MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣り確変モード突入だ! 飯岡沖の絶品夏ビラメ(幸丸)

爆釣り確変モード突入だ! 飯岡沖の絶品夏ビラメ(幸丸)

外房・飯岡沖のヒラメが、今年も爆釣シーズンを期待させる。飯岡港「幸丸」のヒラメ船では、6月の解禁以来トップがツ抜けすることは珍しくない。取材日現在で一人の最高枚数は16枚と、昨年の最高20数枚をも凌駕しそうな勢いだ。また、そのサイズも期待が大きく、今シーズンの最大はすでに6.8キロが飛び出している。

その期待感を爆発させるアタリとダイナミックな引きは最高だー!

今年も爆釣シーズンになりそうな飯岡沖。ポイントの水深は30m前後

朝から連発! ダブルヒットも珍しくなかった

ヒットしたら最後はタモでしっかり捕獲だ

こちらは肉厚な3㎏超

この日は1㎏前後のサイズが多かった

このサイズなら煮付けが絶品だね

やっぱり釣れたては刺身でしょ!

少し小ぶりだけど問題なし!

子供でも簡単に釣れちゃうくらい爆釣りモードだ

大満足な釣果だよ!

釣りやすいと言われている夏ビラメ

これからさらに活性が高まっていく

ビギナーにもうってつけの釣りだ

アイナメがまじった

良型カサゴもまじる

「幸丸」で用意している仕掛け。孫バリにはトレブルフックを使用している

夏ビラメを早速釣りに行こう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

「幸丸」の宮内望船長によると、飯岡沖には漁礁が18カ所もあり、これに集まる小魚を狙ってヒラメもまた漁礁に集まってくるのだ。取材当日も爆釣劇が展開されたが、数多くある漁礁のうち三カ所しか流していないのだ。
一番近い漁礁は港から約15分。取材日に流した漁礁でも航程約30分と、ポイントが近いことが嬉しい。水深も20mから30m前後と浅く、ヒラメ釣りに挑戦したいビギナーにもまさにうってつけだ。また、例年夏ビラメは8月から9月にピークを迎えるので、ベテラン向けとしても、これからが、数も、型も、自己記録更新にチャレンジすることができる状況に突入する。
食味の面では、夏ビラメは身が痩せていると思われがちだが、取材者が釣ったヒラメはけっこう肉厚であった。氷水で冷やした「洗い」は、むしろ今の暑い時期にぴったりだ。
7隻もの船を所有する「幸丸」だが、予約者の人数に合わせて、多いときには5隻ものヒラメ船を出すこともあるそうだ。
とにもかくにも、これからさらに活性が高まっていく飯岡沖の夏ビラメ。その期待感を爆発させるアタリとダイナミックな引きは最高。
今年の夏も、飯岡沖の絶好調夏ビラメを楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2013年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
最新記事
高性能ブランクスを採用したキャスティングロッドシリーズ「カレントラインキャスティズム」
夏の風物詩、相模湾のシイラゲームが早くも佳境に突入!今期の最新タックル&マストルアーで南国の使者、黒潮の申し子たちと遊ぼう!
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読