MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
暑い夏にオススメ! フラッシャーサビキ五目&スルメイカ(聡丸)

暑い夏にオススメ! フラッシャーサビキ五目&スルメイカ(聡丸)

そろそろ梅雨も終わって夏本番! 暑さも本格的になってくる季節だが、そんなときにオススメの釣りがある。太海港「聡丸」が出船しているフラッシャーサビキ五目・スルメイカリレー乗合がそれ。早朝と言うよりむしろ深夜と言うべき、午前2時半から3時頃に集合(要確認)して出船。

perm_media 《画像ギャラリー》暑い夏にオススメ! フラッシャーサビキ五目&スルメイカ(聡丸)の画像をチェック! navigate_next

釣り開始時間は早朝というより真夜中。浅ダナに浮いてきたクロムツやアジをフラッシャーサビキで狙う

スルメイカの多点掛けの重量感を楽しむドクター近藤。乗りのいい日は8杯、9杯、10杯掛けもある!

スルメイカは本格シーズン突入。フラッシャーサビキのあとのリレーの釣りながら、トップ100杯超えもあるぞ!

スルメイカの多点掛け連発を楽しんだ「ロンリー侍ドクター」近藤惣一郎。「このズッシリ感がたまりません!」

若船長は直結仕掛けで多点掛け連発

スルメは中型のニセイカサイズ主体に小型、大型もまじる。ツノは14㎝、18㎝両方試してみたい

釣れたては沖漬けにしても美味しいね

ゾロゾロと仕掛けに鈴なり状態でアジが釣れてくる

フラッシャーのアジはまさに入れ食い。丸々としたおいしい夏アジが数釣り可能

トップ50~70匹ほど釣れている

クーラーは大型持参!

この日ドクター近藤が使ったリールは「シーボーグ300MJ‐L」。「小型軽量ながらハイパワーで、スルメの多点掛けもラクラク巻き上げてくれますね!」

船宿仕掛けのフラッシャーサビキはアジ狙いの場合ハリス4号

クロムツはハリス7号。ともに7本バリ

いまのところサバの邪魔は少ない様子なのでスルメイカ仕掛けはブランコでもOK。サバが多いときのために直結も用意しておきたい

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・太海港「聡丸」。

暗いうちにフラッシャーサビキでクロムツやアジを釣り、その後スルメイカを狙うというリレー釣り。出船が早い分、沖揚がりも早く、9時ごろにはすでに港に寄港しているというスタイルで、涼しい早朝中心に釣って帰港する暑さ知らずの「サマータイム」的な乗合船なのだ。
早く揚がってくるからといって、釣果もそれなり…ということは、まったく無い。アジは大、中型がトップ50~70匹前後、スルメはニセイカサイズ主体にトップ束越えもあるほどで、大型クーラー必携だ。
6月中旬ごろまではクロムツもトップ20匹ぐらい釣れ、いいお土産がプラスされていたのだが、このところ潮色などの影響か食いがよくない。
「復調したらクロムツも狙って行きます」(松下聡若船長)とのことなので今後に期待したい。
丸々太った夏アジに、食べごろサイズのスルメイカ、それにクロムツも加われば食べる楽しみもいっぱいだ!

以上の記事は「つり丸」2016年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル