MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

夏の風物詩・スルメイカが外房エリアでも好調な乗りを見せ始めている。今回お世話になった、勝浦港「勝丸」では、早朝はフラッシャーサビキでアジ、サバ主体のお土産釣りを楽しませてくれる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

いよいよ夏本番!「勝丸」の欲張りメニューで熱い夏を楽しもう!

ポイントは勝浦沖

なんとトリプルで大サバがヒット!

釣ってみるとなんと! 4匹もかかっていた

うまくいくとハリの数だけサバがくる

こちらはスルメイカ。ダブルヒットだ!

大型スルメイカと大サバ。お土産たっぷりの釣りが楽しめるぞ!

みなさんズッシリとした乗りを楽しんだ

釣れたては沖漬けにしても美味しいね

いろいろ釣れちゃうからハマりそうです

船長に断って釣ったサバをエサに根魚狙いもOK。良型のユメカサゴが出た

刺身でも美味しいけど煮付けにしても美味しいね

メダイは定番ゲストだ

パワーのある電動リールを用意しよう

フラッシャーサビキとプラヅノ18㎝を使う

根魚はテンビン仕掛けで。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「勝丸」。

ひとしきりフラッシャーの釣りを楽しんだら、スルメイカ狙いにシフトチェンジ。
150号のオモリを手にして水深200m前後から上へ上へとシャクってゆくが、サイズがでかく、アタリも明確なのでビギナーでも十分楽しむことができる。当日は活性が高くなるとオモリの着底と同時に次々とアタックして数釣りも楽しめた。
このイカ釣りのときに、船長に断れば釣れたサバをエサにした根魚狙いもOKだ。ユメカサゴやメダイの登場に歓声が飛び交っていた。
「今年はスタートが遅かったのでこれからが本番です」と浜田勝美船長も今年の状況に太鼓判を押す。
釣り人だからこそ味わえる、「沖漬け」や「船上干し」はビールとの相性も抜群だ。いよいよ夏本番、「勝丸」の欲張りメニューで熱い夏を楽しんでいただきたい。
出船は3時半と早いが、沖揚がりもその分早く、うまくいけばお昼過ぎに都内に帰ることも可能。暑い今の時期には特にありがたい。

以上の記事は「つり丸」2013年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル