MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。

perm_media 《画像ギャラリー》大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)の画像をチェック! navigate_next

浅場メインだが深場もあり。両方を想定してタチウオを攻略しよう

7月下旬現在のポイントは大貫沖の水深20〜40m前後。エサ釣りを含め、多くのタチウオ船が集結した

水深が浅いので、広範囲に探れるスピニングタックル&ワームもぜひ持参しよう

本命BIGタチウオゲットだぜ!

取材日はタチウオの活性が低く、アベレージは指3本で、数もあまり伸びなかった。しかし取材後は復活し、メーターオーバーもヒット中! 数もトップ30本近くも記録されるなど好調だ

抜き上げ時は十分に気をつけよう。ロッドで抜く場合は、ロッドの破損とフック外れに要注意。フックが外れると金属の塊であるジグが自分や周囲の人などに向かって飛んで来ることがある。大変危険だ

この大きさがアベレージ!

その日、その時の活性を見極め、シャクリのパターンをいろいろ試そう

下処理がカンタンで、抜群の食味のタチウオ。刺身、塩焼き、ムニエル、フライなど、楽しみは尽きない!

これが東京湾の激うまタチウオだ!

フックを外す際は必ずプライヤーを使おう

アタリが遠い場合はジグのカラーや形状もいろいろ変えて試してみよう

取材日はピンクが入ったジグにアタリが多かった

ただ重くなかなか上がって来ないのはエイであることが多い。船長にギャフを掛けてもらい、ジグを回収する。その際、尾の棘に刺されないようくれぐれも注意しよう

ジギングはフォールのアタリを取りやすいベイトタックルが有利

ジグは80〜150gを用意しよう。プライヤーは必需品だ

水深の浅いポイントを攻めることが多い夏場は、ジギング用のベイトタックルの他にワーム用のスピニングタックルもぜひ持参したい

ワーム用スピニングタックル

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

取材日はタチウオの活性がちょっと低め…。しかし、そこをどう攻略するかが釣り人のウデの見せどころであり、このタチウオルアーゲームのおもしろさ。ジグがダメならワーム、ワームがダメならまたジグといったように、アングラーたちはテクニックを駆使して次々とヒットさせていく。
残念ながら大型の顔は見られなかったが、大型がいないわけではない。指5〜6本以上の可能性も十分にある。リーダーや先糸、そしてPEラインのチェックはマメに行い、少しでも傷があったらすぐに交換しよう。
「魚はいますので、今後状況が安定してくれば期待できますよ」と話す、「太田屋」佐野一也船長。佐野船長は「反応は底付近。いま一本揚がりました。ピンク系のジグでヒットしましたよ」「速めのアクションがいいようですよ」などと、随時アナウンスでアドバイスしてくれる。これなら初心者も安心して楽しめるだろう。
今年の夏もかなり暑くなりそう。熱中症対策を万全にして楽しもう!

東京湾ルアータチウオタックル。スピニング&ワームもぜひ持参を

ベストシーズンを迎えた東京湾の夏タチウオ。7月下旬現在、大貫沖の浅場を中心に釣れているようだが、台風などシケなどの影響もありまだ状況は安定しない様子だ。
したがってジグは、浅場の80〜100gをメインに、深場を攻めることも想定して150gまで用意しておこう。
カラーによって釣果に偏りが出ることもあるタチウオ。ピンク系(オールピンク、ピンクゴールドなど)とパープル系(オールパープル、パープルピンク、パープルゴールドなど)、そして赤金(オレンジゴールド)の御三家は鉄板中の鉄板。それに加えて、シルバー系(イワシ、ブルーピンク、ピンクシルバー、パープルシルバーなど)もある安心だ。
また、ジグの他に、ワームやワインドもあるとより攻略の幅が広がる。当日も、ジグに食い渋った時間帯はワームでポツポツと拾えることもあった。
夏場にメインポイントとなる浅場の水深はおおむね10〜40mほど。タチウオの反応にダイレクトに船を乗せる場合は、真下にルアーを落として探ると効率がよい。そして、浅場ではその方法の他に、より広範囲に探るために大きく船を流して釣る場合もある。
そんなときは、ルアーを少し前方にキャストして斜めにルアーを引くようにし、できるだけ広く探ると効果的。
また、このような攻め方をする場合は、よりキャストしやすいスピニングタックル&ワームも有効だ。
いずれにせよ、ひとつの釣り方にこだわらず、よくヒットさせている同船者の釣れ具合なども参考に、あらゆる手段を投入して攻略してみよう。

以上の記事は「つり丸」2015年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル