MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。

超浅場だからアタリが明確、引きも強い! いろんな魚を釣ろう!

ポイントまでは航程30分ほど。水深は10m未満

釣り場の水深が浅いので引きも楽しめる

良型のムラソイを手にした!

丸々していて美味しそうだ

何が掛かったかな〜?

こちらは30㎝を超えるジャンボメバル

3匹いる!

アイナメは定番ゲスト

カサゴも釣れる!

ヒラメのヒットもある!

これは強烈な引きだ!

なんと! 釣れたのはヒラマサだった

マゴチもまざる

「大貫丸」の仕掛けは胴付き2本バリ。エサは冷凍のイワシとコウナゴ

下アゴから上アゴに抜くようにハリを刺す

早アワセは禁物! アワセが早いと、このとおり

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「大貫丸」。

浅い水深で根回りを狙うこの釣りは、根掛かり多く、アタっても根に入られやすい。だから、つねに気を抜けず、集中力と攻めの姿勢が要求される。
そして多彩なゲストがまじるのも魅力だ。ムラソイをはじめ、メバルやカサゴ、アイナメ、ヒラメ、マゴチなど嬉しい高級魚揃い。
前述したように岩礁地帯を狙うこの釣りには根掛かりが付きもの。恐れないで海底をイメージしながら、積極的に底ダチを取ることが釣果につながる。
7月中旬の取材当日の水温は18度だった。これから水温が23〜24度になると潮が澄んで魚たちの活性も上がる見込みだ。トップシーズンともなれば、浅瀬でエサを食う瞬間を見ながら釣ることもできるという。
ムラソイは食のほうも魅力だ。「大貫丸」の大貫茂雄船長のおすすめは何と言ってもお刺身。「4〜5日寝かすとうま味が凝縮して最高だよ」と船長。
日立久慈沖の「ムラソイ五目」を是非一度楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2015年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
最新記事
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
東京湾のタイラバゲームが活況だ。取材日は湾口一帯の水深40~50mの各ポイントが主戦場!トップは11枚。最大は3.3㎏。近年の基本タックル&ヒットタイラバを紹介!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読