MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏のLTタチウオゲーム! テクニカルに釣ろう!(弁天屋)

真夏のLTタチウオゲーム! テクニカルに釣ろう!(弁天屋)

いかにアタリを出させて、食わせるか? そのゲーム性にハマる釣り人が続出している夏場のタチウオが、盛夏を迎え、ますます盛り上がっている。

シャクリ幅と巻き上げのバリエーションを組み合わせて迎撃だ!!

トルクのある引き込みで釣り人を魅了するタチウオ。現在は小型が主体も、良型もまじるので侮らないコト

仲良くダブルヒットだ!

この日一番の良型をゲットした常連サン。「これからが本番ですからね。水深が浅い今、練習しておきましょう」

女性だってこの通り。ライトタックルだから疲れ知らずで誘い続けることができ、見事、良型をキャッチ!

どうですかこのツヤ! 綺麗だ

「前アタリをキャッチしてから、食わすまでの駆け引きが最高に楽しいですよね」と常連サンたち

アワセと抜き上げが決まると気分は爽快!!

その日の状況に合わせ、あの手、この手を繰り出して食わせた後、素早く抜き上げる。タチウオを船内に入れた瞬間は、ゲームを制した感アリアリで、病み付きになるぞ!

タチウオが輝きながら空を舞う。抜き上げシーンは、やっぱりキレイだ

三人で記念ショット!

思わずにっこり笑顔に

「弁天屋」では、出船前にビギナーへの指導を行うので、安心してエントリーできる

ゲームロッドか60号まで背負える7:3調子のロッドと小型両軸か電動リールの組合せで挑もう!

仕掛け類にこだわる「弁天屋」

オモリは40号を使用

なお、今期はアカクラゲが多いのでエサに着いた足はキレイに取り除いて挑みましょう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

「今期も当たり年と言えるんじゃないかな。絶好調だった去年と比較しても遜色ないし、このまま秋、そして冬へ突入して行くと思いますよ」と見通しを笑顔で語ってくれたのは、今回取材をお願いした金沢八景「弁天屋」の本田和芳船長。このテクニカルゲームをもっとも得意としている船長だ。
現在のポイントは、富津沖。水深15m前後で、指示ダナは、なんと10〜5mとメチャメチャ浅く、この範囲内を通常のワンピッチジャーク(リールひと巻きひとシャクリ)で探ると、アタリを捕らえる間もなくアッと言う間に通り過ぎてしまう。そこで船長からのアドバイスだ。
「竿のシャクリ幅は30〜50㎝。または竿先だけを跳ね上げる。そして巻き上げはリールのハンドル1回転を分割。いくつかのバリエーションを試して、まずはアタリをとらえることに専念して下さい」。
当日は、この釣法を実践し、グ〜ッと竿先を持って行かれるアタリまで誘い続けた方が数を伸ばしていた。
今、まさに絶好期。食味も抜群だと言う夏タチ。船長直伝の必釣法で思う存分、釣りまくりましょう!!

以上の記事は「つり丸」2016年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
最新記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読