MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

まずはサビキでエサのアジやサバを釣って大ビラメや青物を狙おう

ポイントは港近くの伊東沖中心

まずは、サビキでエサにするアジやサバを釣る。このアジがデカくて旨い

このサイズのアジに食ってくるヒラメや青物だから…

大ビラメや大型青物の可能性アリ。やり取りは慎重に

ヒットしたら最後はネットで慎重に捕獲しよう

ターゲットは大ビラメやブリ、そのほかフィッシュイーター全般。泳がせは何が食うかわからない!

この日は2~3㎏級だったが、5~8㎏クラスも期待十分

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「村正丸」。

サビキでアジ、サバを釣り、それをエサにヒラメや青物を狙うのだが、例年5~8㎏級の大ビラメやブリが上がっている。
目下のサビキ釣りでのターゲットは22~27㎝程の中アジ。丸々太ったアジだけにもったいない気もするし(実際ここのアジは旨い)、青物はともかくヒラメには少々デカイようにも思うが、全く問題なく食って来る。
「本当はサバがエサには一番いいんだけどねー」と話す、村上大輔船長。
そのサバが今年はあまり釣れず、アジエサのせいかヒラメのサイズはイマイチとのことだが、それでも釣れ上がるのは2~3㎏級以上で、僚船では8㎏オーバーのブリも上がっているという。
「今年は遅れ気味」という潮が例年通りの夏潮になれば、ジンタアジや小サバが湾内に湧き、それを追ってヒラメや青物も回遊して来る。釣果はより一層上がると思われ、今後が益々楽しみだ。

以上の記事は「つり丸」2015年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル