MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。

perm_media 《画像ギャラリー》お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)の画像をチェック! navigate_next

「プルプルッ」というアタリが楽しい! 胴付き仕掛けに初めてチャレンジ!

出船前、山下光昭船長に釣り方を教わる

竿先に集中!

サイズのいいシロギスをゲット!

後半は胴付き仕掛けにチャレンジした。船長に教わったとおりに誘う!

これからおもしろくなるシロギス。食べても美味しいので、ぜひ釣りに行こう!

この日は良型が多かった!

この日の午前船のトップは25匹!

仕掛けはテンビン式、または胴付き式のどちらもOK

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

午前船は7時半出船。駅から徒歩5分なので、電車でも余裕で間に合います。レンタル充実なので、手ぶらでもOK。車の場合は船宿さんの前で荷物を降ろし、駐車場の場所を教えてもらいます。
中2階で受付をしたら、下の船着き場に降りてタオル、水汲みバケツ、氷を受けとり船へ乗り込みます。初心者は出船前に船長からレクチャーを受けられるので、早めに行きましょう。初心者歓迎の船宿さんなので、教え方もとっても分かりやすいですよ。
「このところシロギスはシビアで動かしすぎはよくないよ。誘ったら食わせの間をつくることが大切。船が引っ張るぶん、時にはラインを出して仕掛けが動きすぎないようにコントロールしてね。メインは待つ。オプションで誘うくらいの感覚がいいと思うよ」と話す、山下光昭船長。
毎日釣りを見ている船長の現状をふまえたアドバイスは、初心者以外の方も参考になるはず。
7時半に出船し、20分ほどでポイントに到着しました。港ではちょうどよく思った気温も、沖へ出ると肌寒い。上着1枚持っていくと安心ですね。

シロギスの仕掛け。サルカンをつけておくと状況を見てすぐに胴付きに変えられるのでオススメ

竿はシマノ「ベイゲームKISU M180」と「H175」を持っていきました。柔らかいと投げる時のコントロールが難しいそうなので、「H175」にしました。
最初はテンビン仕掛けをセット。サルカンをつけておくと、状況をみてすぐに胴付きに変えられるのでオススメです。
エサはアオイソメ。頭を切ってから通し刺しにして、人差し指か中指の長さでカットします。「時間かかってもていねいに美味しそうにつけた方がいいよ」と山下船長。
上からのキャストは禁止なので、下からキャスト。船にぶつけないように気をつけて投げると…、なぜか左にいっちゃいます。手を離すタイミング難しいなぁ。
着底したら糸フケを取り、ちょっと待って聞き上げて、聞き上げた分巻いてちょっと待ってを繰り返す。何度かやっていると、「プルプル」っとアタリ。「あんまり引かないなぁ」と思ったらイトヒキハゼでした。最初からアタリがある釣りは気分が良いですね。
トモでは、1投目からシロギスが釣れていたので期待が高まります。
ワクワクしながらイソメを付け替えて2投目。アタリなく回収して3投目。プルプルとアタリ。先ほどよりも引きます。ゆっくり巻き上げてくると本命シロギスでした。綺麗な色ですね。

5匹釣ったところで、周りの人が胴付き仕掛けで釣果を出していたので仕掛けをチェンジ。潮が流れてない時は、胴付き仕掛けの方がハリスが自然に漂っていいそうです。
胴付き仕掛けでのキス釣りは初めてで戸惑っていると、
「着底したら糸を張って弛ませてを5回くらいしてアタリを待って聞き上げて! またシェイクして待ってという誘いもしてね。誘う時は竿の角度を水平から上にしておくと、急な大物にも対応ができるよ」と船長が教えてくれました。
教えてもらった直後にさっそく「プルプル」とアタリ。本命シロギスでサイズアップ! 9時半にはツ抜け達成できました。
「朝は誘うと食ってきたけど、今は動かさない方がいいですね」と左舷に乗っていた男性。
言われてみると確かにそうかも。常に変化を気にして、意識的にいろいろ試していくのが釣果アップのコツなんですね。
初めて釣りに挑戦した女性は「こんなに釣れると思わなかったのでいっぱい釣れて楽しい」と笑顔。イソメも自分で付けて黙々と頑張っていました。
梅雨から夏にかけてが旬と言われるシロギス。釣果が安定していて美味しいこの時期に、是非釣りに行ってくださいね!

以上の記事は「つり丸」2018年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル