカは新潟県内でも今年 は順調に釣れている。


発祥の地で釣る! イカメタルゲームの釣り方(ディープオーシャン)

発祥の地で釣る! イカメタルゲームの釣り方(ディープオーシャン)

沖釣りのイカメタルゲームを普及させた張本人が福井茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長だ。各メーカーの製品開発者たちが足繁くこの船宿に通い、多くのメタルスッテや専用ロッドが生み出された。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読