MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
永井名人が釣る! 幅広で美味しい東京湾シロギス釣り(鴨下丸)

永井名人が釣る! 幅広で美味しい東京湾シロギス釣り(鴨下丸)

東京湾で安定して数釣りが楽しめるのがシロギス釣り。今回、永井は2年ぶりになるという東京湾のシロギス釣りに出かけた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

オススメは一つのタックルにテンビン仕掛け、胴付き仕掛けを結ぶ

キャストするときは下から投げる!

「ブルブルッていうアタリが楽しいね!」と永井名人

開始早々、ほら! 一荷だよ!

良型の一荷に満足!

この日、一荷は何回かあった!

この日は良型が多かった!

これは当日最大の24.5㎝!

仕掛けをあまり動かさないでいるとトラギスが掛かる

永井名人は54匹でフィニッシュ!

「ステラ1000」は巻き上げ感抜群!

永井は2セットのタックルを持ち込んだ。一つは、竿がシマノ「リアランサーキス180」とリールがシマノ「ステラAR1000」の組み合わせ

もう一つのタックルは、シマノ「バイオインパクトX キスM180」と「ステラ1000」のセット

永井の仕掛けは、鴨下船長オススメのテンビン式

永井はマルキユーの「パワーイソメ」も試した。これで24.5㎝をはじめ、良型を何匹もゲット! ブルーベリーの香りがする!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「鴨下丸」。

船宿は金沢漁港「鴨下丸」。「鴨下丸」では、7時30分出船、13時納竿のショートシロギスで出船。長すぎず、短かすぎないメニューだ。
永井が持ち込んだタックルは2セット。一つは、竿がシマノ「リアランサーキス180」とリールがシマノ「ステラAR1000」の組み合わせ。もう一つは、シマノ「バイオインパクトX キスM180」と「ステラ1000」のセットだ。
「鴨下丸」の鴨下芳徳船長がすすめている仕掛けはテンビン式。そこで永井は一つのタックルにテンビン仕掛け、もう一つのタックルに胴付き仕掛けを結んだ。
船宿で配られたエサはアオイソメ。このほかに永井はマルキユー「パワーイソメ」を持参して、これも試すことに。
開始早々にアタリがあり、まずは20㎝級のサイズをゲット。その後も着実にアタリを出し、シロギスを掛けていく。なかには一荷で掛かることもあり、永井は久しぶりにシロギスのアタリと引きを楽しむ。そして、後半には「パワーイソメ」に当日最大の24・5㎝が掛かった。
「久しぶりのシロギス釣りは楽しかったね。54匹も釣れたよ!」と大満足の永井だった。

以上の記事は「つり丸」2016年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル