MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
金田湾のボート釣りをファミリーでお手軽に楽しもう!(浜千鳥)

金田湾のボート釣りをファミリーでお手軽に楽しもう!(浜千鳥)

三浦半島の金田湾はボート釣りがさかんな場所で、春から秋まで様々な魚が釣れることで知られる。気軽にボート釣り、というと釣果はそれなりの感じがしてしまうが、決してそんなことはない。釣り船に乗船するよりも大漁のことも珍しくない。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

引き船で沖のポイントへ楽々GO! 初心者からベテランまで数釣り

沖のポイントへも引き船で楽々!

飯島店主の息子、飯島敏幸さんがポイントまで引き船してくれるので安心、楽々だ。「イケス周りでなんでも狙えますよ。今年はかなり魚影が濃いです」と敏幸さん

金田湾の沖のイケスはカツオ漁船がエサの買い付けに来る

この周辺にはおこぼれを頂戴しに大型船が集まる

「開始してスグに連続してアタりました。大型に竿を持っていかれちゃいました」。いま、金田湾ではヒラメ、マゴチラッシュに沸いていて、誰でもボートで高級魚を狙える

この日はシケ後で食いが渋いと予想されたが、潮変わりの前後にバタバタ食った

いわゆるソゲ級主体だが、時折キロオーバーも出るという

シロギスもイケス周りで食っている。良型まじりで数釣り可能だ

シロギス狙いでは25cmオーバーのジャンボキスも

イワシに食いついてきたホウボウ

この時期、良型のアナゴが多い。この後、しっかりと大型マゴチを釣りました

後半50cmオーバーのマゴチもキャッチ

風がないので、ごくゆっくりのスピードで漕ぎながら流したら、ホウボウとヒラメが立て続けにヒット

飯島店主の弟さんが船外機で2時間ほど流していた釣果がコレ。60cmオーバーのマゴチにヒラメが20枚!広範囲を探るのがコツだという

生きイワシは700円で購入できる

イワシは弱りやすいので、網のふた付きバケツがあると便利。水中に入れておけば元気いっぱいだ

ハリは下アゴから上アゴに抜く

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金田湾「浜千鳥」。

東京近郊のボート釣りのメッカ、三浦半島・金田湾。この夏シーズンはヒラメ、マゴチのラッシュに沸いている。
「去年からこの時期はよく釣れていますよ。イワシの泳がせ釣りですが、誰でもチャンスありますよ。シロギスも専門に狙って90匹以上の釣果もあります」と、「浜千鳥」の飯島尚武店主は話す。
ホームページを見ると、連日景気のいい写真が並ぶ。金田湾は沖にカツオ漁船がエサのカタクチイワシを購入しに来るイケスが多く並び、その周辺にはヒラメ、マゴチが多く集まる。そのカタクチイワシをエサに狙うのだ。
「ポイントまでは少し遠いですが、平日、土日とも沖まで引き船しますから大丈夫ですよ。相当魚影が濃いと思いますが、アタリがあった場所を覚えておくといいですよ」と話す、息子の飯島敏幸さん。ファミリーからベテランまで、いまおすすめのスポットだ。

ボート仕掛けをご紹介。アタリが多くあったポイントは覚えておく

ひとりで行くならタックルは2、3セット用意を。2人で乗船する場合は、ひとり2タックルまでが基本。タックルはシロギス釣り用が基本となる。泳がせ釣りもシロギス用が流用できるが、できたらこちらは少し長めのものがいいだろう。仕掛けはシロギス用は多めに持参しよう。
現在、ヒラメ&マゴチが絶好調だ。この機会にぜひ狙ってみたいターゲットだ。エサは生きたカタクチイワシで、受け付けのときに購入手続きをすれば、沖で配布してくれる。エサ代は700円。
「沖のイケス周りにヒラメとマゴチが集まっています。今年は特に多く、アタリが集中しています。誰でも楽しめますよ」
タックルは2m前後のLTロッドがおすすめ。仕掛けはテンビン式、胴付き式どちらでもいい。
泳がせ釣りをする場合は、イワシを生かしておくためのものが必需品だが、網のフタ付きバケツが使いやすくおすすめだ。また、タモは絶対に忘れずに。

流し釣りで広く探る! タナを何度も取り直しながらアタリを待とう

乗船してポイントまで引っ張っていってもらったらいよいよ実釣だ。
「風がないときはアンカーを入れずに流したほうがいいですよ。同じ場所にずっといても釣れません」と話す、飯島さん。
無風状態でアンカーをしっかりと効かせてしまうと、ボートは固定してしまう。すると、いつも同じ場所ばかりを狙うことになり、初めは釣れいても次第に釣れなくなる。固定して釣る場合は、キャストして幅広く探る必要がある。
風があるときは、ボートが流れすぎてしまうのでアンカーを入れて安定させる。このとき、ロープを長く出すと船は固定しやすくなり、短く垂直になると流れやすくなる。ゆっくり流れるくらいに調整してロープを縛ろう。
流して釣る場合は、移動しているので、周りの状況を見ながらどれぐらい移動しているか把握しておこう。周辺はイケスが多く、ロープが出ているので絡まないように注意しよう。
アタリが多くあったポイントは覚えておき、その周辺まで戻って釣ってみよう。これがアタリをたくさん出すコツだ。
釣り方は、流して広い範囲を探る。エサが海底から50㎝ぐらいのところにくるようにタナを取り直しながらアタリを待つ。カタクチイワシの場合、一気に持っていかれるアタリが多いので、尻手ロープを付けておかないと海中に引きずり込まれる。
広く流したほうがアタリは多いが、アタリがあった場所は集中的に流すといいだろう。潮が流れず風もないようなときは、ごくゆっくりの速度でボートを漕ぎながら釣るのもアタリが多く出る。
強い食い込みがあったらしっかりとアワせてフッキングさせよう。水深は浅く、エキサイティングな引きを楽しめる。
いずれの魚も気温や水温が高く痛みやすいので、釣ったらすぐにクーラーボックスの中へ。

以上の記事は「つり丸」2016年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル