ズバリ激アツ! 夜スルメイカ、シーズン開幕【岩手県・大船渡市湾】

ズバリ激アツ! 夜スルメイカ、シーズン開幕【岩手県・大船渡市湾】

岩手の夏の風物詩、夜スルメイカが開幕した。イカの好漁場、三陸沖を目前にする岩手県では、イカは地元密着の超人気釣り物。初夏にスルメイカが接岸するようになると、陸からエギングやエサ巻きスッテの浮き釣りが盛んに行われるほど。もちろん、夕方に出船する沖釣りも大人気だ。


夜スルメイカは乗り始めれば爆釣確実!

北の夏の夜釣りの人気筆頭スルメイカ。

日がどっぷりと暮れたころから、活性が上がった。

今回の取材に協力していただいた岩手・崎浜港「荒神丸」。昼はイワシの泳がせやカレイ釣りを楽しませてくれる。

崎浜港は県内でもとびきり遊漁船が多い港。とくにイカ釣りは盛んで、イカ最前線の漁港として知られている。
ポイントは港から出てすぐの越喜来湾。湾口部の水深100m前後のポイントにアンカーを打って、カカリ釣りでスルメイカを狙う。

多彩なアプローチが出来るのも夜スルメイカ釣りの魅力

夜スルメイカの釣り方は、幅広い選択肢がある。ブランコ、直ブラ、直結、ひとつスッテなど
釣り方はなんでもОKだ。

激釣! とはいかずも、それなりの釣果を上げる

関連する投稿


夜はひとつスッテでケンサキイカ、昼はヒラメ狙いだ【福井県越前沖】

夜はひとつスッテでケンサキイカ、昼はヒラメ狙いだ【福井県越前沖】

すごしやすい秋を迎え、日本海がヒートアップしてきた。ひとつスッテでケンサキイカ、タテ釣りでヒラメをターゲットに、夜も昼も大盛り上がりなのだ。


納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

最新釣法・ひとつスッテ、ビギナーOKなブランコ仕掛け、数釣り重視玄人好みの 直結仕掛けの手釣り、様々なアプローチが出来るのも魅力な夜スルメイカ釣り。 沢山釣れるし、飽きのこない美味しさだし、いいことばかりです。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング