MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
走水沖の絶品ブランドアジが夏の好シーズンに突入だ!(吉明丸)

走水沖の絶品ブランドアジが夏の好シーズンに突入だ!(吉明丸)

東京湾のアジ釣りが夏の好シーズンを迎えている。6月26日に取材した、走水港「吉明丸」の釣果をさかのぼって見てみると、トップの釣果が、39匹、55匹、43匹…。この数を多くないと思った人がもしいるとしたら、ぜひ走水のビシアジ釣りを体験してみてほしい。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

良型の数釣りが楽しめる! 釣果はアベレージで30cm、最大40cm

船内は広々していて快適だ

置き竿はNG。竿を持って手返しよく仕掛けを入れ替えて、マメに誘おう!

幅広アジが釣れました!

親子でアジ釣り。良型がそろった!

一荷もある!

女性アングラーでも簡単に釣れる

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね

これが走水沖の絶品アジだよ

本命ゲットに思わず笑顔に…

身が厚くて美味しそうだ

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

数釣りは釣りの醍醐味だ

これからの時期まじるサバは、脂がのって美味しい!

当日のトップは55匹!

ビシは150号を使用、付けエサはアカタンが配られる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「吉明丸」。

舵を握る鈴木雅之船長は、「手返しよく、どんどん誘って釣ってください。仕掛けを止めてたらダメですよ」と乗船客にハッパをかける。その裏付けは、秘蔵ポイントをいくつも持っていること。そしてそのポイントでアジの反応を見つけて、その上に船を停めて釣らせてくれることにある。だから、よい群れに当たると、それこそ休むヒマもなく大アジを釣ることになるのだ。
食味のほうはといえば、そこはもう「走水のアジ」と名高いブランド品。潮流によって育まれたその体格は、体高があり、丸々と太っていて、見るからに絶品だ。
「7月、8月は、いよいよアジ釣りシーズンの本番です! 8月いっぱいまで、暑い時間帯を避けるために5時出船、12時沖揚がりの早朝日中船をやってますから、ぜひ遊びに来てください!」と鈴木雅之船長は話す。暑い陸から涼しい海へ、「ランナウェ〜イ♪」

以上の記事は「つり丸」2016年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル