MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒートアップ、ナイトタチウオゲーム【駿河湾奥沼津沖】

ヒートアップ、ナイトタチウオゲーム【駿河湾奥沼津沖】

河湾のナイトタチウオゲームが盛況だ。指6〜7本クラスのドラゴン級も狙えるとあれば、こりゃ〜もう釣るっきゃナイト。さあ、どっぷりと日が暮れた……いよいよ本番だ!!

夜タチウオを釣るっきゃナイト! と気合充分で乗り込んだのだが、幽霊魚たるタチウオの本領発揮となってしまった

日が暮れて、いよいよ本格的な戦いが始まる。

明るいうちはルアーが有利だという。

ルアーローテーションすることが大切。ジグは各種多めに用意しよう。

ぼくにも釣れたよぉ〜!

湾内あちこちで集魚灯が点灯する沼津沖。

エサ釣りと同船スタイルをとることが多い。ルアーアングラーはエサ釣り師のデータを参考にしよう。

ジグヘッド&ソフトルアーの組み合わせで食い渋り時に釣ってみたい。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・静浦港「勘栄丸」。

駿河湾のナイトタチウオゲームが盛り上がりをみせている。
「7月下旬から狙い始めたかな。大型もけっこうまじるけど、群れ次第でバラバラだね。ルアーの場合は早い時間帯に食うことが多いから、気合を入れて最初から飛ばしたほうがいいよ」
とは静浦港「勘栄丸」の伊藤淳一船長。船長の言葉通り、6〜7本クラスがまじることもあれば、小型ばかりが連発することもある。しかし、数はある程度はまとまる、そんな状況が続いていた。
この目で確かめるべし、と8月中旬、船上の人となった。ポイントは静浦港からほど近い牛伏沖。水深は50m弱。明るいうちに釣っておけ、という情報は耳に入っていたのだろう、早いもの勝ちとばかりにルアーマンはやる気満々だった。
しかし、この日は幽霊魚たるタチウオの本領発揮となってしまった。明るい時間帯はあっさり過ぎ去り、終始ポツポツの拾い釣りで終わってしまった。前日はトップで30本以上を記録していたが、取材当日はエサ釣りの人こそ同数を記録したがルアーマンはおよそ半分。ソフトルアーを駆使してタチウオを引きずり出した腕達者がトップ釣果を記録した。
相手は乱高下は当たり前のタチウオ。逆に言えば悪いときばかりは続かない。胸のすくような入れ食いもあるはずだ。駿河湾の夜タチウオシーズンはまだまだ続く。

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城県平潟港「第十五隆栄丸」で今期2度目のアカムツチャレンジ!「来たっ!」「こっちも食った!」船上は蜂の巣を突いた様な大騒ぎ。次々取り込まれるグラマーなルビーレッドに鈴木和次船長も笑顔を見せる。
伊豆諸島周辺は近年稀に見るカンパチ当たり年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひ。
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房 川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップ中!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
駿河湾 清水「大宝丸」の夜タチが港内で爆釣中!釣り方はスーパーライトジギング!エサ釣り同船もあり。長橋船長は今回、このポイントで2.8㎏のドラゴンを上げた!記録魚も狙える湾内ナイトゲームを満喫しよう。
平塚港「庄三郎丸」では、周年ライトウイリー五目で出船。現在はイナダが好調なため、ライトイナダ五目船としてイナダをメインに狙っている。丸々太ったイナダのほか1.5〜2㎏のカンパチも!バケ仕掛けが有利だ!
最新記事
細身ブランクの究極のゲームロッドシリーズ「リーディングスリルゲーム・Y」
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
多希志丸(腰越)の釣果情報を掲載
源平丸(洲崎)の釣果情報を掲載
ハヤブサ女性モニター「隼華(HAYAKA)」女性限定アマダイ船釣り体験 12月14日開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読