MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)の画像をチェック! navigate_next

超浅場だからアタリが明確、引きも強い! いろんな魚を釣ろう!

ポイントまでは航程30分ほど。水深は10m未満

釣り場の水深が浅いので引きも楽しめる

良型のムラソイを手にした!

丸々していて美味しそうだ

何が掛かったかな〜?

こちらは30㎝を超えるジャンボメバル

3匹いる!

アイナメは定番ゲスト

カサゴも釣れる!

ヒラメのヒットもある!

これは強烈な引きだ!

なんと! 釣れたのはヒラマサだった

マゴチもまざる

「大貫丸」の仕掛けは胴付き2本バリ。エサは冷凍のイワシとコウナゴ

下アゴから上アゴに抜くようにハリを刺す

早アワセは禁物! アワセが早いと、このとおり

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「大貫丸」。

浅い水深で根回りを狙うこの釣りは、根掛かり多く、アタっても根に入られやすい。だから、つねに気を抜けず、集中力と攻めの姿勢が要求される。
そして多彩なゲストがまじるのも魅力だ。ムラソイをはじめ、メバルやカサゴ、アイナメ、ヒラメ、マゴチなど嬉しい高級魚揃い。
前述したように岩礁地帯を狙うこの釣りには根掛かりが付きもの。恐れないで海底をイメージしながら、積極的に底ダチを取ることが釣果につながる。
7月中旬の取材当日の水温は18度だった。これから水温が23〜24度になると潮が澄んで魚たちの活性も上がる見込みだ。トップシーズンともなれば、浅瀬でエサを食う瞬間を見ながら釣ることもできるという。
ムラソイは食のほうも魅力だ。「大貫丸」の大貫茂雄船長のおすすめは何と言ってもお刺身。「4〜5日寝かすとうま味が凝縮して最高だよ」と船長。
日立久慈沖の「ムラソイ五目」を是非一度楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2015年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル