MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。

今季ヒラマサ&マダイ乗っ込みも大型揃いでダブルで楽しめるぞ!

強烈な引き!大型ヒラマサもいるので油断はできない

この日は戦中2本だったが、船中2ケタ釣果もあるぞ!

今回の本命ヒラマサゲットだ!

マダイも大型のチャンスだ

エサはイカの沖漬け…ヒラマサが飲兵衛ならいいが

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・浜行川港「作栄丸」。

取材に伺ったのは5月26日の土曜日。3日前の23日には8人で11本のヒラマサが上がっている。ハリス切れなどのバラシも数回あったようだ。勝浦沖の春ヒラマサといえば、以前は比較的小ぶりが多かったが、潮流の変化のせいか近年は秋の最盛期のような大型も釣れている。
出船前には渡辺弘一船長が初心者へカモシ釣りのレクチャーをする姿が見られた。この日は6人、潮が速いとのことで定員8名のところをあえて人数を抑えての出船となった。オモリは150号を使うとのこと、持ってない人には船のオモリが配られた。
カモシ釣りのポイントは行川沖から勝浦沖、御宿沖と広範囲に渡るが、いま釣れているのは御宿沖で三本松と呼ばれる場所。広大な瀬に多くの根が点在し、大型ヒラマサやマダイが居着く、カモシ釣りの代表的なポイントだ。
指示ダナは海面から25ヒロ。カモシ釣りではハリスの長さ、太さでヒラマサとマダイを狙い分けるが、朝はみなヒラマサ狙い。私も8号4ヒロの仕掛けにイカエサで開始だ。
ヒラマサ狙いにはイカエサが良いが、前日に釣具屋に行ったところ冷凍イカは売り切れ。仕方ないので冷凍庫に眠っていたムギイカの沖漬けを持ち込んだ。もちろん自分のために作った酒の肴だ。生イカよりも断然旨い自負はある。ヒラマサもきっと気にいってくれるだろう。

カモシ釣り仕掛けを紹介。仕掛けを切り替えるには船上で結び直す

釣り始めると渡辺弘一船長が言っていた通り、いやそれ以上に潮が速い。今年一番の激流だそうだ。真潮が流れるのはヒラマサにとって好条件だが、これだけ速いと船はすぐにポイントを外れてしまう。船長はまめに潮まわりを繰り返すが、仕掛けを下ろしている時間と潮まわりの時間がほぼ同じと効率が悪い。
しかし、そんな悪条件でも常連さんはヒットさせた。竿をひん曲げる強烈な引きはヒラマサならでは。やり取りの末、タモに収まったのは5㎏のヒラマサだった。
3日前には11本のヒラマサが上がったが、今日はアタリは少ない。エサの沖漬けにはでかいサバばかりが食ってくる。ヒラマサよりもサバに好かれてしまったか?
時間も少なくなってきたのでハリスを伸ばしてマダイ狙いに切り変えようか、と思っていたところ穂先にバタバタしたアタリが出た。食ったか? と思う間もなくズドン! と竿先が海面に突っ込んだ。
キーパーから外し、竿を起こすと強烈な突っ込みで竿が伸された。ドラグからは糸がずるずると出ていく。魚の疾走が止まったら竿を立てて魚の頭をこちらに向け、リールをガンガン巻いて寄せる。魚が反転したら竿の弾力とナイロンの伸びで疾走を耐える。
楽しい! 興奮して脳内にはアドレナリンが駆け巡っているだろう、ヒラマサ釣りがやめられないのはこの強烈な引きにある。
テンビンが見えてきた、オモリを取ろうとすると、隣から「もっと巻いて!」の声。そうだった、カモシ釣りでは竿先までテンビンを巻いて、ヒラマサが走ったときにハリスを離せるようにするのだった、忘れていた。
ハリスを手にした。銀色に輝く魚体が水中に見えた。しかしここからが油断できないところ、船影に怯えたヒラマサは最後の全力疾走を試みる。指先をドラグにして糸を出し入れしながら、じわじわと魚が弱るのを待つ。魚が横向きになったところがチャンス、円を描くようにタモに誘導する。大型のタモに魚が滑り込んだ。
ほっとして体から力が抜けた。ドサリ! とタモから落ちたのは5.4㎏のヒラマサだった。この一本で大満足! 笑顔で船長にガッツポーズを送った。
その後、常連さんが4.5‌㎏のマダイを釣り上げる。バラシもあり、この日に上がったヒラマサは2本のみだったが、潮が最悪の日だっただけに仕方ない。翌日は潮が直り釣果復活、13回ヒットで9本のヒラマサが上がり、最大は8.4㎏の大型だった。
今年のカモシ釣りは好調なスタートを切ったようだ。
6月になれば乗っ込みの大ダイも好機に入り、ヒラマサとの両狙いが楽しめる。
カモシ釣りは大物狙いの釣りだが、未体験の人でも大丈夫。大型のチャンスも十分ある。まずは貸し道具でチャレンジしてみては。

以上の記事は「つり丸」2018年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読