MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒートアップ、ナイトタチウオゲーム【駿河湾奥沼津沖】

ヒートアップ、ナイトタチウオゲーム【駿河湾奥沼津沖】

河湾のナイトタチウオゲームが盛況だ。指6〜7本クラスのドラゴン級も狙えるとあれば、こりゃ〜もう釣るっきゃナイト。さあ、どっぷりと日が暮れた……いよいよ本番だ!!

夜タチウオを釣るっきゃナイト! と気合充分で乗り込んだのだが、幽霊魚たるタチウオの本領発揮となってしまった

日が暮れて、いよいよ本格的な戦いが始まる。

明るいうちはルアーが有利だという。

ルアーローテーションすることが大切。ジグは各種多めに用意しよう。

ぼくにも釣れたよぉ〜!

湾内あちこちで集魚灯が点灯する沼津沖。

エサ釣りと同船スタイルをとることが多い。ルアーアングラーはエサ釣り師のデータを参考にしよう。

ジグヘッド&ソフトルアーの組み合わせで食い渋り時に釣ってみたい。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・静浦港「勘栄丸」。

駿河湾のナイトタチウオゲームが盛り上がりをみせている。
「7月下旬から狙い始めたかな。大型もけっこうまじるけど、群れ次第でバラバラだね。ルアーの場合は早い時間帯に食うことが多いから、気合を入れて最初から飛ばしたほうがいいよ」
とは静浦港「勘栄丸」の伊藤淳一船長。船長の言葉通り、6〜7本クラスがまじることもあれば、小型ばかりが連発することもある。しかし、数はある程度はまとまる、そんな状況が続いていた。
この目で確かめるべし、と8月中旬、船上の人となった。ポイントは静浦港からほど近い牛伏沖。水深は50m弱。明るいうちに釣っておけ、という情報は耳に入っていたのだろう、早いもの勝ちとばかりにルアーマンはやる気満々だった。
しかし、この日は幽霊魚たるタチウオの本領発揮となってしまった。明るい時間帯はあっさり過ぎ去り、終始ポツポツの拾い釣りで終わってしまった。前日はトップで30本以上を記録していたが、取材当日はエサ釣りの人こそ同数を記録したがルアーマンはおよそ半分。ソフトルアーを駆使してタチウオを引きずり出した腕達者がトップ釣果を記録した。
相手は乱高下は当たり前のタチウオ。逆に言えば悪いときばかりは続かない。胸のすくような入れ食いもあるはずだ。駿河湾の夜タチウオシーズンはまだまだ続く。

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
今年も東京湾のスミイカが開幕。取材日は中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ8杯。ほとんどの人が型を見ることができた。釣趣バツグン!食味も最高!スミイカを狙おう。
お正月用の食材として、欠かせないマダコ!東京湾では夏場から子ダコの湧きが良く、爆釣が継続!現在も2〜3㎏の良型まじりで、トップ6、7杯~ツ抜けすることも。東京湾のマダコ釣りは今がチャンスだ!
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
最新記事
広丸(御宿岩和田)の釣果情報を掲載
極限の陸上での使用を想定したマスターオブGシリーズからブラックをまとったモデル登場!G-SHOCK「マスターオブGブラックアウト」 GW-9400J
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読