沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

夏の風物詩・スルメイカが外房エリアでも好調な乗りを見せ始めている。今回お世話になった、勝浦港「勝丸」では、早朝はフラッシャーサビキでアジ、サバ主体のお土産釣りを楽しませてくれる。


いよいよ夏本番!「勝丸」の欲張りメニューで熱い夏を楽しもう!

ポイントは勝浦沖

なんとトリプルで大サバがヒット!

釣ってみるとなんと! 4匹もかかっていた

うまくいくとハリの数だけサバがくる

こちらはスルメイカ。ダブルヒットだ!

大型スルメイカと大サバ。お土産たっぷりの釣りが楽しめるぞ!

みなさんズッシリとした乗りを楽しんだ

釣れたては沖漬けにしても美味しいね

いろいろ釣れちゃうからハマりそうです

船長に断って釣ったサバをエサに根魚狙いもOK。良型のユメカサゴが出た

刺身でも美味しいけど煮付けにしても美味しいね

メダイは定番ゲストだ

パワーのある電動リールを用意しよう

フラッシャーサビキとプラヅノ18㎝を使う

根魚はテンビン仕掛けで。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「勝丸」。

ひとしきりフラッシャーの釣りを楽しんだら、スルメイカ狙いにシフトチェンジ。
150号のオモリを手にして水深200m前後から上へ上へとシャクってゆくが、サイズがでかく、アタリも明確なのでビギナーでも十分楽しむことができる。当日は活性が高くなるとオモリの着底と同時に次々とアタックして数釣りも楽しめた。
このイカ釣りのときに、船長に断れば釣れたサバをエサにした根魚狙いもOKだ。ユメカサゴやメダイの登場に歓声が飛び交っていた。
「今年はスタートが遅かったのでこれからが本番です」と浜田勝美船長も今年の状況に太鼓判を押す。
釣り人だからこそ味わえる、「沖漬け」や「船上干し」はビールとの相性も抜群だ。いよいよ夏本番、「勝丸」の欲張りメニューで熱い夏を楽しんでいただきたい。
出船は3時半と早いが、沖揚がりもその分早く、うまくいけばお昼過ぎに都内に帰ることも可能。暑い今の時期には特にありがたい。

以上の記事は「つり丸」2013年9月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

使用するFサビキ仕掛けは、外房用の一般的なものでOKだと陽平船長。推奨しているのは、先糸および幹糸が6号(フロロカーボン・以下同)でエダスが4号の8本バリ。枝長13㎝で幹間80㎝の全長7.2m。ハリは丸セイゴ13号にピンクとホワイトのフラッシャーが交互に巻かれているものとなる。


キャスティング&ジギングで狙う! 東京湾奥のシーバス(小峯丸)

キャスティング&ジギングで狙う! 東京湾奥のシーバス(小峯丸)

千葉・寒川港「小峯丸」では、ジギングでの攻略をメインとする一般的なシーバスルアー乗合船とは異なり、キャスティングも行う。しかもその比率はかなり高い。


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読