MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
脂ノリノリの激うまイサキが大原沖で爆釣だー!(敷嶋丸)

脂ノリノリの激うまイサキが大原沖で爆釣だー!(敷嶋丸)

今期は出遅れ気味だった大原沖のイサキが、水温の上昇と共にようやく本格化。活性はもちろん、ナイスサイズ連発でファンを魅了している。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

旬のイサキ釣りを追い食いの駆け引きまで楽しんで数を伸ばそう!

シャープで小気味良く引くイサキ。「追い食いさせるとトルク感も加わり楽しいですね」と常連さん

本命ダブルヒットだ!

釣れるサイズは30㎝クラスがアベレージで、この日は38㎝のジャンボイサキも浮上。「船宿の仕掛けは1.5号。スリリングなファイトが楽しめましたよ」とのこと

丸々していて美味しそうだ

刺身や煮付けにしても美味しいね

ヒットしたらひょいっと釣り上げる

これが大原沖の絶品イサキだ!

ダブル、トリプル連発!!

入れ食い状態が続く…

抜き上げは仕掛けの結び目を掴み、イッキに船内に入れよう

性が上がれば、ご覧の通り! 本文通りの追い食い法を実践したビギナーも20匹以上を取り込んだ

取材日は後半になるにつれ潮が落ち着き、釣りやすくなった

マダイの魚影が濃い大原沖。この日も食べ頃サイズが顔を出した

うれしいゲスト、マダイもヒット

60号オモリが背負える6:4~7:3調子の竿と小型両軸か電動にPE3を巻いて挑む

中型片テンビンに1.5㎜×30㎝のクッションゴムを付ける。仕掛けは3mの3本バリが標準

食いが良く、エサ取りに強いヒラメのハラモをエサに使用する「敷嶋丸」

米粒大に切って使おう

ビシはFLサイズ60号で統一。上窓3分の1開け、下窓全閉が基本

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「敷嶋丸」。

「解禁直後は、とにかく水温が低いことに加えてシケ続き。サイズもイマイチでちょっと心配したけど、ここ数日で激変。温かい潮が差し込んで、本来のイサキ釣りが楽しめるようになったよね」とニッコリ顔で状況を話してくれたのが、当地のベテラン船長でイサキ釣りに詳しい「敷嶋丸」の山本元次郎船長だ。
現在のポイントは、行程30分弱の真沖。大小の根が連なる水深20~30mのエリアをアミコマセ釣りで攻める。
「ここんとこ潮が少し速いので、指示ダナ内でこまめにコマセ出して、仕掛けとコマセが同調するように釣って下さいね。イサキ釣りは数釣りも醍醐味ですから、掛かったらリール1回転を4秒くらいでゆっくり巻いて、追い食いさせて下さいね」と船長からのアドバイスが飛ぶ。
この日のヒットパターンは、50㎝幅のシャクリを2回入れては止めてアタリを聞き、指示ダナの上限まで探る感じで、ご覧の通りのプロポーショ抜群のイサキが次々に取り込まれた。
当地のイサキ釣りは産卵前の荒食い時に照準を合わせていて、今後はさらに活性が上がり、脂を蓄えた肉厚に成長する。激うまの大型イサキの数釣りを楽しむなら、イマですよ!!

以上の記事は「つり丸」2018年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル