MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。

超浅場だからアタリが明確、引きも強い! いろんな魚を釣ろう!

ポイントまでは航程30分ほど。水深は10m未満

釣り場の水深が浅いので引きも楽しめる

良型のムラソイを手にした!

丸々していて美味しそうだ

何が掛かったかな〜?

こちらは30㎝を超えるジャンボメバル

3匹いる!

アイナメは定番ゲスト

カサゴも釣れる!

ヒラメのヒットもある!

これは強烈な引きだ!

なんと! 釣れたのはヒラマサだった

マゴチもまざる

「大貫丸」の仕掛けは胴付き2本バリ。エサは冷凍のイワシとコウナゴ

下アゴから上アゴに抜くようにハリを刺す

早アワセは禁物! アワセが早いと、このとおり

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「大貫丸」。

浅い水深で根回りを狙うこの釣りは、根掛かり多く、アタっても根に入られやすい。だから、つねに気を抜けず、集中力と攻めの姿勢が要求される。
そして多彩なゲストがまじるのも魅力だ。ムラソイをはじめ、メバルやカサゴ、アイナメ、ヒラメ、マゴチなど嬉しい高級魚揃い。
前述したように岩礁地帯を狙うこの釣りには根掛かりが付きもの。恐れないで海底をイメージしながら、積極的に底ダチを取ることが釣果につながる。
7月中旬の取材当日の水温は18度だった。これから水温が23〜24度になると潮が澄んで魚たちの活性も上がる見込みだ。トップシーズンともなれば、浅瀬でエサを食う瞬間を見ながら釣ることもできるという。
ムラソイは食のほうも魅力だ。「大貫丸」の大貫茂雄船長のおすすめは何と言ってもお刺身。「4〜5日寝かすとうま味が凝縮して最高だよ」と船長。
日立久慈沖の「ムラソイ五目」を是非一度楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2015年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
東伊豆・稲取沖のアカムツは1.5㎏がアベレージ! 狙いは金看板「稲取サイズ」!アカムツ好釣の「安貞丸」で出船だ!
小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目釣り!大アジは堅調でダブル、トリプル!マダイは一瞬のチャンスに!イシナギは超弩級もヒット中!
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!
アフターコロナのある日、釣り好き女子三人が金沢八景「忠彦丸」でLTアジ釣り女子会を開催!感染防止、船上のマナーについて話を聞いた。
最新記事
東伊豆・稲取沖のアカムツは1.5㎏がアベレージ! 狙いは金看板「稲取サイズ」!アカムツ好釣の「安貞丸」で出船だ!
これは使える!エサと餌木を合体させる便利アイテム「特選タコエギ爆ノリアシスト」
夏の東京湾で人気のマダコ釣りが開幕!小柴港の「三喜丸」では今年も好調なスタート!トップ20杯に達する釣果もあるようだ。
小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目釣り!大アジは堅調でダブル、トリプル!マダイは一瞬のチャンスに!イシナギは超弩級もヒット中!
泳がせ、キハダのマストアイテム電動リールがさらにパワーアップ 「フォースマスター6000」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読