MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マゴチorマダイ?どっちを狙う?鹿島沖テンヤゲーム開始!(大春丸)

マゴチorマダイ?どっちを狙う?鹿島沖テンヤゲーム開始!(大春丸)

茨城・鹿島では6月にマゴチが開幕し、色々と「迷う」時期がやってきた。テンヤマダイ船ではにぎやかなゲストが豊富でアタリが活発だ。時折マダイもドカンと大型がやってくる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

マダイは五目釣りで楽しい! マゴチは大型狙いで浅場が主体だ

テンヤマダイはいろんなアタリがあって楽しい

ドクター近藤惣一郎は大型ハナダイ

マダイはキロ未満主体だったが良い引きを見せてくれた

塩焼きサイズのマダイだが引き味は楽しい

「大型か?」と一瞬思わせた引きだったがイナダだった

ドクターは良型ホウボウを連チャン。「アタリが多くて五目で楽しめますね」

特大サイズのショウサイフグ。ショウサイフグ専門でも出船する

この時期はゲストが豊富

ソイもまじる

6月以降はエサは冷凍エビを使用する

ドクター近藤がこの日使ったアイテムたち

広くキャストして海底をリトリーブしてくるといきなりアタリがやってくる。しっかりとアワせよう

サイズを見て抜き上げもOK

6月1日に開幕したマゴチ。ルアー感覚で(というよりは完全にルアー釣り)楽しめる

マゴチは開幕から大型まじりで順調な食いを見せる

大ドモの常連さんは60㎝クラスを釣り上げた

1流し目にいきなりヒットすると、食いがバタバタと続いた。潮が流れるとチャンスだ

開幕直後のマゴチ釣りを満喫!

刺身に天ぷらになんでも美味しいね

これが鹿島沖のマゴチだよ!

28g程度のジグヘッドとワームの組み合わせ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「大春丸」。

開幕したマゴチも順調な滑り出しを見せており、さあ何を狙おうか? おまけにショウサイフグも夏のボーナスシーズンときている。
現在、その3魚種を狙って出船しているのが鹿島港「大春丸」だ。
「マダイはここのところ大型は少ないですがまじりもたくさんあって楽しめていますね。マゴチは開幕から60㎝級も出ているし、期待できますよ」と話す、小堤春夫船長。
テンヤマダイは水深20~30mほどと一番釣りやすい時期に。マゴチは10m前後と浅場主体だ。いずれもスリル満点の釣りが展開されている。
「大春丸」では予約順で釣り物が決まるシステム。迷って「本命」を決めよう!

以上の記事は「つり丸」2018年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル