MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
飯岡沖のカツオ&キハダのキャスティングゲーム開始!(幸丸)

飯岡沖のカツオ&キハダのキャスティングゲーム開始!(幸丸)

今年もキハダで盛り上がる相模湾だが、こちらも負けてはいない。いやむしろ、相模湾以上の激アツ状態かもしれない!

perm_media 《画像ギャラリー》飯岡沖のカツオ&キハダのキャスティングゲーム開始!(幸丸)の画像をチェック! navigate_next

いつ群れが移動してしまうかわからない。釣れている時がチャンス

見渡す限りの大海原で、カツオの群れの存在を知らせる手がかりのひとつが鳥。表層に見えるのはカツオが多いが、その下にはデカいヤツがいることも!

鳥の動きをよく見て、その進行方向の先にルアーを着水させる。そして、10秒ほどしっかりと沈ませてから引き始めよう

同じサイズであれば、カツオはキメジよりも引く。今回のサイズであれば、一気に数十メートルもラインを引き出す

頭を水面から出してしまえば勝負アリ!

この日は大型サイズのカツオの群れに遭遇。丸々と太った6kg級だ

こちらも6kg級の大型カツオ。リールのドラグを活かし、無理せずファイトしよう

ジグはキャストした後、しっかりと沈めることが重要。着水と同時に引いてしまってはヒット率は下がってしまう

「これは小さいよ」なんていう声が当日は聞こえたが、十分にいいサイズ。通常であればこれぐらいがアベレージだ

カツオは釣ったその日のモチモチとした食感が最高に美味しい!

キメジもまじった。ローテーションはないが、この魚は胴の間でキャッチ。胴の間でも十分にチャンスはある

ジグの選択はとても重要。60〜80gが主に使われる

タングステン製のジグにヒットが集中。シルエットが小さく、沈みも速い

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

ここは千葉県犬吠埼沖。カツオやキメジに加えて、20㎏級のキハダまじりで絶好調なのだ。7月上旬の取材では、5〜6㎏という丸々と太った大型カツオの群れに遭遇。ギュンギュンロッドを引き絞り、猛烈な勢いでラインを出していく。アドレナリン大放出、非常にエキサイティングだ。
「今日はラインブレイクで終わってしまいましたが、デカいキハダもいます。群れがいる限りは追い続けますので、ぜひチャレンジしてください」と話す、「第一幸丸」向後恵一船長。
犬吠埼沖は相模湾と違って外洋のため、いつ群れが移動してしまうか分からない。釣れているときがチャンス! 今スグ「幸丸」へ急げ!!

以上の記事は「つり丸」2016年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル