MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ショートタイムで釣る、夜アカイカ釣りが今乗り乗り中だ!(北龍丸)

ショートタイムで釣る、夜アカイカ釣りが今乗り乗り中だ!(北龍丸)

夜アカイカゲームのパイオニアの一人である金沢港「北龍丸」の安藤岳志船長は、19時出船、23時帰港のショートタイムイカメタルゲーム乗合船をウリにしている。

短い時間で翌日に疲れを残さない! 今話題のLTイカメタルゲーム

この橋をくぐって沖へ出る

流し始めの魚探はこのとおりまったく反応がないが、しばらくするとベイトが映るようになる。電気の効果は絶大だ

エンジン流し釣りなので中層攻略がカギ

開始早々ヒット! サイズも申し分なし!

メタルスッテはPE0.6号なら10号、PE0.8号なら12号使用をすすめている「北龍丸」。安藤船長がコーディネートしたイカメタル専用ベイトタイプ「Hokuryumaru SP-kL」は大変使いやすい

良型ばかりがそろうのが魅力!

刺身にフライでも美味しいね

釣れたては沖漬けにしても美味しい

バンバン釣れるから楽しいね

これが金沢沖の良型アカイカだよ!

イカメタル入門には最適だ

「北龍丸」安藤岳志船長がオススメするメタルスッテの定番はコレ。カラーに注目。枝スは餌木など

今回、取材にご協力いただいたのは、石川・金沢港「北龍丸」。

「地元の人たちに気軽にアカイカ釣りを楽しんでもらいたくて、19時出船、23時帰港のショートタイム便を出してます。この時間設定なら平日の仕事帰りにも乗船可能ですし、23時にはきっちりと帰港してますから、翌日仕事であっても身体に負担にならないでしょ。これが大人気なんですよ」と話す、安藤船長。
ポイントは金沢沖水深50〜60m前後。「北龍丸」の特徴は、パラシュートアンカーやアンカーをおろさず、スパンカーをたててエンジン流しをすること。こうすることで、最小限度にオマツリをおさえることができ、遅い出船時間でもポイント選びを効率よくできるというのだ。
今期の状況を聞くと、
「6月後半は水深30m前後の浅場で大型を狙っていましたが、7月に入ってからは少し沖目にマルイカサイズが多く回遊してきてますので、水深50〜60mを流してます。良型中心ですが、マルイカまじりで20杯ぐらいはアベレージで乗ってますよ。例年であればシーズンは初期ですから、今年は当たり年といってもいいでしょう。8月が最盛期ですからぜひ遊びにきてください!」と話す、安藤船長。アクセスもよい金沢港。イカメタル入門には最適なのでぜひこの夏挑戦してみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2016年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
福島県・小名浜沖”太平洋最北”開拓途中のアカムツフィールドが開幕!シーズン初期は水深140〜170m。50㎝級の超大型アカムツを積極的に狙おう!!
久里浜周辺の浅場で大型が揃う「夏のカワハギ」が最盛期に突入!久比里「山下丸」では30㎝級が高確率で上がっている。強烈な引きで尺級も夢じゃない!ぜひ挑戦してみよう。
今年のキハダは6月下旬に相模湾沖へ回遊。8月から本格的に相模湾内に入る見込みだ!ヒット率が極めて高い、生きイワシエサを使うフカセ釣り!タックル、仕掛け、ハリス、エサ付け、釣り方を徹底解説する!
最新記事
落とし込みに必要な調子を徹底追及した専用ロッド「アルシエラ 落とし込み」
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
伝統の性能を継承しさらなる進化を遂げた餌木「アオリーQ」2.5号/3.0号
沼津静浦港「幸松丸」では「夜ジンドウ」の名称で人気のマルイカイカメタルゲームがアツい!この機会に、ぜひ挑戦してみよう。
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読