MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チャ〜ンス! 大型カンパチ& ヒラマサ回遊中!!【銭洲】

チャ〜ンス! 大型カンパチ& ヒラマサ回遊中!!【銭洲】

遠征大物釣りの聖地「銭洲」。ムロアジの泳がせ釣りがハイシーズンを迎えているいま、この海域の状況は誰もが気になるところ。やはり銭洲でもエサのムロアジの釣れっぷりが釣果を大きく左右している。

銭洲はカンパチの反応が濃いぞ。泳がせはエサの確保。ムロアジを制してカンパチを制せ!

銭洲の岩礁際に群れるムロアジを狙う。

「第18とび島丸」船上、松本市斉藤圭司さん。南センバでカンパチ9.5kgキャッチ。

福井市の堀井信之さん、レンタルタックルで見事11kgカンパチゲット! デカムロアジを食うカンパチはやはり大型だ。

「龍正丸」に乗った下田市須崎の堀江健生さんは、銭洲も泳がせ釣りも初めて。ハガツオとこの大ダイを釣り上げて「はまっまちゃいますね。次はカンパチを釣ります!」。

ハガツオはおいしいゲスト。大事に持ち帰ろう。

銭洲はさまざまな顔を見せる神秘的な岩礁だ。

「チビムロの沸きがどうやら遅れているようだよ。冷水塊が影響しているのかな。でも、潮の流れ方次第で状況は一変するから、これからが楽しみだよ」とは、海の状況に詳しい「第18とび島丸」の鈴木健司船長。
チビムロが確保できて、潮変わりのタイミングで生きのよいチビムロを投入できれば高確率。デカムロと呼ばれる30㎝以上のムロアジしかない場合は、ムロの大きさに比例する10㎏オーバーのカンパチやヒラマサがタイミングよく回遊していれば、それを投入するとチャンスアップ。8月中はそんな釣況であった。
「潮の流れ次第、ってところはあるけど、銭洲はカンパチの反応はかなり濃いよ。泳がせはエサの確保。気合入れてムロアジ釣ってくださいよ!」と、さわやかな笑顔で答えてくれたのは、銭洲遠征船のベテラン船長、下田「龍正丸」の鈴木豊さん。
二人のベテラン船長が話すようにカンパチ釣りではエサ釣りがどれだけ重要か、お分かりいただけただろうか。
“ムロアジを制してカンパチを制す”を肝に銘じてカンパチ釣りに臨もう。

上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
最新記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読