MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒートアップ、ナイトタチウオゲーム【駿河湾奥沼津沖】

ヒートアップ、ナイトタチウオゲーム【駿河湾奥沼津沖】

河湾のナイトタチウオゲームが盛況だ。指6〜7本クラスのドラゴン級も狙えるとあれば、こりゃ〜もう釣るっきゃナイト。さあ、どっぷりと日が暮れた……いよいよ本番だ!!

夜タチウオを釣るっきゃナイト! と気合充分で乗り込んだのだが、幽霊魚たるタチウオの本領発揮となってしまった

日が暮れて、いよいよ本格的な戦いが始まる。

明るいうちはルアーが有利だという。

ルアーローテーションすることが大切。ジグは各種多めに用意しよう。

ぼくにも釣れたよぉ〜!

湾内あちこちで集魚灯が点灯する沼津沖。

エサ釣りと同船スタイルをとることが多い。ルアーアングラーはエサ釣り師のデータを参考にしよう。

ジグヘッド&ソフトルアーの組み合わせで食い渋り時に釣ってみたい。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・静浦港「勘栄丸」。

駿河湾のナイトタチウオゲームが盛り上がりをみせている。
「7月下旬から狙い始めたかな。大型もけっこうまじるけど、群れ次第でバラバラだね。ルアーの場合は早い時間帯に食うことが多いから、気合を入れて最初から飛ばしたほうがいいよ」
とは静浦港「勘栄丸」の伊藤淳一船長。船長の言葉通り、6〜7本クラスがまじることもあれば、小型ばかりが連発することもある。しかし、数はある程度はまとまる、そんな状況が続いていた。
この目で確かめるべし、と8月中旬、船上の人となった。ポイントは静浦港からほど近い牛伏沖。水深は50m弱。明るいうちに釣っておけ、という情報は耳に入っていたのだろう、早いもの勝ちとばかりにルアーマンはやる気満々だった。
しかし、この日は幽霊魚たるタチウオの本領発揮となってしまった。明るい時間帯はあっさり過ぎ去り、終始ポツポツの拾い釣りで終わってしまった。前日はトップで30本以上を記録していたが、取材当日はエサ釣りの人こそ同数を記録したがルアーマンはおよそ半分。ソフトルアーを駆使してタチウオを引きずり出した腕達者がトップ釣果を記録した。
相手は乱高下は当たり前のタチウオ。逆に言えば悪いときばかりは続かない。胸のすくような入れ食いもあるはずだ。駿河湾の夜タチウオシーズンはまだまだ続く。

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
大物釣りが盛んな伊豆諸島周辺では、生きエサの泳がせ釣りやジギングで、カンパチやヒラマサなどの青物たちが激アツ!ヒートアップ中!夏の日帰り遠征釣行にぜひチャレンジしてみよう!
由比港「神栄丸」のタチウオゲームが絶好調!夏の早朝釣りでコンスタントに良型を仕留めている。狙うはキロオーバーのドラゴンサイズ!さっそく攻めに行こう!!
外房 勝浦沖 夏の中深場五目釣り!オニカサゴは2㎏級、カンコ、ビッグなユメカサゴ、アカムツも花を添える。この日はアラも連発した!
夏の東京湾で人気のマダコ釣りが開幕!小柴港の「三喜丸」では今年も好調なスタート!トップ20杯に達する釣果もあるようだ。
最新記事
今季東京湾ではシロギスが絶好調!子供やビギナーにも釣りやすい。ゲストを含めアタリも頻繁だから一日中夢中になること請け合いだ。
クロメジナ(オナガメジナ)はスズキ目メジナ科メジナ属。メジナよりも大きくなり、三重県熊野市で4.2kgという記録がある。
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読