MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
洲崎沖のイサキ、入れ食いもあって多点掛け連発だ!(佐衛美丸)

洲崎沖のイサキ、入れ食いもあって多点掛け連発だ!(佐衛美丸)

南房の「梅雨イサキ」がいよいよ最盛期突入。洲崎港「佐衛美丸」HPの釣果報告を見ると「50〜50」との表記が。協定規則により上限を50匹にセットしているので、つまり全員が50匹釣れていることを意味する。一部の腕利きだけでなく、全員が50匹釣れるなら楽しいことは間違いない!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

イサキは保存食のレパートリーが豊富で、釣れ過ぎても困らない!

この時期のポイントは、港から数分の浅場

抜き上げて取り込む

35㎝級の良型も多くまじる

3本バリにパーフェクト!

入れ食い時には多点掛けを狙おう!

こちらは丸々とした良型!

幅広のいいイサキです!

嬉しい一荷!

食いがたつと、あちこちでダブル、トリプルで取り込まれた

ウマズラハギもまじる

エサ取りが上手いウマヅラハギ

メジナは定番ゲスト

こちらはマダイもヒット

︎「佐衛美丸」のイサキ仕掛けがこれ

コマセはアミ。ビシはFLサイズ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「佐衛美丸」。

早川忠信船長に話を聞くと「一週間ほど前(取材日は5月26日)から入れ食い状態が続いている。釣れてくるイサキはたっぷりと白子や真子を持っているようでお腹がパンパン。いよいよ梅雨イサキ本番だよ」との期待のお言葉!
この日も水深20〜40mのどのエリアでも、コンスタントにイサキの顔を見ることができた。1匹イサキが掛かってグンっと竿先が突っ込む。我慢してしばらく待つと、さらにグングン。そして最後はグングングン。3本バリ全てにイサキが掛かって、力強いイサキの引きを堪能。あまりの入れ食いで、下船時に運ぶクーラーが皆さん重そうなこと。
イサキは保存食のレパートリーが豊富で釣れすぎても困らない。今日も女将さんから味噌漬けという新たな保存方法を教わった。
釣ってよし、食べて良しのイサキ。これから夏まで続くイサキシーズンを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2018年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル