MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏の東京湾の風物詩”タチウオジギング”大型まじりだ(こなや)

真夏の東京湾の風物詩”タチウオジギング”大型まじりだ(こなや)

今季の東京湾タチウオゲーム、どうも爆発力に欠ける、というイメージを持つ人も少なくないだろう。これまでのところトップで20本弱、というのが平均的な釣果だが、ときにはとんでもなく苦戦したりもする。トップ50本、60本は当たり前、という好シーズに比較すると寂しさはある。しかし、良型が目立っているのが救いだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ワインド釣法も効果アリ! 東京湾でドラゴン級タチウオを釣ろう!

当日は第二海堡周りがポイントだったが、群れの移動が早く、ポイントもすぐにかわるという

トルクフルな引きで応戦するタチウオ。フォール中にもアタるのでベイトタックルがベスト

群れの移動が早いのでヒットパターンもさまざま。ルアーローテーションしていろいろと試してみよう

一気に抜き上げよう。鋭い歯には要注意。歯で切られるとなかなか血が止まらなくなってしまう

この日最大は122㎝ドラゴン級。数よりサイズを求めるならいまだ

本命タチウオゲット!

歯が鋭いので専用ハサミで!

アベレージサイズがコレ。東京湾内のタチウオは食べておいしい。このサイズでも食べ応えあり

東京湾でドラゴン狩りだ!

これが東京湾のタチウオ!

ツヤがあって綺麗だ

小型のサワラ、サゴシがまじった

絶品魚なので釣ったらすぐクーラーのなかへ

タックルはベイトで

メタルジグは120gがメインウエイト

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

7月下旬、様子伺いとばかりに、長浦港「こなや」に取材をお願いした。「ヒットパターンが毎日どころか、ポイント移動するごとに変わるんです。だから周りの状況もよく観察して、ころころ変わるヒットパターンに細かく対応するのが大切ですね」
と話す、進藤通考船長。
取材日は出だしこそサゴシまじりでバタバタとヒットが続いたが、その後は船長の言葉通り、決まった人が2〜3本ヒットさせたらその後は沈黙。ポイント移動すると異なる人が数本釣って沈黙、という展開に終始した。
結果、トップ18本。最大では122㎝も飛びだし、今期としては平均的な状況。やはり、自身のヒットパターンに加え、他の人がヒットを得ているときはそれを模倣できる人が釣果を伸ばしていた。現在のジグのメインウエイトは120g。例年以上にヘビーなものが中心だ。シーズンは後半戦、準備万端のうえドラゴン狩りをおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2013年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル