MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつスッテ釣法の聖地、越前沖ケンサキイカ(ディープオーシャン)

ひとつスッテ釣法の聖地、越前沖ケンサキイカ(ディープオーシャン)

今年も日本海にケンサキイカがやってきた! 不漁だった昨年だが、今期は当たり年の気配。山陰エリアではすでに好漁の報が届いている。本場、福井越前沖はもちろん、金沢沖、上越〜中越沖でも釣れ始めた。今シーズン、最新釣法であり最高に楽しいひとつスッテ(イカメタル)釣法でケンサキイカを攻略しよう!!

数を伸ばすのはテクニック次第。魅せてケンサキイカを乗せよう!

越前岬沖が今期のケンサキイカのポイント。カカリ釣りだ

使用するメタルスッテのサイズによりロッドを選択する。これはジークラック「DOROBOU STICK/H」。繊細なアタリを捉えるには、タックルも専用のものを使うことが望ましい

「長野から通ってます! この釣りにドハマリ中です」とイカメタル中毒者続出中だ

シャクってシャクリ続ける

良型まじりで数釣り可能! シーズンは始まったばかり!

「反応周辺を探るとよく乗りますよ!」とのこと

誘いが大切ですね。コツを掴んだらよく乗るようになりました

一荷乗りもアリ!

10月までロングランを期待!

今期はPE0.4号、カウンター付きハイギアベイトリール、高感度ロッドが主流!

この業界を牽引するルアーメーカー「ジークラック」「クレイジーオーシャン」の最新メタルスッテがコレだ

浜野船長はPEラインは0.4号を推奨。現場では0.6号以下が適合する

今回、取材にご協力いただいたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」。

ひとつスッテ釣法(イカメタル)はいまや全国区。北陸・西日本をメインに大人気だ。メインターゲットは、ケンサキイカ。アカイカとかマイカ、シロイカなどと呼ばれ、関東ではマルイカという名で親しまれている。
この最新釣法を遊漁船に取り入れ普及させたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長である。そんな彼にアカイカの今期の状況を聞くと、

「現在、越前沖で絶好調です。ピンポイントですが、そこにイカがたまりやすいのでしょうね。イカの釣果情報は出してませんが、実は半夜で100杯超えもあります」

小型から大型までサイズはさまざまだが、半夜でトップ20〜30杯も釣れば十分である高級イカ、それがここ越前沖の連日の釣況という。

「今期は、ボトム攻略が基本です。ミドルレンジを狙うとスルメが乗ってきてしまいます。あと、探見丸を見ながら反応周辺のレンジを集中的に攻めるとよいですね。とにかく、この釣りは攻めが大事。釣っている人の動作を参考にして個人のスキルをあげてください!」とのこと。

そして、このゲームのタックルは常に進化している。今期は、ズバリ! 道糸はPE0.4号という。カウンター付きの小型ベイトリールがベストマッチ。
さあこの機会に、やったらハマル究極のLTで楽しむ繊細なひとつスッテゲームにチャレンジしてはいかが!

以上の記事は「つり丸」2015年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読