MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ショートタイムで釣る、夜アカイカ釣りが今乗り乗り中だ!(北龍丸)

ショートタイムで釣る、夜アカイカ釣りが今乗り乗り中だ!(北龍丸)

夜アカイカゲームのパイオニアの一人である金沢港「北龍丸」の安藤岳志船長は、19時出船、23時帰港のショートタイムイカメタルゲーム乗合船をウリにしている。

短い時間で翌日に疲れを残さない! 今話題のLTイカメタルゲーム

この橋をくぐって沖へ出る

流し始めの魚探はこのとおりまったく反応がないが、しばらくするとベイトが映るようになる。電気の効果は絶大だ

エンジン流し釣りなので中層攻略がカギ

開始早々ヒット! サイズも申し分なし!

メタルスッテはPE0.6号なら10号、PE0.8号なら12号使用をすすめている「北龍丸」。安藤船長がコーディネートしたイカメタル専用ベイトタイプ「Hokuryumaru SP-kL」は大変使いやすい

良型ばかりがそろうのが魅力!

刺身にフライでも美味しいね

釣れたては沖漬けにしても美味しい

バンバン釣れるから楽しいね

これが金沢沖の良型アカイカだよ!

イカメタル入門には最適だ

「北龍丸」安藤岳志船長がオススメするメタルスッテの定番はコレ。カラーに注目。枝スは餌木など

今回、取材にご協力いただいたのは、石川・金沢港「北龍丸」。

「地元の人たちに気軽にアカイカ釣りを楽しんでもらいたくて、19時出船、23時帰港のショートタイム便を出してます。この時間設定なら平日の仕事帰りにも乗船可能ですし、23時にはきっちりと帰港してますから、翌日仕事であっても身体に負担にならないでしょ。これが大人気なんですよ」と話す、安藤船長。
ポイントは金沢沖水深50〜60m前後。「北龍丸」の特徴は、パラシュートアンカーやアンカーをおろさず、スパンカーをたててエンジン流しをすること。こうすることで、最小限度にオマツリをおさえることができ、遅い出船時間でもポイント選びを効率よくできるというのだ。
今期の状況を聞くと、
「6月後半は水深30m前後の浅場で大型を狙っていましたが、7月に入ってからは少し沖目にマルイカサイズが多く回遊してきてますので、水深50〜60mを流してます。良型中心ですが、マルイカまじりで20杯ぐらいはアベレージで乗ってますよ。例年であればシーズンは初期ですから、今年は当たり年といってもいいでしょう。8月が最盛期ですからぜひ遊びにきてください!」と話す、安藤船長。アクセスもよい金沢港。イカメタル入門には最適なのでぜひこの夏挑戦してみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2016年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
東京湾で好調なスタート!大人気ターゲットのカワハギはエサをかすめ取るエサ取り名人。そんなカワハギのタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方を紹介!釣り方をマスターして、良型を釣りに行きましょう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」2020年1月17日~19日に開催
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~ 11月14日~17日
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読