カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


今季ヒラマサ&マダイ乗っ込みも大型揃いでダブルで楽しめるぞ!

強烈な引き!大型ヒラマサもいるので油断はできない

この日は戦中2本だったが、船中2ケタ釣果もあるぞ!

今回の本命ヒラマサゲットだ!

マダイも大型のチャンスだ

エサはイカの沖漬け…ヒラマサが飲兵衛ならいいが

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・浜行川港「作栄丸」。

取材に伺ったのは5月26日の土曜日。3日前の23日には8人で11本のヒラマサが上がっている。ハリス切れなどのバラシも数回あったようだ。勝浦沖の春ヒラマサといえば、以前は比較的小ぶりが多かったが、潮流の変化のせいか近年は秋の最盛期のような大型も釣れている。
出船前には渡辺弘一船長が初心者へカモシ釣りのレクチャーをする姿が見られた。この日は6人、潮が速いとのことで定員8名のところをあえて人数を抑えての出船となった。オモリは150号を使うとのこと、持ってない人には船のオモリが配られた。
カモシ釣りのポイントは行川沖から勝浦沖、御宿沖と広範囲に渡るが、いま釣れているのは御宿沖で三本松と呼ばれる場所。広大な瀬に多くの根が点在し、大型ヒラマサやマダイが居着く、カモシ釣りの代表的なポイントだ。
指示ダナは海面から25ヒロ。カモシ釣りではハリスの長さ、太さでヒラマサとマダイを狙い分けるが、朝はみなヒラマサ狙い。私も8号4ヒロの仕掛けにイカエサで開始だ。
ヒラマサ狙いにはイカエサが良いが、前日に釣具屋に行ったところ冷凍イカは売り切れ。仕方ないので冷凍庫に眠っていたムギイカの沖漬けを持ち込んだ。もちろん自分のために作った酒の肴だ。生イカよりも断然旨い自負はある。ヒラマサもきっと気にいってくれるだろう。

カモシ釣り仕掛けを紹介。仕掛けを切り替えるには船上で結び直す

釣り始めると渡辺弘一船長が言っていた通り、いやそれ以上に潮が速い。今年一番の激流だそうだ。真潮が流れるのはヒラマサにとって好条件だが、これだけ速いと船はすぐにポイントを外れてしまう。船長はまめに潮まわりを繰り返すが、仕掛けを下ろしている時間と潮まわりの時間がほぼ同じと効率が悪い。
しかし、そんな悪条件でも常連さんはヒットさせた。竿をひん曲げる強烈な引きはヒラマサならでは。やり取りの末、タモに収まったのは5㎏のヒラマサだった。
3日前には11本のヒラマサが上がったが、今日はアタリは少ない。エサの沖漬けにはでかいサバばかりが食ってくる。ヒラマサよりもサバに好かれてしまったか?
時間も少なくなってきたのでハリスを伸ばしてマダイ狙いに切り変えようか、と思っていたところ穂先にバタバタしたアタリが出た。食ったか? と思う間もなくズドン! と竿先が海面に突っ込んだ。
キーパーから外し、竿を起こすと強烈な突っ込みで竿が伸された。ドラグからは糸がずるずると出ていく。魚の疾走が止まったら竿を立てて魚の頭をこちらに向け、リールをガンガン巻いて寄せる。魚が反転したら竿の弾力とナイロンの伸びで疾走を耐える。
楽しい! 興奮して脳内にはアドレナリンが駆け巡っているだろう、ヒラマサ釣りがやめられないのはこの強烈な引きにある。
テンビンが見えてきた、オモリを取ろうとすると、隣から「もっと巻いて!」の声。そうだった、カモシ釣りでは竿先までテンビンを巻いて、ヒラマサが走ったときにハリスを離せるようにするのだった、忘れていた。
ハリスを手にした。銀色に輝く魚体が水中に見えた。しかしここからが油断できないところ、船影に怯えたヒラマサは最後の全力疾走を試みる。指先をドラグにして糸を出し入れしながら、じわじわと魚が弱るのを待つ。魚が横向きになったところがチャンス、円を描くようにタモに誘導する。大型のタモに魚が滑り込んだ。
ほっとして体から力が抜けた。ドサリ! とタモから落ちたのは5.4㎏のヒラマサだった。この一本で大満足! 笑顔で船長にガッツポーズを送った。
その後、常連さんが4.5‌㎏のマダイを釣り上げる。バラシもあり、この日に上がったヒラマサは2本のみだったが、潮が最悪の日だっただけに仕方ない。翌日は潮が直り釣果復活、13回ヒットで9本のヒラマサが上がり、最大は8.4㎏の大型だった。
今年のカモシ釣りは好調なスタートを切ったようだ。
6月になれば乗っ込みの大ダイも好機に入り、ヒラマサとの両狙いが楽しめる。
カモシ釣りは大物狙いの釣りだが、未体験の人でも大丈夫。大型のチャンスも十分ある。まずは貸し道具でチャレンジしてみては。

以上の記事は「つり丸」2018年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

関東でいち早く解禁し、開幕ラッシュを決めた飯岡沖のヒラメが、3ヵ月が経とうとしている現在も好調をキープ! ほぼ船中ボウズなしで帰港する日が続いている。


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや丸)

脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや丸)

東京湾のLTアジはここ最近、不調という話を聞かない。水温が低下する2~3月でさえ浅場で食いが続き、いまや年中絶好調な釣りと言えるだろう。LTといえどもサイズが良く、脂の乗りはバッチリで、最も人気の高い釣りと言っても過言ではないだろう。


中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

秋のマダイ釣りは、中小型の数釣りが楽しめるシーズン。外房・大原沖のひとつテンヤマダイも8月に入ると水深10〜20mの浅場で中小型主体に数釣れる日が多くなっている。そして、それに大ダイ、中ダイがまじっているのだ。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読