MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
短い時間でがっつり釣る! シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

短い時間でがっつり釣る! シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

東京湾奥の釣り物のうち、釣果が安定し、未経験者やビギナーでも手軽に楽しめる釣り物といえば、シロギスがその筆頭だろう。初夏から釣果は安定し、通常の一日船でトップが束釣りすることも珍しくなく、まずオデコで帰る釣り人もいない。トップが束釣りをするような日は、船中での最低釣果でも20〜30匹ということが多い。

シロギス独特なブルブル感を体感して沖釣りにドップリハマろう!

シロギス釣りは、ベテランでも楽しめる!

開始早々、ダブルでヒットだ!

良型の一荷!

仕掛けをキャストする場合は、安全面からアンダーキャストで!

永井名人も負けじと一荷だ! 後ろにはひょっこり希香さんも!

チビッコでも楽しめる!

僕でも簡単に釣れるよ!

親子で夏休みの思い出を作るにもシロギス釣りはピッタリ!

当日は3組のファミリーが乗船。ファミリーの乗船は珍しいことではないので、臆せず挑戦してみよう!

刺身に天ぷらも絶品だね

レンタルタックルも装備されてるので初心者でも安心だ

バンバン釣れるから楽しい!

美味なアジもまじった

仕掛けは胴付き式、吹き流し式の2種類。胴付き式のほうがビギナー向け

「鴨下丸」で用意する付けエサはアオイソメ

ハリの軸に対して真っすぐ刺すのが基本

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「鴨下丸」。

シロギスは追求すればとても奥が深い沖釣りターゲットであるが、手軽さという点も持ち併せたターゲットでもある。
とくに夏は、釣り場の水深が浅くなり、数釣りが期待できる季節。そのうえ使用タックルが軽量とくれば、ファミリーファッシングには最適なのだ!
金沢漁港「鴨下丸」では、通常の一日船よりも少し釣り時間が短いショートシロギス船を出船している。そのぶん料金もリーズナブルな設定で、ファミリーで利用するお客さんには嬉しい割引もあるのだ。もちろんレンタルタックルも充実し、仕掛け類も受付所や船上で購入可能なのだ。
金沢漁港の周囲には、ファミリーで楽しめる観光スポットが目白押し。午前中は絶好調のシロギス釣りを楽しんで、午後は観光スポット巡りというメニューで夏休みを過ごしてはいかがだろうか?

タックル&仕掛け。仕掛けはテンビン式と胴付き式の2種類がある

シロギス仕掛けはおおまかに分けると2種類ある。
ひとつは、以前からあるテンビンを介して吹き流しの仕掛けを付けるタイプ。もうひとつは、ここ数年で東京湾ではとくに定着してきた胴付き式だ。
これらの仕掛けの特徴を挙げると、胴付き式はその構造から、キャストしたり頻繁に誘うなどしても絡みづらい。また、アタリが明確に出るのも特徴だ。しかし、ウネリがあって仕掛けが上下に動きやすい日は、付けエサが浮き上がりやすく、タナの取り方次第ではアタリが減るのが難しいところ。
テンビン式は、潮の流れがあるときは海中で仕掛けが横になりやすい。オモリを海底付近にとどめておけば、シロギスの泳層にハリが入りやすく、一荷釣りも多い。ただし、テンビンを介しているので、仕掛けがテンビンに絡みやすいのが欠点だ。
この2種類のうち、どちらのタイプを使えばいいのだろうか? この問いに、「海が凪なら、初心者は胴付き仕掛けをおすすめします」と「鴨下丸」の鴨下芳徳船長はハッキリ答える。一番の理由は、絡みが少ないからだ。
そして、市販の仕掛けを買ってくる場合は、大きすぎず、吸い込みのいいハリを使用したものを準備しておこう。8月前半の時点では好調に釣れているが、食いが渋いときほどハリが影響しやすい。
シロギス釣りで、とくに大事なのがエサ付けだ。エサの付け方が悪いと、海中で不自然に動いてしまい、まったくアタらなくなってしまうこともあるからだ。逆に考えると、エサ付けがしっかりしていると、少々釣り方が悪くてもアタリがあるということだ。
鴨下芳徳船長オススメのエサ付けは、ハリの軸に対して真っすぐにアオイソメを刺して、タラシは2㎝にとどめるのがベストだそうだ。
そして仕掛けを回収したときは、アタリがなくても必ずエサをチェックすること。仕掛けを投入&回収するだけで、アオイソメがズレることがあるからだ。
また、シロギスを1匹釣っても、エサが残っていたら、そのまま使おう。何度もアタったエサは柔らかくなって、吸い込みやすいからだ。

シロギスの基本の釣り方。夏場の釣り方はキャストして探ろう!

夏場のシロギスは、水深が浅い場所に群れて泳ぐ。7月後半の金沢漁港「鴨下丸」の取材では、釣り場は中ノ瀬の水深15〜16mだった。状況によっては水深10m未満のポイントを狙うことも珍しくないのだ。
水深の浅い場所を狙うときは、仕掛けをキャストして手前まで探るのがセオリー。仕掛けをキャストしたほうが広範囲を探ることができるからだ。
ただし、キャストするのに慣れていない人は、軽く前方に仕掛けを投げることから始めよう。または船下狙いでもOKだ。潮が効いていれば船下でも問題なく釣れると話す、鴨下芳徳船長。
仕掛けをキャストしてオモリが着底したら、仕掛けをサビいて手前まで探ってくるのだが、探るときのコツがある。それはオモリを引きずるのではなく、ポ〜ンポ〜ンとジャンプさせるような感じで探ってくること。
また、竿で誘い上げてばかりいると、仕掛けが海底から離れたままの状態になってしまうので注意しよう。
アタリがあったら、竿先をシャープに10〜20㎝上げるようにしてアワせる。吸い込んだハリを口先に引っ張り出すイメージ。大アワセはスッポ抜けるので注意しよう。
周囲でアタっているのに、自分にアタリがないときは、まずエサ付けをチェックしよう。アオイソメがハリの軸に対してまっすぐ刺さっているのが大前提。曲がっていたり、ズレていたら直すか、新しく付け直そう。
次に疑うのがタナ。オモリが海底から浮き上がっている時間が長すぎないか注意すること。必ずオモリで海底を確認しながら誘い探ろう。
そしてアタリがあるのにハリ掛かりしないとき。このときは、エサのタラシが長すぎないか確認。次に前述したアワセ方ができているか疑おう。

以上の記事は「つり丸」2013年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読