MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏のLTタチウオゲーム! テクニカルに釣ろう!(弁天屋)

真夏のLTタチウオゲーム! テクニカルに釣ろう!(弁天屋)

いかにアタリを出させて、食わせるか? そのゲーム性にハマる釣り人が続出している夏場のタチウオが、盛夏を迎え、ますます盛り上がっている。

perm_media 《画像ギャラリー》真夏のLTタチウオゲーム! テクニカルに釣ろう!(弁天屋)の画像をチェック! navigate_next

シャクリ幅と巻き上げのバリエーションを組み合わせて迎撃だ!!

トルクのある引き込みで釣り人を魅了するタチウオ。現在は小型が主体も、良型もまじるので侮らないコト

仲良くダブルヒットだ!

この日一番の良型をゲットした常連サン。「これからが本番ですからね。水深が浅い今、練習しておきましょう」

女性だってこの通り。ライトタックルだから疲れ知らずで誘い続けることができ、見事、良型をキャッチ!

どうですかこのツヤ! 綺麗だ

「前アタリをキャッチしてから、食わすまでの駆け引きが最高に楽しいですよね」と常連サンたち

アワセと抜き上げが決まると気分は爽快!!

その日の状況に合わせ、あの手、この手を繰り出して食わせた後、素早く抜き上げる。タチウオを船内に入れた瞬間は、ゲームを制した感アリアリで、病み付きになるぞ!

タチウオが輝きながら空を舞う。抜き上げシーンは、やっぱりキレイだ

三人で記念ショット!

思わずにっこり笑顔に

「弁天屋」では、出船前にビギナーへの指導を行うので、安心してエントリーできる

ゲームロッドか60号まで背負える7:3調子のロッドと小型両軸か電動リールの組合せで挑もう!

仕掛け類にこだわる「弁天屋」

オモリは40号を使用

なお、今期はアカクラゲが多いのでエサに着いた足はキレイに取り除いて挑みましょう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

「今期も当たり年と言えるんじゃないかな。絶好調だった去年と比較しても遜色ないし、このまま秋、そして冬へ突入して行くと思いますよ」と見通しを笑顔で語ってくれたのは、今回取材をお願いした金沢八景「弁天屋」の本田和芳船長。このテクニカルゲームをもっとも得意としている船長だ。
現在のポイントは、富津沖。水深15m前後で、指示ダナは、なんと10〜5mとメチャメチャ浅く、この範囲内を通常のワンピッチジャーク(リールひと巻きひとシャクリ)で探ると、アタリを捕らえる間もなくアッと言う間に通り過ぎてしまう。そこで船長からのアドバイスだ。
「竿のシャクリ幅は30〜50㎝。または竿先だけを跳ね上げる。そして巻き上げはリールのハンドル1回転を分割。いくつかのバリエーションを試して、まずはアタリをとらえることに専念して下さい」。
当日は、この釣法を実践し、グ〜ッと竿先を持って行かれるアタリまで誘い続けた方が数を伸ばしていた。
今、まさに絶好期。食味も抜群だと言う夏タチ。船長直伝の必釣法で思う存分、釣りまくりましょう!!

以上の記事は「つり丸」2016年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル