MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チャ〜ンス! 大型カンパチ& ヒラマサ回遊中!!【銭洲】

チャ〜ンス! 大型カンパチ& ヒラマサ回遊中!!【銭洲】

遠征大物釣りの聖地「銭洲」。ムロアジの泳がせ釣りがハイシーズンを迎えているいま、この海域の状況は誰もが気になるところ。やはり銭洲でもエサのムロアジの釣れっぷりが釣果を大きく左右している。

銭洲はカンパチの反応が濃いぞ。泳がせはエサの確保。ムロアジを制してカンパチを制せ!

銭洲の岩礁際に群れるムロアジを狙う。

「第18とび島丸」船上、松本市斉藤圭司さん。南センバでカンパチ9.5kgキャッチ。

福井市の堀井信之さん、レンタルタックルで見事11kgカンパチゲット! デカムロアジを食うカンパチはやはり大型だ。

「龍正丸」に乗った下田市須崎の堀江健生さんは、銭洲も泳がせ釣りも初めて。ハガツオとこの大ダイを釣り上げて「はまっまちゃいますね。次はカンパチを釣ります!」。

ハガツオはおいしいゲスト。大事に持ち帰ろう。

銭洲はさまざまな顔を見せる神秘的な岩礁だ。

「チビムロの沸きがどうやら遅れているようだよ。冷水塊が影響しているのかな。でも、潮の流れ方次第で状況は一変するから、これからが楽しみだよ」とは、海の状況に詳しい「第18とび島丸」の鈴木健司船長。
チビムロが確保できて、潮変わりのタイミングで生きのよいチビムロを投入できれば高確率。デカムロと呼ばれる30㎝以上のムロアジしかない場合は、ムロの大きさに比例する10㎏オーバーのカンパチやヒラマサがタイミングよく回遊していれば、それを投入するとチャンスアップ。8月中はそんな釣況であった。
「潮の流れ次第、ってところはあるけど、銭洲はカンパチの反応はかなり濃いよ。泳がせはエサの確保。気合入れてムロアジ釣ってくださいよ!」と、さわやかな笑顔で答えてくれたのは、銭洲遠征船のベテラン船長、下田「龍正丸」の鈴木豊さん。
二人のベテラン船長が話すようにカンパチ釣りではエサ釣りがどれだけ重要か、お分かりいただけただろうか。
“ムロアジを制してカンパチを制す”を肝に銘じてカンパチ釣りに臨もう。

上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
最新記事
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読